男性化粧品の広告を打つ際のポイントと手法について解説します。

男性化粧品業界の現状

急成長する男性化粧品分野

これまで、化粧品といえば購買の大半を女性が占める分野でした。もちろんこれまでも男性向け化粧品の販売は行われてはいましたが、利用する男性は少数派でした。しかしここ数年,男性向けの化粧品はアイテム数も増加、売上も大幅にアップしています。

売上の中心となっているのは洗顔料や化粧水といったスキンケアアイテムや、ヘアケア用品ですが、メイクアップに関する男性向けの化粧品も着実に売り上げを伸ばしています。

コロナ禍による売上への影響

新型コロナウイルスの感染拡大により、女性向けの化粧品分野は大きなダメージを受けています。 一方、男性向けの化粧品は女性ほど大きな影響はないと言われています。

背景にあるのは、コロナ禍による男性の美容意識の変化です。コロナ禍によりオンライン会議が増加し、画面を通して自分自身の顔を見る機会が増えました。このことにより、これまで気にかけなかった肌荒れやシミ、シワ、老化といった肌の状態を男性自身が気にかけるようになりました。また、マスクの着用が日常的になったために、マスク着用による蒸れで肌荒れも増加。結果的に美容に対する男性の意識が向上することになったのです。

更に、人と会う機会が減ったこととも関係があります。「このチャンスにメイクを試してみたい」「外食が少なくなった分の費用を化粧品に回すことができた」というように、男性向け化粧品の売上アップにとってはプラスに働いているのです。

ダイバーシティやジェンダーレスへの意識

90年代後半から進んでいたジェンダーレス化。その状況はここ数年でさらに進化しています。

また、近年あらゆる分野で重要な役割を果たしているのがダイバーシティの概念です。ダイバーシティが象徴する「自分らしく、自由に」という考え方は、性別を超え「自分らしくありたい」と考える男性を後押ししています。

さらに、インターネットやYouTubeなどの動画の普及によって、これまでは難しかったメイク技術やメイクに関する知識を簡単に入手できるようになったことも、男性向け化粧品の売上アップの追い風となっています。

男性化粧品の広告に求められるもの

男性向け化粧品の活況に伴い、男性向け化粧品の広告もまた増加しています。ただし、男性向け化粧品の広告はまだまだ発展段階にあります。女性向け化粧品広告の手法をそのまま利用しただけでは、効果的なプロモーションは行うことができません。では男性向けの化粧品広告にはどのようなことが求められているのでしょうか。

男性の購買行動を理解する

女性の場合、化粧品を購入するというのはごく日常的な行動です。しかし、男性にとってはそうではありません。

たとえば、女性なら、広告を見て商品を知ったとき、店舗でテスターを試したり、ビューティーアテンダントに意見や使い心地、肌との相性などを聞き、それを参考に購入するものです。しかし男性の場合はそうはいきません。

テスターなどの使用も一般的ではなく、そもそも、女性の多い店舗に行き商品を選ぶこと自体、かなりハードルは高いといえます。

広告を行うときにはこのような購買行動の違いを理解することも必要です。

ブランディングの意識を高める

男性向け化粧品の広告では、商品の魅力を伝えると同時に、そのブランド自体を伝えることも必要です。女性の場合、すでに化粧品ブランドが認知されている状態ですが、男性にとって化粧品はまだまだ未知の分野であることが多いため、まずはブランド自体の魅力や価値を伝えることが求められます

そのブランドが重視している価値とはなにか、企業としてどのような姿勢なのか、社会にとってどういった存在でありたいのかというメッセージを伝えることも男性向け化粧品の広告では重要です。

オンライン広告の重要性

以上のように、男性にとって実際の店舗に足を運び、商品を購入するというのはかなりハードルが高いものです。そのため、男性が化粧品を購入する場合には、人と会わずに済ませられるオンラインのECサイトを利用するのが一般的です。また、男性が化粧品に関する情報や知識を手に入れる場所も、オンライン上のSNSやポータルサイトが中心なのです。

そのため、男性向け化粧品の販売ではオンライン広告が非常に重要となります。

以下の記事ではメンズコスメ業界について詳しくご説明させていただいておりますので、ぜひ併せてご参照ください。

男性化粧品のオンライン広告の手法

ホームページ

ホームページもオンライン広告のひとつです。寧ろ、ホームページこそオンライン広告の中心となる存在ともいえるでしょう。

特に男性の場合、検索エンジンや商品・ブランド名から直接認知することも多いので、ホームページは疎かにすることができません。ブランドに興味を持ってくれた方に興味を持ち続けて戴くためにも、ホームページを充実させることは重要な手法です。

その際には、男性の心理や興味をかき立てるだけでなく、古いという印象を与えないか、広告ガイドラインや薬事法などに違反していないか、などとといった基本的な点にも注意しましょう。

純広告

「純広告」とは、ポータルサイト等、アクセスの多いサイトの目立つ部分を「枠」として買い取り、広告を掲載する手法です。いわゆる「広告」といえば、このタイプの広告を思い浮かべる方も多いかもしれません。

純広告は多くの層にリーチできるというのが最大のメリット。また、ターゲットとしている男性の関心が高いメディアを選ぶことで、さらに効果を高めることができます。ただし、アクセスの多いメディアであればあるほど費用は高くなります。

動画広告

「動画広告」は、YouTubeを始めとする動画配信サイトで行われる広告です。動画を視聴する前や、視聴中に表示されるのが動画広告です。

動画広告は、テキストや画像だけの広告に比べると、多くの情報やイメージを伝達できるというメリットがあります。そのため、視聴者に強い印象を与えることができ、商品やブランドのイメージ自体を伝えるのに役立ちます。

ただし、広告制作の予算を抑えると、とても軽々しい印象になってしまい、ユーザーにマイナスイメージを与えることになってしまう可能性もあります。

SNS広告

SNS広告は、InstagramTwitterなどのSNSで配信される広告のこと。また、公式アカウントによる情報発信もSNS広告と考えることができます。

SNS広告は、多くの人にリーチできるだけでなく、潜在的なターゲット層にも働きかけることができるのが大きな特徴です。さらに、ユーザーとのつながりを強めてコミュニティを築くことができるなど、様々なメリットがあります。ただし、単なる広告や宣伝だけに終始してしまうと、ユーザー離れを招いたり、なかなかフォロワーが増えないといったことにもなってしまいます。

インフルエンサーを起用した広告

男性向け化粧品の場合、SNSを利用した広告手法の中でも、インフルエンサーを起用したマーケティングは効果的です。

インフルエンサーを起用したマーケティングはターゲット層に届きやすいと同時に、すでにインフルエンサー自体が多くのフォロワー抱えているため、多くの人に対して効果的に商品の良さを伝えることができます

また、これから化粧品の知識を身につけたいと思った男性がまずチェックするのも、男性向け化粧品のインフルエンサーです。そのため、今後ユーザーとなってくれる男性の発掘にもつながります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

男性の意識の変化によって売り上げがアップしている男性化粧品。そのため、今後はますます広告の重要性も増していくと考えられます。男性化粧品の広告手法は、女性向けの手法を応用できる部分もありますが、男性ならではの消費行動や考え方を把握することが重要です。

また、男性の場合は女性とは異なり、化粧品の使用方法から調べるということも多いため、きっかけとしてインフルエンサーを使用したマーケティングが有効とも考えらえます。

ただし、インフルエンサーを起用する際には、正しい人材の選定や戦略の設定結果の分析なども重要です。こういった点を上手く解決したい場合には、適性なツールを利用することがおすすめです。我々がご提供しておりますインフルエンサーマーケティングプラットフォーム「Maro」もご検討いただけますと幸いでございます。

Maroとは?

Maroは理想のインフルエンサーとのマッチングを実現するインフルエンサーマーケティングプラットフォームです。

Maroでは、以下のような機能・サービスをご提供しております。

・専任の担当による施策実行のサポート
・理想のインフルエンサー効率よく見つけ出す検索機能
・気になるインフルエンサーに声をかけるスカウト機能
・インフルエンサーと連絡が取れるメッセージ機能
・クリック数などの広告効果が把握できる分析機能  等

より詳細は以下のボタンから資料をダウンロードしていただき、ご確認いただければと思います。また、ご不明点等ございましたらお気軽に「info@maro.mu」までお問い合わせください。

コメントを残す