美容商材の広告を効果的に行うためのポイントと注意点を解説します。

厳しい競争の中で、次々と新しい商品やサービスが開発されている美容業界

競合他社に先んじるためには、効果的な広告戦略を行うことが重要です。

今回は効果的な美容広告を行うためのポイントについて解説します。

効果的な美容広告を行うポイント3つ

女性にとって、美容は常に関心の高いテーマです。さらに最近では、男性も美容に関心を寄せる人が増加しています。

といっても、多くのブランドやメーカーが参入している美容業界では、広告戦略によって差別化を図ることも必要不可欠です。

では、効果的な美容広告を行うためにはどうすればよいのでしょうか。

SNS広告への比重を高める

美容広告には様々な媒体が用いられてきました。

広告と言えば、テレビや雑誌といったマス媒体を思い浮かべるものですが、それ以外にも、ダイレクトメールやリアル店舗でのプロモーション、交通広告、屋外広告、ポスティングなど、様々な種類があります。

また、ネット広告だけでも、バナー広告やアフィリエイト、リスティング、メールマガジンといった方法があり、担当者にとってどの媒体で広告を行うのかという点で頭を悩ませることも多いものです。

さらに、近年で存在感を増しているのがSNSを活用した広告。

SNS広告は、従来のものに比べると低コストで出稿できるだけでなく、ターゲット層にリーチしやすく、ユーザーに受け入れてもらいやすいといった様々なメリットがあります。

また、同じSNS広告でも内容や手法は非常に多彩。そのため、今後はますます重要性がアップしていくと考えられます。

さらにSNS広告は美容分野との親和性も高く、現在、どの媒体が効果的なのかと悩んでいる方には、SNS広告がおすすめです。

ユーザーの要望を正しく理解する

広告を行うとき、もっとも大切なことがユーザーの要望を正しく理解するということです。

広告では、「商品の特徴を伝える」「ブランドメッセージを伝える」といった点が主な柱となりますが、伝えたいことだけを重視していると、ユーザーは「求めているものを理解していない」と感じ、購買に結びつきにくくなります。

そのために必要なのが、消費者の行動の変化を把握すること。これまでの成功体験や固定観念にとらわれることなく、消費者の行動を分析、広告戦略に落とし込むことが求められます。

「嫌われない広告」を目指す

現在の消費者の特徴のひとつが、広告に対して嫌悪感があるということです。

現代は非常に多くの情報が流通している時代。しかし、ユーザーの時間には限りがあります。ただ広告を垂れ流すだけでは、消費者は「時間を無駄にされた」と感じ、結果として広告を行ったために消費者に嫌われるという本末転倒の現象が起きてしまいます。

もし効果の高い広告を行いたいなら、できるだけ広告っぽさを感じさせず、消費者に嫌われないタイプの広告を目指すことが必要です。

効果的なSNS広告の活用方法

現在、多くの美容ブランドが注目しているSNS広告。しかし、まだまだ新しい広告媒体であるため、効果的な手法については、それぞれが模索を続けている状態です。

それではSNS広告で効果を上げるためにはどのような手法が有効なのでしょうか。

拡散してもらえる広告を作る

SNS広告のメリットのひとつが、ユーザーによって広告が拡散されるということです。

広告の拡散は、配信された広告に対して利用者が反応することでそれが他のユーザーに伝わり、それが連鎖することで起きるもの。

プラットフォームによって拡散されるかどうかというポイントは異なりますが、独自性を出すことや、ユーザーの関心を惹きつける広告を行うことで、一般的なマス広告よりも、多くの人に届けることが可能になります。

ある程度のコストをかける

SNS広告はほとんど無料と考えている人が多いもの。実際に広告を行う場合でも、必要最低限のコストで実施することも可能です。

ただし、コストをかけていない広告はいかにも安っぽく、よほどのアイデアがなければ消費者の関心を引くことは難しくなります。

もしSNS広告を実施するためには、ある程度のコストは覚悟しておくこと。これはSNS自体に支払うものだけでなく、事前の分析や専門家のアドバイスに対するものも含まれます。

正しいターゲティングを行う

SNS広告で重要なのが、正しいターゲティング。SNS広告では、ユーザーの属性に関してかなり精度の高いターゲティングを行うことができます。

逆にこの性能を利用せず広告を行っても、期待する効果を得ることはできません。また、プラットフォームによってもユーザーの特徴は異なります。

広告を行う商品特性についても考えて、適切な広告を行うことが必要になります

美容分野の広告を行う場合の注意点

広告は商品やブランドの認知度を高めるための効果が高い手法です。しかし、使い方を間違えると、認知度を高めるどころか、逆に商品やブランドのイメージを低下させてしまうこともあります。

また、SNSやネット広告などの場合、簡単にブロックすることができるため、広告のための費用を投じてもそれがまったくの無駄になってしまうこともあります。

そういった事態に陥らないためにも、美容分野の広告を行うときには、いくつかのポイントに注意が必要です。

時代や社会の意識の変化に注意する

美容分野の広告では、時代や社会に対してどのような意識を持っているのかに常に注意する必要があります。

広告は商品の特徴だけでなく、ブランドのメッセージを伝えるための媒体。そのため、間違ったメッセージを伝えてしまうと、商品だけでなくブランドのイメージも毀損する事態になってしまいます。

たとえば、女性に対して容姿や年齢を揶揄するような表現は決して行うべきではありません。

また、これまでであれば許されたような表現も、SNSなどで批判され、炎上してしまう可能性も。

美容分野で広告やマーケティングを担当する場合、これらの現状に対して配慮することが必要です。

ユーザーが不快に思う広告を行わない

美容の分野は、肌荒れやシミ、ダイエットなど様々なジャンルに及んでいます。

これらの広告を行う場合には、ユーザーに不快感を与えないことが重要です。

特にニキビ、角栓、体臭といったジャンルに関する広告では、文字だけでも不快感を感じることに加えて、ユーザーの注目を集めるために、実際に効果に関する画像を使用することもあります。

こういった広告手法は、効果を伝えるためには効果的なこともありますが、それ以上に不快で気持悪いといった印象を植え付けてしまいます。

そうなると、広告ごとブロックされてしまったり、クレームにつながったりと本来求めているものとは逆の結果になってしまいます。

広告表現を行うときには、ユーザーが不快に感じないかどうかを考えることも必要です。

安易に比較画像を使用しない

美容に関する広告では、商品を使用する前と後での状況を比較する目的での比較画像が登場することがあります。

これは広告表現としては一般的な手法ですが、実はこの比較画像を使用する場合にも注意が必要です。

というのも、同じ比較画像を複数のメーカーが共有していることがあるからです。これは製造を外注している場合に起きることで、その場合製造したメーカーから同じ画像を提供する可能性があります。

そのため、渡された画像をそのまま使用していたら、他のメーカーの広告画像とまったく同じだったという事態が発生します。

また、オリジナルの画像を使用している場合でも、それを別のメーカーが不正に使用し、結果として全体の信用が下落することもあります

それに加えて、比較画像で問題になりがちなのが画像の修正。画像の修正が行われることは少なくありませんが、明らかに限度を逸脱しているケースも珍しくありません。

このように、画像を使用する場合にはトラブルに発展する可能性も高いため、使用の段階で注意するだけでなく、他のブランドやメーカーが使用していないかなど、定期的にチェックする必要があります。

広告表現のルールを守る

美容や化粧品に関する広告表現には、薬機法や業界団体で定められたガイドラインなどのルールがあります。

広告を行う場合には、このルールを厳守する必要がありますまた、ルールの適用範囲は、新聞や雑誌、コマーシャルといった従来の手法だけでなく、SNSなどの広告にも適用されることは覚えておく必要があるでしょう。

このルールには、文言や画像の使用に際してなどの注意点が示されています。広告代理店や広告制作会社が理解しているだろうと安易に考えず、ブランドやメーカー自体がルールに対する正しく理解を行うことも、トラブルを未然に防止するためには重要です。

【初心者向け】美容商材のマーケティングを成功させる方法を徹底解説

まとめ

いかがでしたでしょうか。

競争の激しい美容分野で効果的な広告を行えるかどうかは、売り上げを左右する重要な要素です。

といっても単に広告を行うだけでは効果が上がらないだけでなく、逆にマイナスに働いてしまうことも考えられます。

紹介したポイントをきちんと押さえて、正しい広告戦略を実施しましょう。

Maroとは?

Maroは理想のインフルエンサーとのマッチングを実現するインフルエンサーマーケティングプラットフォームです。

Maroでは、以下のような機能・サービスをご提供しております。

・専任の担当による施策実行のサポート
・理想のインフルエンサー効率よく見つけ出す検索機能
・気になるインフルエンサーに声をかけるスカウト機能
・インフルエンサーと連絡が取れるメッセージ機能
・クリック数などの広告効果が把握できる分析機能  等

より詳細は以下のボタンから資料をダウンロードしていただき、ご確認いただければと思います。また、ご不明点等ございましたらお気軽に「info@maro.mu」までお問い合わせください。

コメントを残す