Shopifyのおすすめテンプレートを紹介!テンプレートの選び方や注意点についても解説

インターネットを利用して、ネットショッピングなどの営業を考えている人もいるのではないでしょうか。その場合はShopifyを利用してECサイトを運営することを選択肢の一つとして考えることができます。

Shopifyは店舗管理型専用アプリであり、特別なスキルを持っていなくても簡単に利用できるためECサイトを立ち上げる企業から高い人気があります。
しかし、Shopifyを利用したことがない人からすると、基本的な特徴や注意点などについて確認しておきたいと思います。本記事では、Shopifyについての基本的な説明からおすすめのテンプレートまで幅広く紹介します。

Shopifyとは?メリットについて解説します

Shopifyとは、簡単にECサイトを構築することができるプラットフォームです。ECサイトを開設するためにはプログラミングなどの専門知識が必要になりますが、Shopifyを利用すると、簡単にECサイトの実装ができ、オンラインショップを運営することが可能です。

例えば、Shopifyには、マルチチャネルプラットフォームがあり、AmazonやInstagramなどと連携することで、顧客の購入のための導線として利用することができます。デザインの自由度も高いため、自分のカラーに応じた見た目の作成もでき、ソーシャルメディアや実店舗の情報を一括管理ができるなど、Shopifyだけでサイト作成のためにいろいろ活用することができるでしょう。

Shopifyを使うメリット

Shopifyを利用することには、どのようなメリットがあるでしょうか。Shopifyのメリットについて説明します。

低コストで導入ができる

Shopifyを導入するなら低コストでの利用が可能です。Shopifyはプランが提供されており

  • ライトプラン 9ドル
  • ベーシックプラン 29ドル
  • スタンダードプラン 79ドル
  • プレミアムプラン 299ドル
  • Shopifyプラス 2,000ドル

と、規模感と求めている機能によってプランを選んで契約することが可能です。
全てのプランには14日か安心の無料トライアルが付帯されているため、自分がどのプランが合っているのか確認することも可能です。

また、ECサイトの運営には必要な手数料として、商品が購入された際に利用する販売手数料や決済手数料などがあります。
Shopifyでは、それぞれのプランによりますが、3.4〜3.9%ほどの手数料で抑えられているため、低コストで利用をすることが可能です。

決済方法の種類が豊富

Shopifyのメリットには決済方法がたくさんあります。Shopifyの決済方法には

  • Shopifyペイメント
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • Shop Pay
  • PayPal
  • Amazon Pay

などがあります。他にもクレジットカード払いにも対応しているため、多くの決済方法があると言えます。

決済方法が多くあるため、国内だけでなく海外の人も対象に客層を取り込めるため、多くの人に向けてECサイトの実装を行うことが可能です。

Shopifyのテンプレートについて

Shopifyのテンプレートとは、簡単にデザイン性の高いECサイトを構築できる機能です。
通常、ECサイトを作成するためには、htmlやcssなどのプログラミングスキルが必要ですが、テンプレートがあれば専門知識が無くても必要なものを付帯できます。テンプレートは無料で9種類ほど選択することができますが、有料であれば72種類、非公式のものも含めれば1,000種類ほどあります。

目的に合ったShopifyのテンプレートの選択

Shopifyにはいろいろなテンプレートが準備されています。適切なテンプレートを選ぶポイントや、テンプレート選びの注意点をご紹介します。

事前に必要な機能や目的を明確にする

Shopifyのテンプレートを選ぶときは、どのような機能が必要であり、目的は何か確認しておくことが大事です。サイト内で掲載する情報を元に、どのようにアクセスしたユーザーにアピールするのか、またどのようなデザインのサイトを作りたいのか、どのような世界観や雰囲気を出したいのかなど、1つでは無く、あらゆる分野で自分のサイトのビジョンを持つようにすべきです。

何もサイトについて明確な目的を持っていないなら、テンプレートを導入しても納得がいかず、自分の理想のサイトにならないため、時間や労力を浪費するのみになります。もし、目的が定まらない場合は他のサイトを閲覧して、自分の理想に近いものがないかチェックしてみることがおすすめです。

また、機能面についてもサイト上に設置されていなければ、サービスとして成立しない場合もあります。こちらも、他のサイトを見て実際にアクションを起こすことで、必要性のある機能を絞り込むことができるため、いろいろな点を試すようにしてみましょう。

商品とテンプレートの雰囲気がマッチしているか

商品とテンプレートの雰囲気が、マッチしているのかも確認する必要があります。ECサイトのデザインは商品の雰囲気を連想させることがあり、イメージやブランディングなどにも関係します。

そのため、サイトの雰囲気と販売されている商品がミスマッチしているなら、アクセスしたユーザーは途中で離脱して購入しない可能性が高いです。テンプレートと商品の相性を合わせるためには、どのような印象を与えたいのかがポイントです。

例えば、美容商品を販売するなら、清潔感があって落ち着いた雰囲気のデザイン、テンプレートにすると、ある程度マッチするはずです。Shopifyでは業種別やレイアウトのスタイルから検索してテーマを選択することもできるため、迷った場合は一度提案されている種類から考えてみることもできるでしょう。

モバイル対応の部分も考える

テンプレートを選択するときは、モバイルの部分も考える必要があります。サイトにアクセスするのはパソコンだけではなく、スマホを利用してアクセスし購入する人も多いです。サイトのデザイン性や機能面ではパソコンで反映される見方に集中し過ぎて、スマホではどのように映っているのか見落としてしまう場合があります。

そのため、スマホでの商品の表示や画像がどのようなサイズで表示されるのかしっかり確認してテンプレートを選ぶ必要もあります。モバイルでの対応機能が少ない場合、スマホからのアクセスユーザーを取り込むことができず、ECサイトとして欠点ができてしまうことになるでしょう。

モバイル対応の部分は実際に使用した人のレビューを確認することで、ある程度判断することができます。Shopifyのストアでも掲載されているため、用途に合っているのか確認してみましょう。

ターゲットに合わせて利用する

テンプレートの選択は、どの層に向けて販売するのかも大事です。例えば、若者向けをターゲットにするなら、キャラクターなどを使用して少し派手なデザインにしてみることもできます。

もし、年齢層にこだわらないのであれば、高齢者に向けてシンプルで見やすいデザインや機能にしておく必要もあります。ターゲット層を定めておくことでテンプレートは絞ることが可能です。

自分に合ったテンプレートを選ぶためのポイントについて

Shopifyのテンプレートはいろいろな種類があるため、自分に合ったテンプレートを見つけることが難しく感じることもあるでしょう。そのため、どのようなおすすめのテンプレートがあるのか確認して、参考にすることができます。以下のテンプレートは実際に他の事業所も利用しているため、内容を紹介しましょう。

Shopifyテンプレートのカスタマイズ方法

Shopifyを利用してサイトデザインの作成を考えるなら、テンプレートのカスタマイズ方法を確認しておくことも大事です。カスタマイズの方法を理解しておけば、よりスムーズに作成することができます。

テンプレートをカスタマイズする方法について紹介します。

デザインのカスタマイズ方法

Shopifyのデザインをカスタマイズするためには手順を確認しましょう。

  1. 管理画面からオンラインストアをクリック
  2. 「テーマライブラリー」から、自分の好きなテーマを選択
    「無料のテーマ」を選ぶと管理画面上で表示されるので目的に合ったテーマの選択が可能です。
  3. 「テーマライブラリーに追加する」をクリック
    「Shopifyテーマストア」をクリックすると別タブが開き、有料のテーマを獲得することも可能です。
  4. 「テーマライブラリー」から「カスタマイズ」を選択
  5. 「テーマエディタ」から、「セクション」や「テーマ設定」「配色」「フォントスタイル」などのカスタマイズ

デザインのカスタマイズは、このような方法で作成することができます。ECサイトに合わせて、自分らしい独自性を作り出してみましょう。

テーマコードの編集方法

テーマコードを編集することもできますが、その際は、CSSやHTMLなど、プログラミングの知識が必要になります。また、データがなくなってしまうなどの万が一のためにバックアップを取ることも大事なため、テーマを複製しておくようにしましょう。
テーマの複製は「アクション」→「複製」で行うことが可能です。
テーマコードを編集する手順としては以下のようになります。

  1. 管理画面から「オンラインストア」を選択して「テーマ」に移動
  2. 「アクション」を選択し「コード編集」をクリック
  3. 「コードエディタ」が表示され、ファイルの編集を行う
    左サイドにテーマファイルのディレクトリ、右サイドにファイルを編集するためのスペースが表示されます。
  4. 編集を終了

カスタマイズする際の注意点やテクニックについて

Shopifyのテンプレートは豊富なため、いろいろなカスタマイズを行えますが、注意点やテクニックも確認しておくことが大事です。カスタマイズするときは、以下の点を押さえておきましょう。

テンプレートは日本語対応されているか

テンプレートの中には、有料でも日本語対応されていないものもあります。全てが英語で表記されているものがあり、中には日本語表記ができないものもあります。
英語を理解することが苦手な方は、テンプレートをダウンロードする前に日本語表記できるのか確認しておくのが良いでしょう。

画像アップロードの規定

カスタマイズするときは画像ファイルをアップロードするはずですが、ファイル形式は

  • JPEG
  • JPG
  • PNG
  • GIF

です。
画像ファイルのサイズは20MBまでになっており、画素数も最大20メガピクセルまでとなっています。ファイルの規定を守らないとアップロードした画像が綺麗に表示されないことがあるため、注意が必要です。

カスタマイズに必要なスキルや知識

Shopifyのテンプレートをカスタマイズするために、必要なスキルや知識も把握しておきましょう。Shopifyは基本的にツールを利用して構築するため、それぞれのテンプレートの特徴を把握することが大事です。
また、Shopifyのストアをカスタマイズするためには、HTMLやCSSなども理解しておくことがおすすめです。LiquidはShopifyを構築するために使用されているプログラミング言語でもあるため、必要なプログラミング言語を覚えておくことにより、独自性の高いサイトに仕上げることができるでしょう。

おすすめのShopifyテンプレート

DAWN

DAWNはShopifyで無料で利用できるテンプレートの1つであり、シンプルでありながら使い勝手も良いのが特徴的です。スタイリッシュにサイトを見やすくしつつ、モバイルファーストで柔軟なカスタマイズを行うことができ、カラーリングの設定なども簡単に行えます。いろいろな機能を利用することができ、無料でありながら商品の発送ができるほど高機能であるため、ー般的な企業にも導入されています。

ただ、DAWNはシンプルであるため、あまり細かい部分へのアプローチをすることは難しいです。初心者でも分かりやすくできるようにしているため、さらに機能の追加を狙う人にとっては物足りなさを感じることもあるでしょう。

また、DAWNはDebutというテンプレートの代わりに導入されたものです。Debutは2022年の時点でShopifyのストアからダウンロードできなくなっています。すでに所持している人はそのまま利用できますが、対応されていないため、DAWNに切り替えるのがおすすめです。また、DAWNはNIKEやNew Balanceなどスニーカー専門の通販サイトであるMiteSnekersがサイト作りとして利用しています。

テンプレートURL:https://themes.shopify.com/themes/dawn/styles/default

Warehouse

Warehouseは多数の商品を扱うサイトに適しており、2つのスタイルから選択することが可能です。機能面では固定メニューやドロップダウンメニュー、スライドショー、予測検索機能、在庫管理表示、ポップアップ機能などが備わっており、サイト作りに必要なものは数多く備えられています。

そのため、Warehouseを利用するなら顧客が商品を探しやすいサイトとして作成することが可能です。カテゴリー表示を付けることはもちろん、ドロップダウンメニュー機能も実装されているため、ユーザーの用途に応じて商品を探すことが可能です。

また、カスタマーレビューの表示も行えるため、商品の感想や意見も記載することが可能であり、5段階評価によってユーザーが選択しやすいようにすることも可能です。ただ、Warehouseは有料のテンプレートであり、320ドルと費用を支払う必要があります。WarehouseはインテリアショップであるParts&SupplyのANTRY(アントリー)が利用しています。

テンプレートURL:https://themes.shopify.com/themes/warehouse/styles/metal

Prestige

Prestigeはデモサイトが高級品ばかりが陳列されているため、プレミアムな商品を販売するサイトに向いています。特徴は、ボタンアクションを与えることができる点です。マウスオーバーという機能を利用してボタンに動きがあることによってユーザーに購入意欲をそそらせることが可能です。

また、表示される画像サイズも大きいため、ユーザーが商品を見づらく感じることもなく、カスタマーサポートも評判がいいので、改善して最適なサイトづくりを行いやすいです。ただ、Prestigeも有料のテンプレートになり、350ドル支払う必要があります。

国内で21店舗の展開をしているBLUE BOTTLE COFFEEがPrestigeを利用して洗練されたサイト運営をしています。衣料品や健康、美容商品などを販売している事業者であればPrestigeの利用を検討してみることができるでしょう。

テンプレートURL:https://themes.shopify.com/themes/prestige/styles/allure

【まとめ】Shopifyのテンプレート選びのポイントとは

Shopifyのテンプレートを選ぶ際は

  • 事前に必要な機能や目的を明確にする
  • 商品とテンプレートの雰囲気がマッチしているか
  • モバイル対応の部分も考える
  • ターゲットに合わせて利用する

という4つの点を押さえておきましょう。

Shopifyのテンプレートの選択はビジョンを定めておくことが大事となるため、事前にコンセプトを決めて、他のサイトの閲覧やレビューの確認をすることにより失敗を防ぐことも可能です。自分に合ったテンプレートを選択してECサイトを運営してみましょう。

Maroとは?

Maroは理想のインフルエンサーとのマッチングを実現するインフルエンサーマーケティングプラットフォームです。

Maroでは、以下のような機能・サービスをご提供しております。

・専任の担当による施策実行のサポート
・理想のインフルエンサー効率よく見つけ出す検索機能
・気になるインフルエンサーに声をかけるスカウト機能
・インフルエンサーと連絡が取れるメッセージ機能
・クリック数などの広告効果が把握できる分析機能  等

より詳細は以下のボタンから資料をダウンロードしていただき、ご確認いただければと思います。また、ご不明点等ございましたらお気軽に「info@maro.mu」までお問い合わせください。

お役立ち資料のダウンロードはこちら

コメントを残す