【結論1つ】バーチャルインフルエンサーへの仕事の依頼方法を徹底解説!

皆さんはバーチャル(VR)で作られたインフルエンサーがいることを知っていますか?

実はバーチャルインフルエンサーと呼ばれる「実際に存在しないインフルエンサー」は存在します!

そんなバーチャルインフルエンサーはゲーム業界やファッション業界でよく見かけられますが、どのようにバーチャルインフルエンサーに仕事を依頼するのでしょうか?

今回は、バーチャルインフルエンサーに仕事を依頼する方法を紹介します!

バーチャルインフルエンサーとは?

バーチャルインフルエンサーは、またの名をCGI(Common Gateway Interface)インフルエンサーとも呼ばれる、人間のリアルな特性、機能、および個性を備えた、コンピューターで作られた架空の「人物」です。

日々多くのバーチャルインフルエンサーがインスタグラムなどのSNSに登場し、彼らはインフルエンサーマーケティング業界で無視できない存在になっています。

バーチャルインフルエンサーの仕組みとして、その裏方には企業や個人などのクリエーターがいます

SNS上に作成した仮想人間を世界的に認められるインフルエンサーになるよう、成長させていくことがクリエーターの仕事です。外観、洋服、性格、どの企業とコラボするかなど、全てをクリエーターが細かく設定します。

上のLil Miquelaはインスタグラムに288万人以上のフォロワーを持つメガインフルエンサーであり、この投稿では彼女の誕生日を友人たちが笑顔で祝福する様子が映し出されています。

このようにバーチャルインフルエンサーはアニメのキャラクターなどとは違い、より人間的な部分が多く、その親近感からも多くの企業がPRで彼らを活用しています。

バーチャルインフルエンサーに仕事を依頼する方法

さて、ここからが重要ですね。
ここからはバーチャルインフルエンサーに仕事を依頼する方法を紹介します。

具体的には以下の方法で、バーチャルインフルエンサーに仕事を依頼することが可能です。

事務所を通じて依頼する

バーチャルインフルエンサーの多くは、事務所やインフルエンサーマーケティングプラットフォームに登録しています。

特に事務所に関して言えば、ほとんどのバーチャルインフルエンサーは所属していると言っても過言ではないでしょう。

それもそのはずで、バーチャルインフルエンサーは個人が作れるような簡単なものではないからです。

優秀なクリエイターが何人もいて、インフルエンサーマーケティングができる人がいて、ようやくバーチャルインフルエンサーとして認知されるのです。

なので、多くの人材が割かれている、すなわち事務所のような規模ではないと実現できないと言うことです。

例えば、日本発のバーチャルインフルエンサーで最も有名なImmaさんを見てみましょう。

プロフィールの一番最初の部分に「management:@awwtokyo」と書かれているのがわかりますね。

これがおそらくImmaさんを制作し、運用している事務所の名前です。

他の例を見てみましょう。
例えば、大人気Youtuberのフワちゃんとコラボをしたことがある「葵prism」さんはどうでしょうか?

「葵prism」さんも事務所に所属しており、事務所を通じて仕事を依頼することができます。

このようにバーチャルインフルエンサーの多くは事務所に所属しているので、事務所を通して仕事を依頼しましょう!

バーチャルインフルエンサーへの依頼方法のまとめ

今回はバーチャルインフルエンサーにどのように仕事を依頼するのかについて紹介しました。

バーチャルインフルエンサーは個人ではなかなか作ることができないため、多くの場合は事務所などの大きな組織によって作られます。

なので事務所を通じて仕事を依頼しましょう!

もしバーチャルインフルエンサーに仕事を依頼するときの費用について知りたい場合は以下の記事がおすすめです。

Maroとは?

Maroは理想のインフルエンサーとのマッチングを実現するインフルエンサーマーケティングプラットフォームです。

Maroでは、以下のような機能・サービスをご提供しております。

・専任の担当による施策実行のサポート
・理想のインフルエンサー効率よく見つけ出す検索機能
・気になるインフルエンサーに声をかけるスカウト機能
・インフルエンサーと連絡が取れるメッセージ機能
・クリック数などの広告効果が把握できる分析機能  等

より詳細は以下のボタンから資料をダウンロードしていただき、ご確認いただければと思います。また、ご不明点等ございましたらお気軽に「info@maro.mu」までお問い合わせください。

コメントを残す