ツイッター広告を有効活用するのに重要な「ターゲティング」

あなたの企業ではツイッター広告を活用し、ビジネスをより効果的に進めていく戦略をされているでしょうか?

現代のネット社会では、ツイッターのようなSNSを活用したマーケティングは必須です。

今回はツイッター広告を活用する際に重要な、「ターゲティング」について詳しく解説していきます。

ツイッター広告を使うとどんなことが出来るのか?

ツイッター広告を活用すると、様々なことを行うことが出来ます。

主には、「フォロワーの獲得」「認知向上」「アプリインストール」「動画再生数の増加サイト誘導」などが挙げられます。ツイッター広告でもこれらの項目に応じた広告の種類を設定し、利用者を集めることで収益源としているのです。

ちなみにツイッターの全世界でのアクティブ利用者は1日1.52億人、日本人の月間アクティブ利用者数は4,500万人にのぼります。ツイッター広告を活用することで、これだけのユーザーに効果的なアプローチをすることが出来るのです。

ツイッターを活用したインフルエンサーマーケティングに関しては、以下の記事で詳しくまとめてますので、是非ご参照ください!

ツイッター広告におけるターゲティングの種類を解説!

ツイッター広告を活用する際に、重要なのが「ターゲティング」です。簡単に言うと、どんなユーザーに優先的に広告を表示するのか?という設定になります。

ターゲティングの方法はいくつかあるので、順に解説していきましょう。

①テイラードオーディエンスターゲティング

テイラードオーディエンスターゲティングとは、既にあなたの企業と繋がりがある人に絞り込んだターゲッティングになります。

顧客のアカウント名、メールアドレスなどのリストをアップロードしたり、あなたの企業のwebサイトにアクセス履歴のあるユーザーに積極的にリーチするターゲッティングです。

②言語ターゲティング

言語ターゲティングとは、特定の言語を話すユーザーのみへのターゲティングを行うことです。

日本では当たり前に日本語の広告が表示されますが、日本に住む「英語を話す人」には、英語の広告が表示させることが出来るようになるのです。

③地域ターゲティング

地域ターゲティングは、特定の国や地域に絞って広告を配信する仕組みです。

日本、アメリカ、のようの国単位だけではなく、日本では「都道府県別」のような区分けをすることも可能です。地域限定の商品内容の場合、ダイレクトにユーザーに届きやすいターゲティングになります。

④性別と年齢ターゲティング

性別と年齢ターゲティングは、具体的な性別と、年齢を分けて広告を表示させるターゲティングです。

女性向けの広告を男性ユーザーに表示させても、コンバージョンしてもらえる可能性は低いです。こういったアンマッチを無くすためのターゲティングになります。

⑤テクノロジーターゲティング

テクノロジーターゲティングとは、「利用している端末及び、付随する環境」で仕訳けたターゲティングのことを言います。

例えば、どんなデバイスを使っているのか?どこの携帯会社の回線なのか?どんなOSを使っているのか?などなど、様々な振り分けをしてターゲティングすることが可能です。

⑥キーワードターゲティング

キーワードターゲティングとは、ツイッターの利用情報を基にターティングする方法です。

どんな内容を検索したのか?どんな内容をツイートしたのか?の情報を基に、特定のキーワードを使っているユーザーに絞った広告表示が可能なのです。

⑦興味関心ターゲティング

興味関心ターゲティングでは、ユーザーの特性の中から「教育」「ビジネス」「健康」「スポーツ」といった25種類の興味関心カテゴリーと350種類のサブカテゴリを選んでターゲティングすることができます。

逆に幅広いユーザーに広告を届けることも出来、使いやすいターゲティングの1つです。

⑧フォロワーターゲティング

フォロワーターゲティングでは、特定のユーザーのフォロワーに似ている集団に向けたターゲティング広告を表示することも可能です。

フォロワーの特性などを理解できれば、コンバージョンにも成約にも繋がりやすくなります。

⑨行動ターゲティング

行動ターゲティングは、ユーザーの購買行動や消費行動に基づいて、特定のユーザーのみに絞って広告表示させるターゲティングです。

ただし、このターゲティングは「アメリカとイギリスのみ」で利用可能なターゲティングで、日本では行うことが出来ません。

ツイッター広告でターゲティングを行う際に知っておくべき3つの分類

前述したように、ツイッター広告を活用すると、多くのユーザーの細分化とターゲティングが可能になります。では、具体的にツイッター内で設定していくにはどうすればいいのでしょうか?

ツイッター広告では、以下の3つの分類で設定を行うようになっています。

・オーディエンス

・オーディエンスの特性

・オーディエンスの条件

それぞれ、具体的に解説していきましょう。

①オーディエンス

1つ目は「オーディエンス」の項目です。

オーディエンスの項目では、「テイラードオーディエンス(ウェブ)」「モバイルオーディエンスターゲティング」「テイラードオーディエンス(リスト)」の3つの項目が設定可能です。

テイラードオーディエンス(ウェブ)では、自社のwebサイトへのアクセス履歴と、アカウントを照合し、アクセス履歴のあるユーザーにターゲッティングする方法です。

モバイルオーディエンスターゲティングでは、特定のデバイスでアクセスしているユーザーのみへのターゲティングが行われ、テイラードオーディエンス(リスト)では、リスト化した特定ユーザーのみへのダイレクトなターゲティングを行うことが出来ます。

②オーディエンスの特性

オーディエンスの特性の項目では、「男性」「女性」「年齢」の設定が可能です。

性別の振り分けでは、「男女」の設定をすることも可能になります。また、年齢の区分では、かなり細分化した設定が可能で、「13~24歳」と「20~29歳」などを重複して設定させることも出来ます。

また、利用しているデバイス、OSの種類でもオーディエンスの振り分けを行う事も可能で、使用している携帯会社などのターゲティングもこの項目で行います。

③オーディエンスの条件

オーディエンスの条件の項目では、ユーザーがどのような事に興味関心を持っているのか?を振り分けることが出来ます。

使っているハッシュタグの内容や、ツイートの内容などから、自動的にターゲティングが行われ、あなたの意図するユーザーのみに広告が配信されるようになります。

映画、音楽、スポーツなど、様々な分類でツイート内容や、検索内容を細分化出来、ユーザーの細かい価値観を分類することに繋がっています。

「おすすめ」というタブをオンにすると、過去7日間のデータを自動解析し、あなたの広告とマッチしているユーザーを選んでターゲティングすることが出来るようになります。設定が難しく感じられた時に使いやすい機能です。

まとめ

ツイッター広告を有効活用するために大切な「ターゲティング」について、詳しくまとめてきました。

ツイッターは、全世界で毎日1.5億人以上が活用するSNSです。上手くあなたのビジネスに組み込むことで、簡単に効果が表れる重要ツールの一つだと言えます。

今回ご紹介したような、ターゲティングの技術をうまく活用して、あなたのビジネスをもっと効率的に進めていかれてはいかがでしょうか?

インフルエンサーマーケティングをするなら、maro!

実用的で利便性の高いサービスを提供しているmaroは、年額48万円で何人も起用できるため、プロモーションを行う都度、コストを考える必要がないんです!

さらに登録インフルエンサー数が700を超えているため、簡単に最適なインフルエンサーを採用することができますよ!

また、依頼したはずの仕事が滞っていても、メッセージ機能を利用して直接メッセージを送ることができ、良好な関係性の構築が望めます。

さらに、フィルター機能を使えば、maroに数多く登録されているインフルエンサーの中からジャンルごとに検索することができます。あなたが求めている人物像に最も近いインフルエンサーを手軽に探してみましょう!

より詳しい情報は下の画像をクリックしてご参照ください!是非、maroを活用して理想のインフルエンサーと出会いませんか?

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。