【必見】アパレルブランドのブランディングを成功させる方法と事例をご紹介。

ブランディングとは、企業や商品を他と差別化することで、消費者に対して特定の意識を浸透させることです。ブランドの価値や知名度を上げるためにも、非常に重要なマーケティングの一つになります。

しかし、競合他社の多いアパレル業界において、ブランディング戦略は容易ではありません。そのため、自社に合った最適なブランディングを考えていく必要があります。

そこで今回の記事では、アパレルのブランディングの実際の成功事例を元に、ブランディング戦略のポイントを紹介していきます。

アパレルのブランディングで考えるべきこと

改めて、アパレルは競合の多い業界です。世界的に有名なUNIQLOを筆頭として、低価格帯から高価格帯まで数多くのブランドが存在します。その中で、お客様から自社のブランドを選んでもらうためには、自社の大切にするコンセプトで消費者の共感を得る必要があります。

一般的に、アパレル商品の購入の際の決め手となるのは、機能性とデザインと言われます。

ただ、この両面で他社と大きな差別化を図ることはアパレル業界においては非常に難しいと考えられます。仮に、機能性とデザインで他社と差別化を図ったとしても、すぐに他社が真似をして類似商品を販売しだす可能性が高いからです。

そこでブランディングによって、この機能性とデザインと共に感情的な付加価値を付けることで、コンセプトという根本的な部分で他社と差別化を図り、消費者が自社の商品を購入するオリジナルな理由を作り出すことができるのです。

ブランディング戦略の基本

アパレル企業のブランディング事例に実際に目を通す前に、アパレル企業のブランディング戦略の基礎を学習しましょう。

基礎を学ぶことによって、後に紹介するブランディング事例からの学びが多くなるでしょう。

ターゲットポジショニングを決める

「ターゲットポジショニングを決める」とは、自社の強みを理解した上で、ターゲットとする層を明確にすることです。ターゲットとする層の見極めは非常に重要であり、今後の成功への鍵となるといっても過言ではありません。

自社の強みを考える際には、SNSを有効活用して、消費者のリアルな声を参考にすると良いでしょう。自分達では気がつかない消費者目線での強みを発見できるかもしれません。

ターゲット分析をする際には、3C分析とSWOT分析の手法を使うとより効率的な分析が可能になります。

3C分析とは、自社(Company)、競合(Competitor)、顧客(Customer)のそれぞれをリサーチし、戦略を考える分析手法のことで、3つの言葉の頭文字をとって3Cと呼ばれています。

 外部要因として挙げられる「市場」、「競合」と、内部要因である「自社」を比較して考えてみると、自社の強みと弱みが浮き彫りになります。3C分析の結果は、ターゲット・ポジショニングを決定づける根拠となり、ブランディング戦略の基本になります。

SWOT分析とは、現状分析を目的とする時に使われるフレームワークの一つです。

 企業の「内部環境」を“Strength(強み)”と“Weakness(弱み)”に、「外部環境」を“Opportunity(機会)”と“Threat(脅威)”にそれぞれ区別し、4つの項目について詳しく分析します。これらの4単語の頭文字を取って、SWOT(スウォット)分析と呼ばれています。

SWOT分析を用いて企業の「内部環境」と「外部環境」を分析することにより、まだ開拓できていない潜在顧客や、企業の抱える課題などを発見することができ、新たなビジネスチャンスへと繋がることもあるでしょう。

ブランドアイデンティティを明確にする

ブランドアイデンティティとは、ブランドに対してユーザーにどんなイメージを抱いて欲しいか、また逆にブランドはユーザーにどんな価値を提供したいかといった、核となるコンセプトを指します。

ブランドというものは、そのブランドたるアイデンティティ(自分らしさ)があってこそ存在するものですので、これは非常に重要です。

ブランドアイデンティティを明確にする方法は、以下の通りです。

  • ブランドに対して、ユーザーにどんなイメージを抱いて欲しいかを考える
  • ブランドがユーザーにどんな価値を提供したいのかを考える
  • そのブランドを持つことで、ユーザーにどんな変化をもたらせたいのかを考える

アパレルのブランディング成功事例

では、実際にブランディングに成功したアパレルブランドの例を見ていきましょう。

Everlane

Everlaneは、「徹底的な透明化」をコンセプトに、洋服の生産・販売にかかるコストを消費者に隠すことなく開示して、アパレル業界に衝撃をもたらしたアメリカのブランドです。

それぞれの商品ページに、素材費、道具代、人件費、運送費などの全てのコストが詳細に書かれています。さらには、実際に服が作られる生産工場もWebサイトに公開しており、Everlaneとその工場が提携した経緯や、その工場で働く人々の様子までも消費者が分かるようになっています。

とにかく全ての情報を消費者に伝えようとするEverlaneのブランディング戦略は、多くの消費者の注目を集め、その真摯な姿勢を表すコンセプトに共感する人が増えたのでしょう。

allbirds

allbirdsは、スーパーファインメリノウールという素材を使ったサンフランシスコ発のフットウェアブランドです。

元々は、羊牧が盛んなニュージーランド生まれの創業者が、「メリノウールは最高の素材なのに、どうして靴づくりの素材として使わないのか?」という疑問を持ち、その結果生まれたのが、allbirdsでした。

Webサイト上で、羊が駆けていくようなムービーなどを掲載し、羊を全面に使ったプロモーションを行っています。2016年から製造をスタートしてすぐに、「世界一快適な靴」と呼ばれるようになり、アメリカのシリコンバレーから一大ブームが巻き起こりました。

また、商品の梱包材の9割をリサイクル素材にすることで、環境面への配慮にこだわる姿勢もアピールしており、ブランドイメージに心を掴まれる消費者も多かったようです。

Opening ceremony

Opening ceremonyは、「新しいショッピング体験」をコンセプトにしたニューヨーク発のセレクトショップです。

従来のセレクトショップとは一線を画した新しいカルチャーを常に発信し続けている部分に強みを持っています。特徴的な点は、シーズンごとにテーマとする国を設定して、その国を代表するような国を代表するようなデザイナーやブランドに焦点を当てて、独自の手法で商品展開をしていく点です。

世界中のものを取り入れ新しい消費の場を提供するので、多くの若者から支持されるブランドになっています。

Fashion Nova

2018年にアメリカで最もgoogleで検索されたファッションブランドがFashion Novaです。セクシーで安価なボディコンドレスを商品ラインナップのメインとしています。

Instagramマーケティングに長けたブランドで、公式のInstagramフォロワー数はなんと1000万人以上。多くのインフルエンサーと手を組み、Instagramマーケティングを利用して、美しい女性としての理想像を叶えるブランドとしての地位を確立しています。

アパレルのブランディングを成功させる秘訣

ここまで、アパレルのグランディング成功事例を見てきました。どのブランドも、明確に他社との差別化を図ったブランディング戦略を取っていることが分かると思います。

では、実際にアパレルのブランディングを成功させるにはどのような手法が良いのでしょうか。

より具体的なブランディング戦略を紹介していきます。

ブランド独自のイメージや世界観を演出する

まずは、ブランドの持つイメージや価値観を明確に表現することが大切です。商品のデザイン性や価格だけでは勝負が難しい現代のアパレル業界において、消費者の心に響くような世界観をブランディングによって形成する必要があります。

Fashion Novaに例を見るようなSNS広告やインフルエンサーマーケティングなどのWebマーケティングといった時代に合わせたブランディングも検討してみると良いでしょう。

消費者の求める情報発信をする

消費者の求める適切な情報を発信することも非常に重要です。

いくら情報を発信したとしても、消費者の共感を得られないようなブランディングでは、ブランドの認知度も好感度も上げることはできません。

そのため、自社ブランドの信念やこだわりを消費者に届きやすいような形にして発信することで、「このブランドの商品を買いたい」と思われるようになります。ニーズを上手く汲み取ったブランディングを意識しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事をまとめると、

  • ブランドコンセプトで他ブランドと差別化を図る
  • 分析を通してターゲットポジショニングを決める
  • イメージや世界観で消費者の共感を得る

ことが、アパレルブランドのブランディング戦略に重要だと言うことができます。

以上のことを参考に、是非ご自身のアパレルのブランディング戦略を考えてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

maroblogでは他にも、マーケティングに関する情報を発信してますので、併せてご覧ください。

maroとは?

maroは理想のインフルエンサーとのマッチングを実現するインフルエンサーマーケティングプラットフォームです。

maroでは、以下のような機能・サービスをご提供しております。

・専任の担当による施策実行のサポート
・理想のインフルエンサー効率よく見つけ出す検索機能
・気になるインフルエンサーに声をかけるスカウト機能
・インフルエンサーと連絡が取れるメッセージ機能
・クリック数などの広告効果が把握できる分析機能  等

より詳細は以下のボタンから資料をダウンロードしていただき、ご確認いただければと思います。また、ご不明点等ございましたらお気軽に「info@maro.mu」までお問い合わせください。

資料ダウンロード

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。