【解説】webマーケティングにはSNS!そのメリット・デメリットとは?

自社内でどんなwebマーケティングを始めようか検討しているのであれば、SNSを使ってマーケティングを行うのがおすすめです。主にTwitterやLINEを初めとした媒体を利用してマーケティングを行うのが目的であり、SNSマーケティングと呼ばれています

SNSマーケティングには様々なメリットがありますが、デメリットもあるので注意が必要です。ただ、SNSマーケティングはwebマーケティングにおいて有効な戦略の一つであり、新型コロナウイルスが蔓延している状況下でも効率良くユーザーにアピールできるでしょう。

自社に合ったSNSマーケティングを行うことで、効果的なアピールができるのではないでしょうか。それでは、webマーケティング手法の一つであるSNSマーケティングについてご説明しましょう。

SNSを利用したマーケティングとは?

SNSマーケティングはwebマーケティングの一つであり、新型コロナウイルスが流行している中でもユーザーに対して有効的に自社製品を効果的にアピールすることができます。

基本的にSNSマーケティングではTwitterやLINEなどの媒体を利用して自社企業や自社製品のサービス、商品に関する情報発信を行って集客率を上げるのが目的です。元々はテレビCMやラジオ、新聞の広告、チラシなど様々な媒体でユーザーの興味を惹くマーケティングが主流な手法でした。

しかし現在では、インターネットが主流になってきたことでWeb広告によるアピールに移行する企業が増えてきたのです。SNSマーケティングに移行する企業が増えたきたのは、今やSNSを初めとするネット環境が人々になくてはならないものになったことによるニーズの変化が挙げられるでしょう。

聴覚的・視覚的にアピールする広告や個人の興味や、ライフスタイルに関係するSNSマーケティングを行うなど様々な方法があります。SNSマーケティングに移行して戦略的にアピールすることができれば、今までよりもさらなる業績アップに繋がる可能性は十分にあるでしょう

SNSマーケティングのメリット

SNSマーケティングには様々なメリットがあります。今までWeb媒体などで広告を出してこなかった企業にとって、本当にSNSマーケティングで結果が出せるのかは一番気になるところでしょう。

しかし、これからご説明するメリットを読み解くことで、SNSマーケティングの魅力が伝わるのではないでしょうか。それでは、SNSマーケティングのメリットについてご説明していきます。

SNSを利用しているユーザーにアピールできる

最大のメリットは、SNSを利用しているユーザーに自社製品などがアピールできることです。SNSにはTwitterやLINE、インスタグラムなど様々な種類があり、いずれも非常に多くのユーザーが利用しているという共通点があります。

Facebookやインスタグラム、Twitterの登録ユーザーは数千万人を超えているため、各々のユーザーに対して効果的にアピールできるでしょう。特にSNSはスマホでの閲覧率が高く、それだけ多くのユーザーが情報を得ていると言えます。

通勤電車やベッドに横になっている時など、スマホで様々な情報が閲覧できるからこそ、SNSマーケティングはwebマーケティングの手法として最適な方法となっています。

かつて用いられたテレビやラジオ、新聞などよりも圧倒的に素早く情報を届けられる上に、情報の伝達力も非常に高いので、一度発信した情報が拡散されればさらなる効果が得られるでしょう。

これは起死回生の一手になる方法になり得る上に、新型コロナウイルスで講演会や体験会などを開催することができなくなった企業におすすめできる方法でもあります。

広告費が削減できる

ユーザーに宣伝するためには、様々な広告を制作する必要性があります。しかし、テレビやラジオ、新聞など既存の広告を制作して発信するには多くの広告費がかかってしまいます。

しかし、SNSマーケティングなら少しの広告費で情報発信ができるので、広告費を大幅に削減することができます。さらに、企業アカウントに多くのフォロワーを集めることができれば、自社で広告を発信しなくてもユーザーが情報を拡散してくれるので広告費を一切かけずに自社製品がアピールできることもポイントです。

新規顧客を獲得しやすい

初めてSNSマーケティングを始める企業にとって、SNSマーケティングはこれまで接点が無かった顧客に対しても自社製品がアピールできるメリットがあります。

自社製品やサービスによる売上を伸ばすためには新規顧客の獲得が必要不可欠です。潜在顧客や顕在顧客に対して自社製品やサービスをアピールできるのがSNSマーケティングのメリットです。

効果が可視化しやすい

SNSマーケティングを行ったことで、どのくらい効果を発揮できているのか分かりやすく可視化できる点もメリットの一つです。

SNSマーケティングを行う時にどこのSNSから自社サイトにアクセスしているのか分析したり、どの年齢層が多くアクセスしているのか、どの地域からアクセスしているのか分析したりと、簡単に数値化できる上に様々なデータを元にターゲットの変更・集約、サイトの構成や商品改良ができることがポイントです。

SNSマーケティングのデメリット

SNSマーケティングには様々なメリットがありますが、デメリットもあるので注意が必要です。これからSNSマーケティングを導入するにあたって覚えておきたいデメリットなので、どんなデメリットがあるのか確認することが重要です。

それでは、SNSマーケティングのデメリットについてご説明していきましょう。

即効性がない

SNSマーケティングを行うにあたって注意したいのが、即効性がないことです。特に初めてSNSマーケティングを行う場合だとフォロワーが誰もいない状態から始まるため、中長期的に続けていかないと費用対効果が実感しにくいでしょう。

もちろんその間にSNS運用担当者のコストがかかるので、一見すると人件費が無駄になると捉えられかねません。中長期的にコツコツとSNSマーケティングを続けられる根気が必要になるでしょう。

悪い評判が伝わるのが早い

SNSマーケティングは情報の拡散が早い分、悪い評判もあっという間に広がってしまうので注意が必要です。SNSマーケティングの運用には慎重に慎重を重ねる必要性があり、間違った情報を発信することはもちろん、ユーザーから反感を買うような発信をすることもNGです。

時にはユーザーの勘違いから予期せぬ悪評に繋がる恐れもあるので、運営者としては何が悪評に繋がるのか慎重に検討してから情報を発信する必要性があります。

炎上する可能性がある

SNSマーケティングを行うにあたって、炎上対策は何よりも重要です。誰もが知っているような企業が炎上してしまうとニュースで取り上げられる可能性が高く、内容次第ではブランドイメージや信用が地に落ちると思った方が良いでしょう。

何が炎上に繋がるかが分からない以上、徹底的に炎上対策を行うことが大切です。

SNSマーケティングの種類

SNSマーケティングには様々な種類があるので、どれが自社に合っているのか選ぶ必要性があります。種類によって運用の仕方が違うため、どんな特徴があるのか知っておきましょう。

SNSマーケティングの種類としては、以下がよく挙げられます。

  • Twitter
  • LINE
  • YouTube
  • インスタグラム
  • Facebook

主にこれらのSNSを利用してwebマーケティングを行うことになるでしょう。

中でも特に効率良く情報発信ができるのが、TwitterとLINEです。Twitterは2019年7月時点で登録ユーザーが約4,500万人、LINEの登録ユーザーは2019年7月時点で約8,100万人と非常に多いです。

Twitterは短文投稿ができるのが特徴で、短文でいかに自社製品をアピールできるかがポイントになります。また、発信した情報が「いいね」や「リツイート」されることによって、他のユーザーにも共有されるのも特徴です。

LINEはチャットコミュニケーション機能を持つSNSで、非常に幅広い年齢層に自社製品やサービスがアピールできるのが特徴です。

また、下記記事ではSNSマーケティングにかかる費用について解説しておりますので、併せてご覧ください。

SNSマーケティングにかかる費用を解説。外注の活用も有効です。

まとめ

webマーケティングはSNSを利用して情報を発信するのがおすすめです。SNSは非常に多くのユーザーが利用しているため、情報の拡散率が高い上に広告費も大幅に抑えられるなど様々なメリットがあります。

情報の拡散率が高いだけに発信する内容には十分に注意する必要があるので、Webコミュニケーション能力に長けた人材などを登用して運用することが重要です。

Maroとは?

Maroは理想のインフルエンサーとのマッチングを実現するインフルエンサーマーケティングプラットフォームです。

Maroでは、以下のような機能・サービスをご提供しております。

・専任の担当による施策実行のサポート
・理想のインフルエンサー効率よく見つけ出す検索機能
・気になるインフルエンサーに声をかけるスカウト機能
・インフルエンサーと連絡が取れるメッセージ機能
・クリック数などの広告効果が把握できる分析機能  等

より詳細は以下のボタンから資料をダウンロードしていただき、ご確認いただければと思います。また、ご不明点等ございましたらお気軽に「info@maro.mu」までお問い合わせください。

コメントを残す