化粧品のインフルエンサーマーケティングで成功しよう!事例も合わせて紹介!

化粧品の販売をするときに、InstagramやYouTubeのインフルエンサーと呼ばれる人たちを活用することでより多くの人々にPRすることができます。とくに化粧品ではインフルエンサーを活用し、成功している事例が数多くあります。今回は、インフルエンサーを活用して成功した化粧品の事例を紹介します。

インフルエンサーマーケティングを活用

化粧品をPRするために、美容系やコスメ商材に特化したインフルエンサーを積極的に活用してみてください。インフルエンサーはあくまで一般の一消費者としての立場から、「その化粧品を実際に使ってみた感想」を多くのファンに届けてくれます。

しかしInstagramやYouTubeなどのSNSには数多くの美容系インフルエンサーがいるため、PRしたい化粧品に適したインフルエンサーを探すにはインフルエンサーマーケティングツールがおすすめです。その前に、YouTubeInstagramの特性を理解して、より商品に適したほうを選ぶようにしましょう。

YouTubeの化粧品インフルエンサーの特徴

YouTubeは、動画でメイクをしている画像を細かくチェックできるSNSです。動きだけでなく音声字幕などを使って伝えることができるので、単に化粧品を紹介しるだけでなく、メイクの仕方化粧品の特徴名前と後のビフォーアフターの映像を見ることができるなどの特徴があります。幅広い年齢層に訴求することができ、わかりやすく解説することができるのが利点といえるでしょう。

Instagramの化粧品インフルエンサーの特徴

Instagramは、写真がメインのSNSであり短いものであれば動画を投稿することもできます。文章が非常に重要になるSNSではなく、その分写真動画でしっかりとファンを魅せる必要があるサイトです。

ターゲットの年齢層は低く、色み発色などがわかりやすいので化粧品との相性がよく、とくに若い女性は化粧品を探すときにInstagramを検索することが多いため訴求力も高い媒体であるといえるでしょう。

化粧品インフルエンサー活用事例

インフルエンサーを化粧品のPRに活用することで、実際の使用感を消費者に伝えることができます。また、使う前と使った後の違い実際の使い方などを消費者と同じ目線で伝えることができるので、多くの人々から共感を得ることができるでしょう。

とくに近年では化粧品をSNSで検索してから購入するという女性も、多くいます。そのため化粧品を販売するには、インフルエンサーの存在が欠かせないものとなってきていることも事実です。今回は実際に化粧品インフルエンサーを活用して成功した事例を、5つ紹介していきます。ぜひ、今後インフルエンサーを活用するときの参考にしてみてください。

事例①メイベリン

メイベリンは日本でも有名な化粧品ブランドですが、うまくインフルエンサーを活用することで店舗の販売促進新しいマスカラの知名度を上げることに成功しています。実際にメイベリンのパートナーとして選ばれたインフルエンサーは、単に化粧品の画像をアップするだけではなく、実際の店舗に足を直接運んでディスプレイを変更し、その画像を公開するなどして販売促進につなげています。

また契約したインフルエンサーは一人ではなく、それぞれに違う角度でマスカラのPRに成功し手より多くの顧客を獲得することに成功しました。

事例②エスティ・ローダーのMAC

エスティ・ローダーのMACを、ご存じでしょうか。世界有数の化粧品ブランドであり、日本でも多くのファンを獲得しています。そんなMACでも化粧品インフルエンサーを活用して、より多くの消費者を取り込むことに成功しています。

MACが目を付けたインフルエンサーは、化粧品を扱うプロであるメイクアップアーティストです。契約したインフルエンサーが投稿したセルフィーを会社の公式アカウントでも再発信することにより、フォロワーを1500万にまで獲得することに成功しました。双方のアカウントに投稿することによりそれぞれのフォロワーも取り込むことができるのが、利点です。

また、メーク割賦した部分だけを大きく取り上げた写真や動画などもアップすることで、色やつけた時の感じなどをより分かりやすく表現したことも成功の秘訣といえるでしょう。

事例③カネボウ化粧品

カネボウ化粧品は、言わずと知れた国産の化粧品ブランドです。インフルエンサーとタイアップしたのは、「エビータボタニック バイタル」の製品でありいわゆるオールインワンをうたった化粧品です。

契約したのは時短メイクに定評があり若い世代に人気の、130万人以上のフォロワーを持つインフルエンサーです。さっと短時間でお肌の手入れやメイクをするやり方はまさに商品のコンセプトにもピッタリであり、公開された動画はキャンペーンにも大きな効果をもたらしました。

事例④rom&nd

rom&ndは、リップが人気の韓国発の化粧品ブランドです。化粧品インフルエンサーの中でも特に韓国コスメに造詣が深く、多くの韓国コスメを紹介しているインフルエンサーを起用することで、普段から韓国コスメに興味を持っていると思われるフォロワーに訴求することができました。

直接的に顧客になりえる人々に訴求することができる上に、動画や写真を使用することで使用感や使用後の様子や発色なども伝えることができています。

事例⑤BECCA化粧品

BECCA化粧品は、単なるインフルエンサーの起用だけではなくインフルエンサーともに新製品の開発を行っています。そのため、インフルエンサーは新製品のことをより深く理解しているので宣伝をすることも容易です。

また自社ブランドのファンを起用しているために、そのフォロワーにもブランドのファンと思われる人が多くいることが予想できたのが成功の理由ではないでしょうか。Instagramのフォロワーも1300万人近くいたためにたった1人のインフルエンサーと契約するだけで、大きな宣伝効果を得ることができました。

成功事例から学ぶインフルエンサーの選び方

これらの成功事例から、化粧品インフルエンサーの選び方を見てみましょう。自社の化粧品をより多くの人に宣伝するためには、商品の魅力を最大限引き出せるインフルエンサーを活用することが重要になります。どのようなインフルエンサーを活用することで、より商品の認知度を高めることができるのかを確認しておきましょう。

商品の特徴をPRしやすい

インフルエンサーを選ぶポイントの一つは、商品の特徴をPRしやすいかどうかを見る必要があります。例えばオールインワンのコスメでPRポイントは化粧の時間を短縮できるというものなのに、しっかり基礎を守って時間をかけてメイクすることを得意としているインフルエンサーは不向きといえるでしょう。

また、高級品をうたった化粧品であれば、プチプラの動画を得意としているインフルエンサーではその魅力を伝えきることはできないのではないでしょうか。商品の特徴をより発信できるインフルエンサーを選ぶことが重要になります。

化粧品ブランドに合ったフォロワーがいる

PRしたい化粧品ブランドに合ったフォロワーがいるのかどうかも、大切です。例えば普段からPRしたいブランドの化粧品を使った動画や写真をアップしているインフルエンサーであれば、必然的にそのフォロワーも発信されているブランドの化粧品に興味があるということになります。

フォロワーは自分と同じ感性を持つインフルエンサーをフォローするものなので、商品のブランドやコンセプトがインフルエンサーに合っていなければ、そのフォロワーもまた興味を持ってくれることはあまりないのではないでしょうか。たとえ多くのフォロワーがいたとしても、コンセプトに合っていなければ大きな宣伝効果を得ることはできません。そのため、普段からインフルエンサーがどのような化粧品の動画や画像を発信しているかを確認しておく必要があります。

商品の魅力をよく理解している

もう一つ注目したいのは、インフルエンサーがどの程度商品の魅力を理解してくれているかという点です。例えばタイアップして共同で化粧品を開発すれば、より商品の魅力をインフルエンサー自身が理解しているので余すところなくPRすることができるでしょう。

もしくはメイクアップアーティスト化粧品検定を持っているインフルエンサーであれば、化粧品を取り扱うプロといっても過言ではなく、やはり化粧品の魅力を伝えることができます。

化粧品インフルエンサーを上手に活用しよう!

化粧品のインフルエンサーマーケティングは、より商品の魅力を発信できるインフルエンサーを積極的に起用することで大きな宣伝効果を得ることができます。SNSのインフルエンサーは、芸能人やタレントなどよりも一般の消費者との距離が近いのが特徴です。

インフルエンサーを上手に活用することで、信頼度が高く効果的な宣伝をすることができます。まずはインフルエンサーマーケティングツールなどを活用して、自社の化粧品に合ったインフルエンサーを探してみてください。

Maroとは?

Maroは理想のインフルエンサーとのマッチングを実現するインフルエンサーマーケティングプラットフォームです。

Maroでは、以下のような機能・サービスをご提供しております。

・専任の担当による施策実行のサポート
・理想のインフルエンサー効率よく見つけ出す検索機能
・気になるインフルエンサーに声をかけるスカウト機能
・インフルエンサーと連絡が取れるメッセージ機能
・クリック数などの広告効果が把握できる分析機能  等

より詳細は以下のボタンから資料をダウンロードしていただき、ご確認いただければと思います。また、ご不明点等ございましたらお気軽に「info@maro.mu」までお問い合わせください。

コメントを残す