キッズインフルエンサーとお仕事するには?依頼方法を徹底解説!

幅広い年齢層への携帯電話及びSNSの普及により、子供がネットの世界に踏み込むことが多くなり、それに伴ってただのオーディエンス(視聴者・フォロワー)としての子供ではなく、子供がインフルエンサーになるといったことも決して珍しいことではなくなりました。

今もキッズインフルエンサーの数は世界的に着々と増えており、まさに情報化時代を象徴する存在となっています。

今回の記事では、そんなキッズインフルエンサーに焦点を置き、彼らをインフルエンサーマーケティングで活用するための依頼方法についてご紹介します!

キッズインフルエンサーについて

キッズインフルエンサーとは、文字通り子供のインフルエンサーのことを指しますが、主に中学生までのインフルエンサーを表すことが多いようです。

キッズインフルエンサーはインフルエンサー業界において今注目を浴びている存在であり、その理由として子供へのSNSの普及が挙げられます。

少し前に比べて、今は多くの小中学生が一人一台携帯電話を所有する時代になっており、それに伴って子供向けコンテンツやキッズインフルエンサー自体も増え続けています。

キッズインフルエンサーが活動するプラットフォームは、YouTube・Instagram・TikTok・Twitterなど多様であり、その投稿内容はプラットフォームによって変わってきます。

【YouTubeの場合】
YouTubeにおけるキッズインフルエンサーの存在感は大きく、実際に本記事投稿時点で日本における最も登録者数の多いYouTuberの1位と2位をキッズインフルエンサーが占めています
(1位キッズライン 2位せんももあいしー 3位はじめしゃちょー

動画投稿プラットフォームであるため、子供にも見やすい・分かりやすいコンテンツであり、たくさんの子供がキッズYouTuberの虜になっています。

投稿内容としては、おもちゃの紹介や○○で遊んでみた!といった子供による子供向けの動画が多いです。

【Instagramの場合】
Instagramでは、日常の風景やどこかへお出かけした時の様子など、映えている写真が載せられることが多いです。

従来のYouTube上での企業コラボでは、インフルエンサーが動画内で商品について言葉で説明する場面が多々見受けられますが、キッズインフルエンサーにはそれが難しいため、彼らは必然的にInstagram上での企業コラボが多くなる傾向にあります

【Twitterの場合】
Twitterは主にYouTubeやInstagramに新たな投稿が追加された際に告知するために使われることが多いです。

他にも何気ないツイートなどをするキッズインフルエンサーもいますが、前述の2つのプラットフォームに比べて使用率は決して高くないことがいえます。

【TikTokの場合】
TikTok上のキッズインフルエンサーは、音楽に乗って踊ったり、流行りの加工フィルターを使った動画を配信したりなど、TikTokの使いこなし具合は大人顔負けです。

@himahima_channel

color💓 今日の動画も見てね!

♬ Colors – 틱톡스티커 도우미

キッズTikTokerの人気は高く、インフルエンサーによっては毎投稿に平均1万以上のいいねを獲得する子供もいます。

このように各プラットフォームで活躍するキッズインフルエンサーは、インフルエンサーマーケティングにおいても多方面の業界のプロモーションなどに起用されています

キッズインフルエンサーへのお仕事の依頼方法

前提として、キッズインフルエンサーには事務所に所属する者とそうでない者が存在します。(このことの詳細は別記事でまとめています。是非、ご参照ください↓↓)

そのため、彼らにお仕事を依頼するには、それぞれに合ったアプローチ方法を考えることが必要です。

①事務所に依頼する

まず最初にご紹介するのは、事務所に依頼する方法です。

キッズインフルエンサーの事務所のホームページ内には、基本的に「問い合わせ」欄があります。(画像のい四角

事務所をペットインフルエンサーへ仕事を依頼する手段として活用する場合、ここから直接連絡を取るのが最良な手段であるといえます。(画像をクリックしてサイトに移動します)

大手インフルエンサー事務所アナライズログの例では、メールアドレスや会社名のほか、細かな予算や詳しい依頼内容を入力することができ、依頼の段階からキャンペーンの詳細について相談することが可能となっています。

②インフルエンサーに直接問い合わせる

キッズインフルエンサーがフリーで活動している場合、事務所は介さず直接問い合わせることでお仕事の依頼ができます

各SNSによってDM(ダイレクトメッセージ)機能ある場合とそうでない場合があるため、それぞれに合った方法でアプローチしましょう。

【Instagram・Twitter・TikTokの場合】
Instagram、Twitter、TikTokにはDM機能が備わっているため、そこから連絡を取るのが最適でしょう。リプライ欄やコメント欄からもメッセージを送ることは可能ですが、他のリプライに埋もれてしまってインフルエンサーの目につかないことが考えられます。

DMを送信する際、企業名や業務内容、何のプロモーションでどんなことをして欲しいか、などを具体的に提示することが重要です。怪しいメッセージだと思われないよう、できるだけ細かく説明しましょう。

【YouTubeの場合】
YouTubeにはDM機能がありません。そのため、インフルエンサーが持つYouTubeチャンネルのプロフィール欄の概要に連絡先が書いてあるかを確認しましょう

「詳細」の「ビジネス関係の問い合わせ」からメールアドレスの表示を行うことで、ここから仕事の依頼の直接的な連絡が可能です。

例外として、インフルエンサーが事務所に所属していても、直接問い合わせるという手段もあります

これはそのインフルエンサーが事務所のホームページとは別に、個人のホームページを開設している場合に使える依頼方法です。

例えば、息子がキッズインフルエンサーとして活動しているなーちゃんママYouTuberは、インフルエンサー事務所アナライズログに所属した上で自身のHPで仕事の依頼を募集しています。

③インフルエンサーマーケティングツールを使用する

フリーのキッズインフルエンサーに対しては、インフルエンサーマーケティングツールを使用することも依頼方法の手段の1つです。

ツールによって機能は異なりますが、インフルエンサーの募集、業務委託、仕事のやり取り、仕事がどれほど良く行われたかの評価など、キャンペーンに必要なほとんどの手順はツール内で完結させることができます

また、ツールを活用すれば多くのインフルエンサーの中からフィルター機能やジャンルごとの検索機能を使用して探すことができるため、時間や労力の節約になります。

無論、ツールの活用には費用がかかるため、「予算はそこそこあるけどスムーズにキャンペーンを進めたい」といった方におすすめの方法です。

キッズインフルエンサーへのお仕事の依頼方法のまとめ

今回の記事では、キッズインフルエンサーを活用したマーケティングを行うために必要になる、「仕事を依頼する」ことに焦点を当て、その方法について解説しました。

事務所に所属しているのか、フリーで活動しているのか、どのSNSを使用しているのか、個人のホームページはあるのかなど、各キッズインフルエンサーによって適した依頼方法は異なるため、検討しているインフルエンサーに関する情報を事前に調べていれば、スムーズにお仕事を依頼できるかもしれません

この記事を参考に、キッズインフルエンサーを活用したインフルエンサーマーケティングを実施してみましょう!

※もし、インフルエンサーマーケティングを考えているなら、maroで挑戦してみませんか?※

maroとは?

maroは理想のインフルエンサーとのお仕事を可能にするインフルエンサーマーケティングツールです

一度のご契約で何度もインフルエンサーとお仕事をすることができるmaroには、

✓数多くのインフルエンサーの中から絞り込めるフィルター機能

✓気になるインフルエンサーを直接スカウトできるスカウト機能

インフルエンサーと細やかな連絡が取れるメッセージ機能

クリック数などの広告効果が分かる分析機能 などなど…

インフルエンサーマーケティングを行う上であったら嬉しい機能がたくさん備わっています!

是非、maroを活用してキャンペーンをお得に成功させましょう!!

↓↓詳しい情報は以下のボタンをタップ↓↓

無料で資料ダウンロード!

コメントを残す

ABOUT US

futatanno
futatanno
慶応義塾大学経済学部第3学年在学中。大学2年時よりインフルエンサーマーケティング事業を行う会社で経験を積んだ後、2020年9月より株式会社Seekleに学生インターンとして参加。「maro」を日本一のインフルエンサーマーケティングツールにすべく、主にメディア運用を担当。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。