【依頼方法】読書好きなインフルエンサーと仕事するには?

数は少ないものの、インフルエンサー業界において確かな存在感を示している文学系YouTuber。

その活動内容は「本」というジャンルから飛び出し、様々な文学にまつわるコンテンツを配信し、多くの視聴者を魅了しています。

本記事では、読書好きな文学系YouTuberを読書系YouTuberと名付け、彼らへの仕事の依頼方法について解説していきます!

読書系インフルエンサーについて

読書が好きな文学系インフルエンサーは、文学にまつわるコンテンツを発信するインフルエンサーであり、YouTube、TikTok、Twitter、Instagramといった様々なプラットフォームで活躍しています。

彼らのコンテンツの主な内容は、本の紹介・レビュー、ブックスタンドなどの本の関連商品の紹介、読書ルーティン、読書する様子の生配信、電子書籍の紹介などなど、多岐に渡ります。

この中でも特に多いのは、本の紹介・レビューであり、TwitterとInstagram上では従来のようなキャプション(文字)を使った説明であり、YouTubeやTikTokでは動画でインフルエンサーが話して説明しています。

こうした動画プラットフォーム上ではインフルエンサーが声に出してくれるので、文字を読む手間が減ることから、たくさんの人気コンテンツが生まれています。

【YouTube】

【TikTok】

このような本の紹介・レビューを行うインフルエンサーにもそれぞれが得意とする分野があり、自己啓発やSF小説といった、本のジャンルごとにインフルエンサーが存在している場合があります。

また、イケメンボイス、毎日更新、アニメーションの駆使なども各文学系インフルエンサーが持つ特徴であり、数多くある本の紹介・レビュー動画から自身のコンテンツを差別化することが図られています。

海外のインフルエンサーには、本を読むのではなく、様々な用途で使用している者もいます。

James Trevinoはドミノ倒しで利用したり、本を積み立ててイルミネーションをつけることでクリスマスツリーに見立てたりなど、奇抜な方法で多くの人からの関心を集めています。

以上のように、読書系インフルエンサーにも多種多様なコンテンツを配信する人がおり、インフルエンサーマーケティングにおいても幅広いプロモーションを行うことができるといえます。

読書系インフルエンサーへの仕事の依頼方法

①直接問い合わせる

読書好きなインフルエンサーの多くは事務所に所属するのではなく、フリーで活動しています。そのため、彼らに仕事を依頼する場合は、直接問い合わせることが必然的に多くなるでしょう。
(彼らの事務所に関する詳細は別の記事でまとめています。併せてご参照ください!)

【YouTubeの場合】
依頼を検討しているインフルエンサーがYouTuberである場合、YouTube上にはプロフィール欄の概要に連絡先が書いてある場合があります。「詳細」の「ビジネス関係の問い合わせ」からメールアドレスの表示を行うことで、ここから仕事の依頼の直接的な連絡が可能です。

【Instagramの場合】
DM機能を活用することも直接問い合わせる手段の1つです。これはInstagramに限らず、Twitter、TikTokにも同じことがいえますが、企業名や業務内容、何のプロモーションで、どんなことをして欲しいかなどを具体的に提示することが重要です。怪しいメッセージだと思われないよう、できるだけ細かく説明しましょう。

【ホームページがある場合】
インフルエンサーによっては、自身のホームページを設立していることがあります。その場合は、ページ内の問い合わせ欄から仕事の依頼をすることも可能です。

いずれにせよ、直接問い合わせる際は事務所の介入がないため、かなり自由度の高い仕事の取引ができます。しかし、仕事の段取りなどは全て自身で決めなければならなく、この点はデメリットいえるでしょう。

②インフルエンサーマーケティングツールを使用する

インフルエンサーマーケティングツールの使用も読書系インフルエンサーに仕事を依頼する1つの方法です。

読書系インフルエンサーの募集、業務委託、仕事のやり取り、仕事がどれほど良く行われたかの評価など、キャンペーンに必要なほとんどの手順はツール内で完結させることができます

①の直接的な連絡をするということは、その前にインフルエンサーを探して見つけるという手順を踏んでいるということになります。しかし、ツールを活用すれば多くのインフルエンサーの中からフィルター機能やジャンルごとの検索機能を使用して探すことができるため、時間や労力の節約になります。

一方、ツールの活用には費用がかかります。例としてインフルエンサーマーケティングツール「maro」は、年額48万円のサブスクリプション方式です。

ただし、上記の機能が搭載されているほか、プロモーションの都度に追加の料金を支払う必要がなく、サブスクリプションの期間内は何度もプロモーションを行うことができるというmaro固有の特徴があります。

このように、ツールごとにも費用やその仕組みが異なるため、自身のプロモーションに見合ったツールを選択することが大切です。

↓↓maroについての詳しい説明は以下のサイトにあります。参考にしてみてください↓↓

無料で資料ダウンロード!

読書系インフルエンサーへの仕事の依頼方法のまとめ

本記事では、読書好きなインフルエンサーに仕事を依頼する方法について2つの手段を解説しました。

彼らはフリーで活動するため、従来のインフルエンサーへの依頼方法とは異なったアプローチが必要となります。

直接問い合わせるかインフルエンサーマーケティングツールを活用するかは、それぞれのメリット・デメリットを参考にした上で、自身の予算や思い描いているマーケティング像と照らし合わせて決めることが大切です。

コメントを残す

ABOUT US

futatanno
futatanno
慶応義塾大学経済学部第3学年在学中。大学2年時よりインフルエンサーマーケティング事業を行う会社で経験を積んだ後、2020年9月より株式会社Seekleに学生インターンとして参加。「maro」を日本一のインフルエンサーマーケティングツールにすべく、主にメディア運用を担当。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。