【初心者向け】美容商材のマーケティングを成功させる方法を徹底解説

顧客のニーズやトレンドを知り、ブランドと製品の認知度を上げるために欠かせないのがマーケティングです。

しかし、「マーケティング」という言葉を聞いたことがあっても、実際にマーケティングがどのようなものか理解し、説明できるという人は少ないのではないでしょうか。

本記事では、マーケティングの定義や考え方、注意したいポイント、美容分野に向いたマーケティング手法などについて解説していきます。

マーケティングとは

ビジネスの現場で、「マーケティング」という言葉を聞いたり、使ったりすることは多いもの。しかし、実際には使われている意味が人によって異なったり、ぼんやりとした意味で使われたりということも少なくありません。

では、そもそもマーケティングとはどのような意味なのでしょうか。

一般的にマーケティングは「消費者が求める製品を知り、情報を伝達すること」や「顧客が製品を求める環境を作ること」という意味で使われます。

一方、「日本マーケティング協会」によれば、マーケティングは「企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動」としています。なお、この「総合的な活動」には「組織の内外に向けて統合・調整されたリサーチ・製品・価格・プロモーション・流通、および顧客・環境関係などに係わる諸活動」などが含まれると定義しています。

つまり、マーケティングとは、「市場調査」や「効果的な広告・宣伝」「ターゲット層の選定や情報の伝達」「消費者への訴求」など、商品の販売に関わるすべての行程をまとめた言葉だということがいえます。まず、マーケティングについて考えるときには、マーケティングとはこれらの複数の意味や活動があると知っておくことが必要でしょう。

美容商材のマーケティングで注意すべき点

このように、「マーケティング」という言葉には、様々な意味が含まれています。それを踏まえた上で、実際のマーケティングを行う際に、注意したいポイントを見ていきましょう。

部分的なマーケティングで満足してしまう

マーケティングはひとつの施策だけを指す言葉ではなく、様々な段階があります。もしマーケティングを行うときには、これらを総合的に実施することが必要です。

経営者の方の中にはマーケティングを魔法の杖のように考え、「マーケティングさえ行っていればいい」と思い込んでいる方もいらっしゃいますが、たとえば「市場調査」「ユーザーのニーズ分析」というのもマーケティングの中の一つの段階に過ぎません。

様々な段階、ステップを踏んでこそ、初めて本当の効果を発揮するのがマーケティング。マーケティングが上手くいかないという場合には、具体的な手法よりも、まず自社のマーケティングの行程を再確認してみましょう。

商品が売れても利益が下がることがある

マーケティングの最終目的を「商品を売ること」に設定すると、大きな間違いを犯してしまう可能性があります。「商品を売るためにマーケティングを行う」ということ自体は間違いではありません。ただし、もっとも重要なのは利益です。

たとえばマーケティングの手法として「自社の美容関連商品に関して、認知度・見込み客を増やすためにキャンペーンを実施しよう」と考える方は多いでしょう。実際に、大規模なキャンペーンを行えば、ブランドの認知度も、売上もアップします。

ただし、それはあくまでも一時的なものにすぎません。キャンペーンを終了したとたんに売り上げが激減、顧客が離れてしまうというのも、よくあることです。

しかし、だからといって永遠にキャンペーンを続けるわけにはいきません。キャンペーンは短期的・期間限定だからこそ効果がある手法。それを続けていても、いずれは顧客離れが起きてしまいます。

結果として、キャンペーンにかかった経費はもちろん、売り上げも減少、キャンペーンをやらないほうが最終的な利益が高かったといった本末転倒の結果になってしまいます。キャンペーンを行う場合は、マーケティング全体から考えて、どのような目的で実施するのかを明確にすることを忘れないようにしましょう。

広告は嫌われることがある

美容分野でのマーケティングを行うとき、まず思いつくのが「広告・宣伝で認知度を高める」という方法です。

確かに、消費者に製品を届けるためには、まずその存在を知ってもらうことが必要。そのために広告・宣伝を行うというのは正解です。

しかし、問題となるのはその手法です。というのも、現代の消費者の意識は以前とは大きく変化しているからです。

変化の大きな理由は、デジタルの普及。多くの情報や購買行動はネットを通じて行われるようになったため、ネット時代に即した手法が必要になります。

では、具体的にはどのような点が以前とは変化しているのでしょうか。一番の変化は「露骨な広告・宣伝は有効どころか嫌われる可能性がある」ということです。

かつては商品名を連呼したり、様々なメディアに商品の露出を高めることが、広告・宣伝にとって有用な時代もありました。しかし、現代では、製品の名前を連呼したり、直接的に「この商品は素晴らしい」「この商品には価値がある」と言うだけでは、消費者を説得することはできません。さらに、スマホの普及によって過剰な情報にさらされている消費者にとって、何度もブランドや商品の名前を聞かされることは苦痛になってしまうもの。

特に美容関連の場合には、商品の名前を覚えてもらう以上にブランドへの信頼も重要になります。

にもかかわらず、よかれと思って行った広告・宣伝によって、かえってブランドや製品の価値を損なってしまう可能性もあるのです。

化粧品のブランディングについて知りたい方は以下の記事を是非ご覧ください。

化粧品ブランドがブランディングを行う際に注意すべきポイントを解説。

美容商材に向いたマーケティング手法

間違った手法によっては、利益を損なってしまいかねないマーケティング。では美容分野の場合、どのようなマーケティング手法が有効なのでしょうか。

リファラルマーケティング

メディアで何度も紹介されたり、商品名を何度も連呼されたりといった宣伝は消費者に悪い印象を与えることがあります。しかし、逆に知り合いから紹介されたり、よい評判を聞いたという場合、製品に関する関心や興味が高くなります。

「知人や友人の紹介」と聞くと、古臭いと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、これはリファラルマーケティングと呼ばれる手法です。

このリファラルマーケティングは、現代の美容分野では効果的な手法として注目されています。  現代は、リアルの知人や友人だけではなく、SNSなどで親しい人や感性が似ている人、憧れている人などを次々と見つけられる時代だからです。

これらの人を「知人や友人」ととらえると、リファラルマーケティングは従来よりもはるかに大規模で行う効果的な施策ということがいえます。

ポータルサイト

ポータルサイトを利用したマーケティングというと、デジタルのマーケティングの中でもひと昔前のものと考えがちです。

しかし、実際にはポータルサイトの持つ役割はますます重要になっています。ポータルサイトの最大のメリットは、多くのデータが入って来るということ。

これらのデータを分析、活用することで、より効果の高いマーケティングに繋げることができます。

SNS

大規模なマーケティングを行う場合、経費も専門知識も必要になります。しかしSNSを活用したマーケティングであれば、誰でも低コストで始めることができるため、中小企業や個人で美容に関わる方にとっては非常に便利。

また、一度情報が拡散すれば、これまでブランドや商品の存在を知らなかったという方にもリーチできるため、一気に認知度を高めることも可能です。

もちろん、SNSマーケティングも無料で行うことはできませんが、ブランドや商品に関する公式アカウントの運用であれば、限りなくコストを削減し、低コストで実施することができます。

インフルエンサーマーケティング

インスタグラムなどのSNSを利用したマーケティングの中でも、特に注目されているのがインフルエンサーを起用する宣伝方法、インフルエンサーマーケティングです。

通常のマーケティングでは、ターゲットをピンポイントに絞って行うことが非常に困難でした。しかし、SNSのフォロワーは、インフルエンサーの投稿内容に興味がある方が集まるので、インフルエンサーマーケティングでは、ターゲット層を絞ってピンポイントにアプローチするのがより容易になります。

また、コスメ商品使用感色合いは、実際に肌で試してみないとなかなか理解できず、魅力を伝えるのが困難でした。

しかし、インフルエンサーを起用したインフルエンサーマーケティング方法の場合、画像動画によってこれらの使用感を伝えることが可能です。特に「ビフォー・アフター」といった形で商品の長所を伝えているインフルエンサーも多いため、より商品の特性を伝えることができるのです。

また、以下の記事では化粧品に強いインフルエンサー5選とそのPR事例についてご紹介しておりますので、併せてご参照ください。

化粧品に強いインフルエンサー5選とそのPR事例を紹介。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「マーケティング」には様々な手法や内容があり、総合的に考えることが必要です。また、現代の消費者の傾向は様々な点で以前と異なっているため、時代に即した手法を用いることが重要です。

中でも特に注目されているのがSNSを利用したマーケティングの手法。SNSマーケティングインフルエンサーを起用した方法などを用いると、高い費用対効果を得ることも可能です。もしこういった手法を実施してみたいが、具体的なやり方が分からないという場合でも、便利なツールなどがあり、そちらを利用するというのもひとつの方法です。我々がご提供しておりますインフルエンサーマーケティングプラットフォーム「Maro」もご検討いただけますと幸いでございます。

Maroとは?

Maroは理想のインフルエンサーとのマッチングを実現するインフルエンサーマーケティングプラットフォームです。

Maroでは、以下のような機能・サービスをご提供しております。

・専任の担当による施策実行のサポート
・理想のインフルエンサー効率よく見つけ出す検索機能
・気になるインフルエンサーに声をかけるスカウト機能
・インフルエンサーと連絡が取れるメッセージ機能
・クリック数などの広告効果が把握できる分析機能  等

より詳細は以下のボタンから資料をダウンロードしていただき、ご確認いただければと思います。また、ご不明点等ございましたらお気軽に「info@maro.mu」までお問い合わせください。

コメントを残す