【今後の展望は?】これからのSNSマーケティング手法と活用事例について

集客や顧客とのコミュニケーションはマーケティング上の大きな課題です。担当者として悩みを持っている方も多いかもしれません。

そんな場合に便利なのがSNSマーケティング。SNSマーケティングは、様々な課題を解決する画期的な手法です。

今回はSNSマーケティングの基本や、SNSマーケティングの今後の展望、具体的な活用事例などについてご紹介します。

SNSマーケティングとは

最近は「SNSマーケティング」という言葉を耳にすることが多くなりました。しかし、「SNSマーケティング」という言葉は知っていても、具体的なメリットが分からないという方も多いはず。

ではそもそもSNSマーケティングにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ユーザーとのコミュニケーションが容易

SNSマーケティングの大きなメリットは、ユーザーとのコミュニケーションが容易になるという点です。

これまで、メーカーやブランドがユーザーとコミュニケーションを取るのは簡単ではありませんでした。また、一見コミュニケーションが取れていると思っていても、実際は正しい意見を吸い上げられない、偏った見方になってしまうというケースも少なくありませんでした。

しかしSNSを活用することで、多くのユーザーと簡単にコミュニケーションを取ることができます。

その結果、ユーザーはメーカーやブランド、企業に対して強い愛着や親近感を持つことになり、単なる消費者としてだけでなく、「ファン」として商品に接する機会が増えることにつながります。

もちろん、企業にとっては耳が痛い話や、あまり納得できないといった意見が寄せられることもありますが、それも今後の商品開発や販売戦略にとって非常に有効な意見であることは言うまでもありません。

海外ユーザーへのアプローチが可能

SNSを利用しているのは日本人だけではありません。全体で見れば、むしろ海外のユーザーの方が多数派。

たとえばInstagramの場合、国内のユーザーが約3000万人台であるのに対して、海外も含めたユーザーは10億人を超えるとも言われています。

これだけ大きなユーザー層にアプローチできるというのはSNSならではの魅力です。

特に日本製品の品質やユニークさに対しては海外ユーザーは非常に大きな興味を持っているのが現代の特徴。さらにECサイトや翻訳サイトなどを利用すれば、購入へのハードルは以前と比べると非常に低くなります。

国内だけでなく、さらに大きなマーケットにチャレンジできる可能性もSNSマーケティングの大きなメリットです。

広告効果の分析が簡単

SNSは広告プラットフォームとしても機能します。従来の広告では、ユーザーが広告に対してどのように反応するのかを分析するのは非常に困難で高い専門知識が必要でしたが、SNS広告の場合は、それが非常に簡単です。

また、従来型の広告だけでなく、口コミやインフルエンサーを活用した広告手法などもあり、広告に反応しにくかった層や、広告に対して嫌悪感を持っているユーザーも取り込むことが可能です。

さらに、広告を出稿する場合の費用も、マスメディア型の広告と比べると安価に行えるため、規模の小さな企業でも気軽に広告出稿を行うことができます。

SNSマーケティングの今後について

これまで、右肩上がりで成長を続けてきたSNSマーケティングの市場。2020年の段階では、5500億円を超える規模に到達しています。

では、このSNSマーケティングの拡大は今後はどのように推移するのでしょうか。

ポイントとなるのは、各企業の動向。新型コロナウイルスの感染拡大により、企業のマーケティングに対する投資は減少。しかしその状況がオンラインショッピングの拡大につながっています。

さらに、今後その状況は拡大するものと見られていて、2025年のSNSマーケティング市場は1兆円を超え、2020年に比べると約二倍に成長すると予測されています。

また、特に拡大が見込まれているのが、SNS広告の分野。さらに、インフルエンサーを活用したインフルエンサーマーケティングの規模も2025年には700億円を突破する規模に成長すると見込まれています。

SNSマーケティングの主なプラットフォーム

SNSを活用したSNSマーケティングで重要なのがプラットフォームの選択です。

では、SNSのプラットフォームにはそれぞれどのような特徴があるのでしょうか。

Facebook

Facebookは比較的ユーザーの年齢層が高く、新規ユーザーの増加も鈍化していると考えられているSNSです。

しかし、それは日本国内だけの話で、海外に目を向けると、FacebookはまだまだSNSの中心的な存在です。

また、実名での登録や、学歴、職業といった情報からユーザー特性を分析することが容易なため、今後SNSマーケティングを始めたいという方は、ぜひ押さえておくべきプラットフォームのひとつということができます。

Instagram

インスタグラムは若年層に人気があるSNSプラットフォーム。

画像と動画が中心となるため、閲覧に際してユーザーへの負担が少なく、企業側にとってもカタログ的な役割を果たすため、SNSマーケティングでは非常に使いやすいプラットフォームです。

さらに、インフルエンサーマーケティングもInstagramでの発信が中心になるため、SNSマーケティングでは欠かせない存在です。

Twitter

Twitterは情報拡散に優れたSNSです。短文投稿型なので、気軽に始めることができるというメリットもあります。

若年層の利用率も高いことから、まずSNSマーケティングを始めたいという方や、低予算で運用したい方、競合他社がどのようにSNSマーケティングを行っているか知りたいという方にも参考になります。

YouTube

YouTubeは厳密にはSNSとはいえないプラットフォームですが、SNSマーケティングのツールとして扱われます。

YouTubeの特徴は動画と広告。YouTubeで情報発信を行うことでユーザーの興味を喚起し、そこから別のSNSに繋げる役割としても期待されています。

Instagramに比べると長尺の動画を配信できるため、商品情報はもちろん、ブランドイメージを伝えるツールとしても役立ちます。

SNSマーケティングの活用事例

それでは、ここからは具体的なSNSマーケティングの活用事例を見ていきましょう。

ドミノピザ

ドミノピザは様々なSNSプラットフォームを活用してSNSマーケティングを成功に導いている代表的な企業です。

その特徴は、それぞれのプラットフォームに合わせた最適の情報を提供し、キャンペーンを行うこと。

たとえば、Instagramではピザの画像、Twitterではユーザーが拡散したくなるテキストといった形での投稿を行うことで、SNSマーケティングの効果を相乗的に高めることに成功しています。

SHARP

SHARPはTwitterで人気を集めているアカウントです。

このアカウントの特徴は、企業公式でありながら非常にフレンドリーで、ユーザーに親近感を抱かせる点。ユーモアのある投稿を行うことで、「固い会社」というイメージから脱却し、多くのフォロワーを集めています。

また、積極的に他社製品を紹介するといったユーザー第一の姿勢も高い評価を受けています。

SNSマーケティングのやり方について

様々なメリットがあるSNSマーケティング。では、実際にSNSマーケティングを行う場合、具体的にはどうすればよいのでしょうか。

SNSマーケティングでまず必要なのが、公式アカウントの設置。公式アカウントはSNSマーケティングの中心となるもの。

ホームページがあるからそれでいいのでは?と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、現代のユーザーは検索エンジンを利用して検索するのではなく、SNSでの検索が中心。

そのため、ホームページよりも公式アカウントを設置するほうが効率的に情報を拡散することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

様々なメリットや活用方法があることから、今後、ますます成長が期待されるSNSマーケティング。

とはいえ、どうしていいのかわからない、すでにSNSマーケティングを始めているが効果が実感できないということも多いもの。

その場合には、専門のツールを活用する、SNSマーケティングの専門家に相談するという方法もおすすめです。

Maroとは?

Maroは理想のインフルエンサーとのマッチングを実現するインフルエンサーマーケティングプラットフォームです。

Maroでは、以下のような機能・サービスをご提供しております。

・専任の担当による施策実行のサポート
・理想のインフルエンサー効率よく見つけ出す検索機能
・気になるインフルエンサーに声をかけるスカウト機能
・インフルエンサーと連絡が取れるメッセージ機能
・クリック数などの広告効果が把握できる分析機能  等

より詳細は以下のボタンから資料をダウンロードしていただき、ご確認いただければと思います。また、ご不明点等ございましたらお気軽に「info@maro.mu」までお問い合わせください。

コメントを残す