SNSマーケティングにはどんな課題がある?課題を解決する方法を解説します。

SNSマーケティングを成功させるためには、様々な課題をクリアする必要性があります。昨今はSNSを活用したSNSマーケティングを行う企業が増えているとはいえ、全ての企業が効果を実感しているわけではありません。

SNSマーケティングを成功させる企業もあれば、導入しても大した効果が実感できない企業も存在しています。せっかく効果が見込めると思って導入したのにあまり成果が上げられなかった場合は、失敗したも同然でしょう。

SNSマーケティングに失敗してしまう理由は多くあります。なぜ失敗してしまったのか、どんな課題があるのかを念頭に入れて対処することが大切です。

それでは、SNSマーケティングに失敗してしまった理由や、課題と解決する方法についてご説明しましょう。

SNSマーケティングに失敗してしまう理由

SNSマーケティングを導入すればすぐに成功するわけではありません。SNSマーケティングで思うような成果が出せていないのは、様々な理由が考えられます。原因を突き止めれば対処する方法はあるので、どんな理由があるのか今一度見返してみるのがおすすめです。

それでは、SNSマーケティングに失敗してしまう理由についてご説明しましょう。

目的や目標がハッキリしていない

SNSマーケティングに失敗してしまった時、どんな目的でSNSマーケティングを導入しようか目的や目標を決めていましたか?SNSマーケティングは確かに新型コロナウイルスの影響下にあったとしても、SNSを活用することで効率良く成果を出すことができます。

ですが、それは目的や目標がハッキリと定まっていたからです。どのくらいの効果が出るまで続けるのか、ブランディングのためなのか、売上増加のために行うのかなど、様々な目的や目標があって初めて、効果的にSNSマーケティングを行うにはどうすればいいのか考えられるでしょう。

しかし、「流行っているから」「競合他社がやっているから」「なんとなく簡単そうに感じたから」などというような漠然とした動機で始めても、SNSマーケティングは成功しません。

SNSマーケティングは目的や目標によって運用方法がまるで違うので、曖昧な気持ちでは成功するものも成功しないでしょう。SNSマーケティングを始める時は、必ずどのような目的や目標を立てて運用するのかを決めてから計画を立てるのがおすすめです。

SNSの特徴を理解していない

一言でSNSマーケティングといっても、利用するSNSによって様々な違いがあることを知っていますか?TwitterやLINE、インスタグラム、YouTubeなど様々なSNSがありますが、それらの特徴や機能を理解しないままSNSマーケティングを始めても失敗する可能性が高いです。

それぞれのSNSには様々な特徴や機能があり、運用方法もまるで違います。独自の特徴や機能、利用している人の特徴、世界観などもしっかり理解していないと、ユーザーに嫌われてしまうでしょう。

それぞれのSNSにそぐわない投稿をしても訴求力はほぼ働きませんし、ユーザーの意向を無視しているばかりか、良くない印象を持たれてしまう恐れがあります。SNSマーケティングを始めるなら、自社に合ったSNSツールを選ぶことが大切です。

ターゲットを理解していない

SNSマーケティングを始めるなら、どのターゲットを対象にして商品やサービスをアピールしていくのかを決める必要性があります。SNSマーケティングは対象となるターゲットが決まっているからこそ効果が発揮されるのであって、ターゲットが曖昧な状態でひたすら商品やサービスをアピールしても、誰にも何も刺さらないコンテンツを発信することになってしまいます。

学生向けなのか主婦向けなのか、高齢者や若者などアピールしたい商品やサービスなのかによってターゲット層がまるで違うので注意しなければなりません。特に気を付けなければならないのは、ターゲット層が決まっていないと発信するSNSも選べないということです。

それぞれのSNSは利用しているターゲット層がまるで違うので、ターゲット層を決めないまま不適当なSNSで発信しても全く成果に繋がらない可能性が高いでしょう。SNSマーケティングを行う時は、ターゲット層を決めてから始めることが大切です。

炎上対策をしていない

どのような優良企業であっても、何か一つ間違えれば瞬く間に炎上してしまいます。SNSマーケティングを続ける限り、炎上する可能性は常についてまわるでしょう。いかに炎上しないかどうかが重要になりますが、企業の予想外のところで炎上する可能性があります。

基本的に炎上するといえば迷惑行為や不謹慎な発言、不祥事の発覚、非常識な行動など様々な理由がありますが、ひとたび炎上すればネガティブなイメージが強く残ってしまいます。

対応に追われてしまいますし、その対応も間違えてしまうとまさに火に油を注ぐことになってしまうので、ますますマイナスイメージがついてしまうでしょう。そうならないためにも、炎上対策を怠らないようにしましょう。

SNSマーケティングの課題と解決するポイント

SNSマーケティングにおける課題は多くあります。たとえば炎上しないようにするため、炎上したとしても対応できるようにすること、目的や目標を決めること、ターゲットを定めることなど様々です。それぞれの課題には必ず解決するポイントがあるので、無事に解決できるように対策する必要があります。

それでは、SNSマーケティングの課題と解決するポイントについてご説明しましょう。

炎上対策をする

炎上対策はSNSマーケティングを続ける上で必ずやっておかなければなりません。常に炎上する可能性がある以上、何が炎上するか分からないので常日頃から炎上対策を行うのが大きな課題となります。

炎上対策のポイントは、確証性がない情報を発信しないこと、誰かが不快になるようなコンテンツを発信しないこと、政治や宗教、社会問題に関わる情報を発信しないことです。

特に噂でしかない情報や根拠のないデータを発信してしまうと炎上に繋がってしまいます。コンテンツを発信する時は真偽を明らかにさせて、誰かが不快に思う内容ではないか確認して本当に発信しても大丈夫な内容かどうかを判断してから発信しましょう。

どのSNSで発信するか決める

SNSマーケティングを行う上で、どのSNSで発信するかを決める必要があります。LINEやTwitter、インスタグラム、YouTube、Facebookなど様々なSNSがありますが、それぞれのSNSで特徴や機能が大きく違います。

それぞれの特徴や機能を理解しないままコンテンツを発信しても成功する可能性は低いでしょう。したがって、どのSNSでコンテンツを発信するのか、自社が扱うコンテンツに合ったSNSを探すのが課題になります。

まずは各SNSの特徴を調査し、どんな機能があるのかを調べ、そこに投稿している人の年齢層を調べることが重要です。その調査結果から、自社が発信するコンテンツがターゲット層に刺さるSNSを選びましょう。

リソースを確保する

SNSマーケティングを行うにあたって、リソースの確保は絶対に必要です。コンテンツの作成から投稿、検証、改善、管理、スケジューリングなど、SNSマーケティングに必要な行程は数多くあります。

特にSNSマーケティングは実際に効果が実感できるようになるまで時間がかかるため、それまでにターゲット層に刺さるコンテンツを作成・投稿し、そのコンテンツがどのくらいの効果があったのか検証し、改善して管理するなど、多くの作業を限られたスケジュールの中で行わなければなりません。

こうしてリソースを全開で注ぎ込むことで成果に繋がりますが、SNSマーケティングのリソースを確保するのが一番の課題です。一人だけでもSNSマーケティングはできますが、最大限に効果を発揮するためには運用体制を構築する必要性があります。

十分なリソースを確保するためにも、一人で全ての行程を負担するのではなく、人的リソースを確保して役割分担をするのがおすすめです。役割分担をした方が一つ一つに行程に集中できるので、それだけミスがなくなります。

まとめ

SNSマーケティングを行う上で様々な課題があること、それを解決するポイントを押さえることが大切です。やみくもにSNSマーケティングを始めても何も対策を行っていないようであれば、成功するものも成功しないでしょう。

SNSマーケティングはきちんと課題を見据えた上で解決するようにすれば、SNSマーケティングは成功します。自社が発信するコンテンツに合ったSNSを選び、十分なリソースを確保して臨みましょう。

Maroとは?

Maroは理想のインフルエンサーとのマッチングを実現するインフルエンサーマーケティングプラットフォームです。

Maroでは、以下のような機能・サービスをご提供しております。

・専任の担当による施策実行のサポート
・理想のインフルエンサー効率よく見つけ出す検索機能
・気になるインフルエンサーに声をかけるスカウト機能
・インフルエンサーと連絡が取れるメッセージ機能
・クリック数などの広告効果が把握できる分析機能  等

より詳細は以下のボタンから資料をダウンロードしていただき、ご確認いただければと思います。また、ご不明点等ございましたらお気軽に「info@maro.mu」までお問い合わせください。

コメントを残す