ブランドアンバサダー戦略とは何か?コツやなぜ流行っているのかを解説します。

皆さんはブランドアンバサダーって聞いたことありますか?

おそらく聞いたことあると思います。

ですが「具体的にブランドアンバサダーを説明してください。」と言われたらできますか?

なかなか難しいですよね。

なので、今回はブランドアンバサダーに関すること全てを紹介します。

この記事を読み終わる頃には、ブランドアンバサダーについて語れるようになっていますよ。

そもそもブランドアンバサダーって誰?

ブランドアンバサダーは、ブランドの宣伝を目的に提携してくれる人々のことを言います。

ブランドアンバサダーは世間にブランドの良い側面をアピールしたり、フォロワーのブランドへの見方に影響を与えることができます。

例えば、LINEモバイルと聞いたら誰を思い浮かべますか?

出典:LINE

上の画像のように、本田翼さんを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

この例の場合、本田翼さんがブランドアンバサダーとしてLINEモバイルの良い面を紹介しているということです。

一般的に、ブランドアンバサダーはブランドの一員として活動しており、ブランドと同じ価値観や倫理観、立ち振る舞いを共有しています。

そのため、長期間にわたり、一つのブランドの顔になるのが一般的。

人々が持つブランドへのイメージや判断への影響力を考えると、ブランドアンバサダーは大切な資産と言えるでしょう。

なぜブランドアンバサダーが重要?

ブランドアンバサダーによる宣伝は、一般消費者による口コミと同じくらい信憑性を持たせることができます。

なので、口コミを利用してビジネスを促進したいのであれば、ブランドアンバサダーを使った戦略はとても有効でしょう。

というのも、ある調査によると消費者の91%はオンライン上の口コミやお勧めの内容を信じています。

出典:Bright local

ブランドアンバサダー戦略を用いることで、ブランドアンバサダーが「ブランドの良い面」を訴求してくれ、消費者の購買を煽ることができます。

ブランドアンバサダーは、中小企業でも大企業でも取り組むべきインフルエンサーマーケティングの一種なんです。

ブランドアンバサダーを作る目的とは?

皆さんの中には「インフルエンサーを採用するのと何が違うの?インフルエンサーに1回告知してもらえれば良いじゃん」と思う人がいるかもしれません。

確かに「ワンオフ型」のインフルエンサーマーケティングには、リーチ数を急激に伸ばせるなどのメリットがあります。

一方で、ブランドアンバサダーは多くのインフルエンサーマーケティング手法と異なる点があります。

通常、インフルエンサーは短期間だけ提携しますが、ブランドアンバサダーは長期的にブランドを代表する存在になります。

その結果、彼らはブランドについて理解を深めるとともに、関係性を重視するようになる傾向があります。

長期間にわたり、ブランドのプロモーションを担当することで、ブランドアンバサダー=ブランドのイメージと変わるのです。

ブランドアンバサダーを成功させるコツ2つを紹介!

皆さんは「ブランドアンバサダーとは何か」「なぜブランドアンバサダーは重要なのか」については説明できるようになりました。

ですが、「ブランドアンバサダーを成功させる方法」はまだ知らないですよね。

なので、全て今から紹介しますね。

ブランドアンバサダーを作る目的を決めよう

ブランドアンバサダー戦略を始めるにあたり、最も重要なステップの一つは、目標設定です。

何を成し遂げたいのか明確でなければ、いくら努力を注いでも求める結果は得られません。

目標設定は、キャンペーンの進捗状況の把握に必要なKPI(key performance indicators)に照準を合わせることにも役立ちます。

目標を定める際は、それらがSMART(具体的に、測定可能な、達成可能な、現実的な、期限のある)に沿っているものか確認しましょう。

  • Specific
  • Measurable
  • Achievable
  • Realistic
  • Timely

SMARTに沿った目標を設定することで、全体を見て進捗状況を把握することができるため、期限内に達成しやすくなります。

それでは、あなたのブランドアンバサダー戦略の目標は何でしょうか?

以下に、一般的なブランドアンバサダー戦略における目標を示しました。

  • ブランド認知度の向上:ブランドアンバサダー戦略では、アンバサダーを通じて幅広い視聴者と繋がることができます。これにより、ブランドについての認知を広めることができます。
  • ブランドイメージの向上:アンバサダーは視聴者に深く信頼されています。著名なアンバサダーがブランドを宣伝すれば、そのブランドは本物として太鼓判を押されたようなものです。これはそのままブランドイメージ構築に繋がります。また、アンバサダーがブランドについての良い点を言及するだけで、ブランドイメージはさらに強化されます。
  • 売上の向上:ブランドアンバサダー戦略で最も重要な目標の一つは、売上を創出することです。アンバサダーがブランドや製品をお勧めすれば、視聴者はそれを信じて購入するでしょう。
  • 顧客維持:ブランドアンバサダー戦略は、顧客維持において大きな役割を果たします。信頼している人物があるブランドと提携しているのを目にすると、消費者はそのブランドのことも信頼するようになるものです。そして、継続的にブランド会社の商品を購入してくれるようになる可能性があります。

また、アンバサダーが持つ目標についても理解しておく必要があります。

たとえば、アンバサダーの目的が収入を増やすことであれば、ブランドとアフィリエイトベースで提携して協力してもらう事は、win-winになります。

ブランドは、アンバサダーへの報酬の対価を確実に得ることができます。
ブランドアンバサダーは、自分が頑張るだけ収益が増えます。

アンバサダーの目標がブランドの目標と一致すれば、アンバサダーはモチベーションが上がり、一層力を入れて協力するようになる可能性がありますよ。

ブランドアンバサダーの種類を決めよう

皆さんの中には、インフルエンサーの大きさによって、得られる数字が変わることを知っている人もいるかもしれません。

なので今からは、ブランドアンバサダーとして採用できる人の種類を紹介します。

もともとブランドを使ってる人

あなたのブランドにすでに忠実なフォロワーがいるのなら、彼らはアンバサダーの候補になり得ます。

なぜなら彼らはすでにあなたのブランドを愛していて、宣伝のためなら、協力を惜しまないためです。

また、その商品やブランドのことを知り尽くしている場合が多いため、プロモーション方法が上手いのも特徴です。

メガインフルエンサー

メガインフルエンサーとは、「メガ」という言葉が意味するようにSNS上で巨大な影響力を持つ人のことを指します。

具体的には、SNS上のフォロワー数が100万人以上になるとメガインフルエンサーと呼ばれるようになり、彼らは最も芸能人に近い一般人と表現することができます。

メガインフルエンサーは採用コストが高いですが、その分影響力がすごいです。

一番最初に紹介したLINEモバイルの本田翼さんのケースは、このケースに一番近いですね。

もしメガインフルエンサーについて知りたい人は以下の記事を読むと、全てがわかりますよ。

ナノ/マイクロインフルエンサー

ナノ/マイクロインフルエンサーはメガインフルエンサーよりも小さなインフルエンサーです。

ですがその分、特定の分野においては、非常に知名度の高いインフルエンサーである場合が多いですよ。

採用コストもあまり高くなく、費用対効果が高いのが特徴です。

もし、マイクロインフルエンサー、ナノインフルエンサーについて知りたい人は以下の記事がおすすめです。

従業員

従業員はすでに会社のために働いている点で、ブランドアンバサダーにぴったりです。
消費者に一番近いため、信頼も得られやすいです。

ですがインフルエンサーのような大きなフォロワーや宣伝場所がないため、リーチ数が少なくなることも。

また、あくまでも一般人なので、インフルエンサーに比べるとインパクトで見劣りする部分もあります。

ブランドアンバサダーを探す方法を紹介します!

さて、ブランドアンバサダーの重要性はわかったと思います。

そしてブランドアンバサダーを採用したいという人もいますよね。

なので今から「ブランドアンバサダーの探し方」を紹介します。

インスタで探す

ブランドアンバサダーを見つける基本的な方法は、地道に検索することです。

インスタに行き、あなたのブランド名を検索したり、同じようなアイテムを掲載しているインフルエンサーを探すしかありません。

ソーシャルメディアプラットフォームでは業界ごとのハッシュタグで検索をかけることができます。
この検索では、特定のハッシュタグを使用している投稿をリストで閲覧することができます。

特にInstagtamでは、ハッシュタグを使用している投稿の中でも上位のリストを見ることができます。
リスト上位に表示されるような投稿を作成する人は影響力が高く、詳しく確認しておくべき対象です。

彼らのプロフィールから、雰囲気や価値観がブランド会社と合致するかどうか調べるのです。
調査結果次第では、ブランドアンバサダーとしての仕事をオファーしてみましょう。

インフルエンサープラットフォームで探す

インフルエンサープラットフォームで探すのもう一つの作戦として有効です。

正直、インフルエンサーをインスタ上で探し、リストアップし、最適なインフルエンサーを決定するのは至難の技です。
そして何よりもめんどくさいのが正直なところ。

ですが、インフルエンサープラットフォームを使うことで、簡単にインフルエンサーを探し、リストアップし、最適なインフルエンサーを決定することができます。

作業時間が10分の1くらいになると言っても良いでしょう。

ちなみにもし、インフルエンサープラットフォームを探している人はmaroがおすすめですよ。

maroがおすすめ!

実用的で利便性の高いサービスを提供しているmaroは、年額48万円で何人も起用できるため、プロモーションを行う都度、コストを考える必要がないんです!

さらに登録インフルエンサー数が700を超えているため、簡単に最適なインフルエンサーを採用することができますよ!

また、依頼したはずの仕事が滞っていても、メッセージ機能を利用して直接メッセージを送ることができ、良好な関係性の構築が望めます。

さらに、フィルター機能を使えば、maroに数多く登録されているインフルエンサーの中からジャンルごとに検索することができます。あなたが求めている人物像に最も近いインフルエンサーを手軽に探してみましょう!

より詳しい情報は下の画像をクリックしてご参照ください!是非、maroを活用して理想のインフルエンサーと出会いませんか?

ウェブ応募

ブランドアンバサダーを見つけ出すもう一つの方法は、募集をかけることです。

会社のウェブサイトに応募フォームを掲載しておくだけで、興味のある人が申し込んでくることが期待されます。

また、実際に応募をするのは一握りの人だけであることから、候補を絞るのが容易になります。

応募者の中からブランドの目的に合致する人を選出するだけで、提携を開始することができますよ。

ブランドアンバサダーの報酬は?

ブランドアンバサダー戦略を開始するには、わかりやすい報酬体制を考えておく必要があります。

無償で働いてくれるブランドアンバサダーも多くいますが、それでも報酬を与える事はモチベーションを維持するためにも良いことです。

問題は、どのように報酬を与えるかです。以下に、実践可能ないくつかの例を示します。

  • アフィリエイトベースで提携し、総売上の中で彼らが創出した売上の割合に応じて支払いを行う
  • ブランドのために行なった投稿の数に応じて報酬を支払う
  • 感謝の気持ちを示すため、割引や無料で商品を提供する。その結果、ソーシャルメディア上で割引や商品の内容について投稿してくれることもあります。

大抵の場合は「アフィリエイト」か「投稿数に応じた報酬」が取られます。

もしインフルエンサーが商品をたくさん売ることができる自信があるのなら、アフィリエイトを選択するでしょう。

ブランドアンバサダーとうまくコミュニケーションを取ろう

短期的なインフルエンサーマーケティングと異なり、ブランドアンバサダーマーケティングは長期に渡ります。

だからこそ、ブランドアンバサダー戦略におけるブランドアンバサダーとの関係性はとても重要なのです

普段からコミュニケーションを取り合い、関係性を築く必要があります。

そして何より、彼らから好きな時にいつでも連絡を取れるような、オープンな状態にしておかなければなりません。

さらに、ブランドアンバサダーに対して創造の自由を与えるべきです。

また、彼らからフィードバックがあれば受け入れ、彼らの努力を認めることで励まし続けましょう。

コツ

信頼関係を築く事は、ブランドの評判を良くすることにもつながっています。

ブランドアンバサダーの成功例

ここまでは「座学」的なものが中心となっていました。

ここからは実際にあったブランドアンバサダーの戦略を通じて、ブランドアンバサダー戦略の成功のコツを学びましょう!

Beats

世界で最も有名なヘッドフォンブランドBeats by Dreは、最初から有名だったわけではありません。

Beats by Dreはカウンターカルチャーの有名人やソーシャルメディアのインフルエンサーを初期から起用し、「クール」なものを作り続けました。

Beatsはこの方法で「クール」な投稿を作り続け、Beatsはミレニアル世代に一人当たり400ドルの消費を促すことができたのです。

初期には評論家から「高すぎる」と言われていたのにもかかわらず、ヘッドフォンはソーシャルメディアで言及され、有名人が使用し、ミュージックビデオに登場するなど大流行しました。

Beats by Dreは人々の支持を得るだけでは満足しませんでした。

彼らは限定色や特別な色の組み合わせ、色づかいをブランドアンバサダーと協力して創るという革新的なブランドアンバサダー戦略を行いました。

View this post on Instagram

Midnight Shenanigans 🛒 Shot By: @sophiehur

A post shared by Beats by Dre (@beatsbydre) on

これらの限定品はコレクションされるようになり、ヘッドフォンの需要はさらに高まりました。

これらの限定品の一つ一つは、ブランドアンバサダーが持つ大規模のネットワークの中でBeats by Dreの宣伝のために利用され、視聴者との間に共通の関心を生み出しました。

この戦略は10年ほど前のものですが、現代のブランド会社は迅速なプロトタイプ作りや革新を行うことができるます。
なので、均一なサプライチェーンをうまく利用して、より速く安く、同じ戦略を実施することができるでしょう。

ブランドアンバサダーのまとめ

今回は、ブランドアンバサダーの全てを紹介しました。

ブランドアンバサダーはこれからもさらに主流になっていくと言われています。

もし興味がある場合は、maroでやってみるのはいかがでしょうか?

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。