SNSマーケティング成功の秘訣は「共感を生むこと」。その方法を解説します。

SNSマーケティングにおいて、多くのユーザーに共感させる投稿は非常に重要です。共感を得られる投稿は企業のマーケティング戦略に欠かせないものであり、業績を上げたり知名度を上げたりと様々なメリットがあります。

他にも、感情に訴えかけるようなエモーショナルマーケティングを行うのもSNSマーケティングにおける戦略の一つです。これからSNSマーケティングを行うのであれば、どんなメリットがあるのか、共感される重要性などを知る必要性があります。

それでは、SNSマーケティングのメリットや共感の重要性、エモーショナルマーケティングについてご説明しましょう。

SNSマーケティングについて

そもそもSNSマーケティングとはどんなものなのか分からない人もいるのではないでしょうか。SNSマーケティングについて改めて理解することで、世間でどれだけSNSマーケティングが重要視されているかが、以下の見出しでお分かりになるでしょう。

  1. SNSマーケティングとは
  2. 日本の各SNSの人口

それでは、以上の見出しについて解説しましょう。

SNSマーケティングとは

SNSマーケティングとはLINEやTwitter、Instagram、Facebookなどを初めとする様々なSNSを活用したWebマーケティングの一つです。インターネットが主流になっている現在では、テレビやラジオ、新聞やチラシなどを活用するよりもSNSで活動した方がユーザーのニーズに応えやすくなっています

SNSマーケティングに移行して視覚的・聴覚的に個人の趣味や広告、ライフスタイルに関係するSNSマーケティングを行うことで、今まで以上の業績が上がる可能性があるでしょう。

日本の各SNSの人口

日本で利用されている各SNSの利用状況は、以下の通りです。

SNS利用状況
LINE約8,300万人
Twitter約4,500万人
Instagram約3,300万人
Facebook約2,600万人
TikTok約960万人
Pinterest約530万人
LinkedIn約200万人

日本の各SNSでは数千万人、数百万人と非常に多くのユーザーが利用している状況にあります。つまり、SNSマーケティングを行うことによって、各SNSを利用している数千万人、数百万人のユーザーにアピールすればかなりの効果が期待できるのです。

SNSは驚くべき速さで拡散されるため、SNSマーケティングで自社製品や自社のサービスなどをアピールすることで、効率良くユーザーに情報を知ってもらうことができます

SNSマーケティングの重要性について

SNSマーケティングは非常に重要なメリットがあります。SNSマーケティングを行うことでSNSを利用しているユーザーに効率良くアピールできますし、広告費が削減できる上に新規顧客が獲得しやすくなるなど、様々な重要性を持っています。

  1. SNSを利用しているユーザーにアピールできる
  2. 広告費が削減できる
  3. 新規顧客を獲得しやすい

それでは、以上のメリットについてご説明しましょう。

SNSを利用しているユーザーにアピールできる

SNSを利用しているユーザーは数千万人、数百万人と非常に多いため、自社製品や自社のサービスなどを効率良くアピールできるのが最大のメリットです。日夜スマホでSNSを閲覧しているユーザーが多いため、手の空いた時に様々な情報が得られる利点を活かせば、時間帯に制限されずに様々な情報を発信できるのもポイントです。

かつて行われていたテレビや新聞などよりも圧倒的に早く情報を発信できる上に、情報の拡散力の高さも相まってさらなる宣伝効果が見込めるでしょう。

広告費が削減できる

SNSマーケティングは広告費を削減できる方法としてもおすすめです。様々な広告を作成して発信していく必要性がありますが、テレビやラジオ、新聞などの様々な広告には非常に費用がかかります。

広告費の問題で赤字に追い込まれてしまうこともあるので、いかに広告費が削減できるかどうかが重要です。その点で言えば、SNSマーケティングは少い広告費で情報発信ができるため、大幅な費用対効果が見込めます。

新規顧客を獲得しやすい

SNSマーケティングは、これまで企業と接点が無かった顧客に対しても自社製品をアピールできるメリットがあります。これまで以上に業績を上げるためには、新規開拓を行って新規顧客を獲得する必要性があるでしょう。

そんな中、効率良く新規顧客を獲得するには、潜在顧客や顕在顧客にアピールできるSNSマーケティングがおすすめです。圧倒的な速さで拡散されるSNSマーケティングだからこそ実現できると言えるでしょう。

SNSにおける共感の重要性について

SNSマーケティングを始める上では、ユーザーに共感してもらえる投稿をする必要性があります。SNSを通じてユーザーから共感される投稿をすることによって、同じ価値観を持っている人だと認識してもらえるようになるなど、様々なメリットがあります。

  1. 興味を持ってもらえる
  2. 覚えてもらいやすい
  3. 拡散されやすい

それでは、以上のメリットについてご説明しましょう。

興味を持ってもらえる

ユーザーに共感される投稿をしていると、多くのユーザーに興味を持ってもらえるのがメリットです。多くのユーザーに共感される内容であればあるほど、そのような投稿を行っているのはどんな人なのかなど、多方面に興味を持ってもらえるようになります。

興味を持った人がアピールしているものであれば、どんなものをアピールしているのか、どんな製品なのかと興味が湧いてくるので、SNSマーケティングの効率化に繋がります。

覚えてもらいやすい

共感される投稿を見たユーザーにとって、その情報はどんな情報よりも記憶に残りやすくなります。このような投稿をしているのはどんなアカウント名なのか覚えてもらいやすいので、継続してチェックしてもらえれば閲覧数の増加と共に効率良く自社製品のアピールが可能です。

拡散されやすい

共感される投稿は、多くのユーザーに拡散されやすいのもポイントです。「こんな人が共感できる投稿をしていた」と拡散されれば、「このような人が共感した人はどんな人なんだろう」と興味を持ってくれる人が増えやすくなります。

ここでSNSの高い拡散力が活きてくるので、新規顧客の獲得に繋がりやすくなるでしょう。

共感するSNS投稿の作り方

共感するSNS投稿は自然にできるものではありません。共感できる内容でなければ拡散はされないので、まずは共感するSNS投稿の作り方を知る必要性があります。

共感するSNS投稿の作り方は、何と言ってもユーザーの気持ちを代弁することです。SNSは自分で発言している人ばかりではなく、ほとんど発言しない人もいます。特に「共感するけど自分で発言するのはちょっと……」と思っているユーザーの戸惑いを代弁して発信することで、共感されるようになるでしょう。

  1. どんな人に共感してもらいたいのか明確にする
  2. 拡散したいと思える有益な情報を発信する
  3. ストーリー性がある
  4. フォロワーの立場になって考える

自分本位の発信するのではなく、全てはユーザーのためになるような投稿を心がけることによって、共感できるSNS投稿が作れるようになるでしょう。

エモーショナルマーケティングについて

貴方はエモーショナルマーケティングという言葉を聞いたことがありますか?SNSマーケティングにおいてもう一つ意識したいのが、エモーショナルマーケティングです。

  1. エモーショナルマーケティングとは
  2. エモーショナルマーケティングによる効果

それでは、以上の見出しについて解説しましょう。

エモーショナルマーケティングとは

エモーショナルマーケティングとは、通称「エモい」と呼ばれる行為であり、感情が高ぶった時や共感、称賛する際に使用される言葉です。

ユーザーの感情に働きかけ、他のユーザーとの共感・共有ができるマーケティングを行うのがエモーショナルマーケティングの目的であり、繊細なニーズに的確に応えられるのが最大のポイントです。

エモーショナルマーケティングによる効果

エモーショナルマーケティングによる効果は、様々な表現や心理術を活用して消費者の心に訴えかけ、消費者の欲求を膨らませて購買行動を促すことです。

これまでのSNSマーケティングでは単に商品の良し悪しをアピールしているだけに過ぎませんでした。しかし、エモーショナルマーケティングでは、あえて商品の良し悪しをアピールするのではなく、欲求を膨らませる表現や心理術によって商品の購入やサービスの利用を促すのが狙いです。

エモーショナルマーケティングの事例5選と解説

これまでエモーショナルマーケティングを成功させてきた事例は多くあります。

それでは、エモーショナルマーケティングを成功させてきた事例5選を解説します。

1.西友

大手スーパーマーケットの西友では、キャッチコピーを利用したエモーショナルマーケティングによって成功しています。西友が発信したキャッチコピーは「安いクセして。

これは安い商品を提供する他の店舗に対して別のインパクトで勝負するために発案されたキャッチコピーで、安いのに高品質、安定した低価格という印象をユーザーに与えました。

2.シャープ

電化製品を初めとする様々な製品を販売しているシャープは、Twitter上で大企業が運用しているとは思えない投稿によって消費者との距離感を最大限に縮め共感できるような投稿を行っています。

たとえば、自社製品なのに「製品紹介を何度読んでも意味が分からない」と自虐交じりに投稿することでユーザーからの共感を得たり、自社製品ではなく他社製品を紹介したりしているのがポイントです。

このことから、Twitterのユーザーからは「シャープさん」という呼称で親しまれています。

3.P&G always

P&Gの生理用品ブランドであるalwaysは2014年6月に#LikeAGirlと名付けたキャンペーンを2015年2月まで開催していました。LikeAGirlとは「女の子みたい」という、一見するとマイナスなイメージに捉えられてしまうようなフレーズですが、alwaysはこのフレーズをポジティブに捉えて動画を発信しています。

女の子みたいというのは、逆に若い女の子たちに自信や勇気を与えることになりますし、女の子みたいで何が問題なのか、というメッセージ性が込められています。

4.Patagonia

Patagoniaはアウトドア用アパレルブランドであり、ブランドの強化のために環境保護に強い関心を持つ顧客に向けて30分の映画「THE FISHERMAN’S SON」を作成し、公開しました。

Patagoniaはファンと同じ世界観を持っていることを強く強調しており、公開された映画にPatagoniaの商品は一切宣伝されていません。Patagoniaはこの映画をスポンサーとして支援することで、ファンと同じ世界観を持っていることをアピールしました。

これにより、多くのファンからPatagoniaに対して賞賛や共感の声が寄せられています。

5.ペヤング焼きそば

商品によるエモーショナルマーケティングの中で最も有名なのは、ペヤング焼きそばです。これはたびたび激辛シリーズを発売しているのはもちろん、チョコレート焼きそばやアップル味の焼きそばなどユーザーの興味を惹く独特な焼きそばを販売しているのがポイントです。

こうした商品によるインパクトはユーザーの興味を惹く可能性が高いでしょう。

まとめ

SNSマーケティングには様々なメリットがありますが、費用対効果を求めるならいかに共感される投稿ができるかがポイントになります。中でも様々な方法でユーザーの欲求を刺激するエモーショナルマーケティングは、商品の良し悪しを紹介する方法とは違ったアプローチになるでしょう。

SNSマーケティングを始める時は、常にユーザーの気持ちになって情報を発信することが重要です。

Maroとは?

Maroは理想のインフルエンサーとのマッチングを実現するインフルエンサーマーケティングプラットフォームです。

Maroでは、以下のような機能・サービスをご提供しております。

・専任の担当による施策実行のサポート
・理想のインフルエンサー効率よく見つけ出す検索機能
・気になるインフルエンサーに声をかけるスカウト機能
・インフルエンサーと連絡が取れるメッセージ機能
・クリック数などの広告効果が把握できる分析機能  等

より詳細は以下のボタンから資料をダウンロードしていただき、ご確認いただければと思います。また、ご不明点等ございましたらお気軽に「info@maro.mu」までお問い合わせください。

コメントを残す