化粧品の集客率をあげるマーケティング方法をご紹介

化粧品にとってのマーケティングの重要性

競合商品が多く、新作が出る頻度が高い化粧品の集客方法で悩んでいる企業の方々も少なくありません。特に近年は感染症対策によって、化粧品への需要が下がっているとニュースにもなりました。

多くの人が知っている大企業はともかく中小企業の方々は、なかなかお客様の目に留まってもらいにくい状況が続いています。いくらいい商品を作っても目に留まってもらえなければ、お客様には選んでもらえません。

そのために重要なのがマーケティングなのです。

化粧品のマーケティングとは

マーケティングとは、企業が「商品が売れるシステムを作る」活動のことを指します。

具体的に言うと、お客様が何を求めているか、お客様に商品の存在を知ってもらえるかを考えたり調べたりする活動のことです。お客様アンケートCMなどこれに当てはまります。

化粧品の場合は、お客様が望むものは「美貌」「肌への優しさ」など比較的わかりやすくなっています。しかし実際に使わなければわからないことも多い化粧品は、お客様へ商品の魅力を伝えることが難しい商品でもあるのです。

化粧品のマーケティングではお客様に、商品の魅力をいかに伝えるかが重要になります。

化粧品の情報は埋もれやすい

化粧品のマーケティングはお客様に商品のことを知ってもらうことだと言いました。しかしただむやみやたらに情報をばらまいて、うまく行かないのが化粧品業界です。

化粧品業界は国内だけではなく、海外からも様々な新商品が入ってくる競争が激しい市場の1つになります。その中で生き残るには、ただ情報を流すだけでは他の企業が作った商品の情報に埋もれてしまうでしょう。

いかにお客様の印象に残り、購買意欲を持たせられる情報の提供ができるか工夫していく必要があります。

化粧品のマーケティングの方向を決める

化粧品への集客率を上げたいのであれば、まずマーケティングの方向を考えてみましょう。

化粧品のターゲットは?

まず自社の商品が誰に向かって使ってもらえそうなものなのか考えてみましょう。一言で化粧品を使う人と言っても、かなり多くの人が当てはまってしまいます。

若い人なのか、それとも年齢を重ねた人なのか、最近ではメンズ向けなんて方向性も出てきています。年齢性別だけではなく、コスパ重視なのか、高級志向なのかなど、考えるとどのような人向けの物なのか輪郭が見えてくるでしょう。

あなたが売りたい商品を欲しがってる人はどんな人なのかを把握することはマーケティングの最初にすべきことの1つです。

ターゲットの望みや行動を推測

どんな人に商品を売りたいかが決まったら、その人はどんなことも求めているのかを考えてみましょう。

例えば若い学生向けならば可愛いパッケージのものが好まれますが、会社勤めなOLさんならば一般遣いしやすいデザインのものが好まれます。このようにどのようなものがターゲットの望みに会っているかどうかを考えていきましょう。

ターゲットがどのような行動パターンをとるのかも考えておくと、マーケティングの方法を決めるときに役立ちます。

たとえば20代ぐらいの若い女性ならSNSなどをよく見るかもしれません。逆に40代以上女性はSNSなどはあまり使わず、知人の口コミなどによって買うか決める人が多いです。

化粧品に合ったマーケティング方法

誰に向かってマーケティングするかが決まったら、どのようなマーケティングにするかを考えていきましょう。

ターゲットによって適切なマーケティング方法は変わってきます。自分の商品に合ったマーケティング方法を選ぶことが大切です。

化粧品向けなのはWEBによる集客

様々な種類がある化粧品は、顧客自らが検索して見つけることができるWEBを利用したマーケティングがおすすめです。

消費者は自分の肌や年齢に合った化粧品を探しているので、そこをうまく伝えられれば集客率を上げられるでしょう。

まずはWEBサイトを作ろう

WEBでのマーケティングを始めるならば、化粧品ブランド公式のホームページを作りましょう。

お客様が検索をかけたときに商品の詳しい情報が乗っているサイトがあるかないかでは、見てもらえる人数が変わってきます。また公式のホームページがあるということで、商品に対する安心感も増えるので、肌に直接つける化粧品では重要です。

また商品が気に入ってくれた方が公式のホームページを見ることで、商品のファンからブランドのファンになってリピーターになるケースが多くなっています。

口コミサイトへの登録

人は物を買うとき、売る側が考えているよりも他人がそれを使ってどう思っているかを気にしています。そのため、商品を買う前に口コミサイトを見てから決めようという消費者も多いのです。

商品を売り出し始めたら、有名コスメ口コミサイトのいくつかに登録しておきましょう。

有名口コミサイトに商品が登録されてないというだけで怪しい商品と勘違いされてしまうケースもあるので、なるべく早めに登録してください。

SNSにアカウントを作る

TwitterなどのSNSに公式アカウントを作ってみるのも最近のマーケティングではよくある方法です。

ターゲットである人らしきアカウントをフォローして、最新情報を流すだけでも効果があるので、コストを抑えながら魅力を発信できるでしょう。

コストをもう少々かけてもいいなら、RT&フォローによるプレゼント企画なども人気です。多くの人の目に入ることになりますし、プレゼントした人がリピーターになってくれる可能性も高くなっています。

インフルエンサーマーケティングを活用する

人というものは、買い物をする際に他人の意見が気になるものです。特にそれが有名人だったり、あこがれている人だったら使ってみたくなります。

その心理を最大限に利用しているのがインフルエンサーと協力したマーケティングです。

インフルエンサーとは世の中に大きな影響を与えられる人という意味で、現在はブログSNSなどインターネットを介した大きな影響を与えられる人を指します。

有名の人になると何十万の人に影響を与えられるので効果的にマーケティングできるので採用している企業も増えてきています。

化粧品向けのインフルエンサーを選ぶ基準

インフルエンサーマーケティングがかなり効率的なマーケティング方法なことは様々な企業が証明してくれています。

最近はインフルエンサーの方の数も増え、企業側もどんな人と契約をしていいかわからないという声も多くなっているのです。

そこで化粧品をマーケティングしてくれるインフルエンサーを選ぶ基準をお教えします。

フォロワー層とターゲットがあっているか

インフルエンサーを選ぶときフォロワー数ばかり気にしていませんか。

マーケティングのためには、フォロワーの中身にも注目する必要があります。自社が売りたい方向の人やインフルエンサーの放送をちゃんと見ている人はいるのかなど重要なポイントです。

普段から化粧ファッションに関しての発信をしているインフルエンサーの方だと、化粧品に興味があるフォロワーが多いのでおすすめです。

誇大広告をしない人

インフルエンサーの方に商品の魅力を宣伝してもらいます。しかし嘘をついたり大げさに言ったりされてはこちらも困るのです。

特に化粧品は、特定医薬品に該当してしまう場合があるので注意しましょう。

特定医薬品に該当してしまった場合は、医薬品等適正広告基準という広告基準を守る必要があるのです。この基準では、誇大広告虚偽の広告を禁じ、正しい情報を伝える必要があると記載されています。

インフルエンサーの方の発信もこの基準に違反すると薬事法違反になってしまうのです。企業もインフルエンサーの方もお互いにダメージを受けるので注意しましょう。

まとめ

ここまで化粧品の集客率をあげるマーケティング方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

化粧品のマーケティングについてまとめると

・マーケティングのターゲットを決める

・化粧品のマーケティングにはWEBが有効

誇大広告には注意

という3点に注意が必要です。

自社の製品に合ったマーケティングを心がけて、多くの人に商品の魅力を伝えましょう。

Maroとは?

Maroは理想のインフルエンサーとのマッチングを実現するインフルエンサーマーケティングプラットフォームです。

Maroでは、以下のような機能・サービスをご提供しております。

・専任の担当による施策実行のサポート
・理想のインフルエンサー効率よく見つけ出す検索機能
・気になるインフルエンサーに声をかけるスカウト機能
・インフルエンサーと連絡が取れるメッセージ機能
・クリック数などの広告効果が把握できる分析機能  等

より詳細は以下のボタンから資料をダウンロードしていただき、ご確認いただければと思います。また、ご不明点等ございましたらお気軽に「info@maro.mu」までお問い合わせください。

コメントを残す