勉強系インフルエンサーへの仕事の依頼方法

何かに向けて勉強するというのは、誰しもが行ったことのある経験でしょう。

家で黙々と勉強したり、カフェで大人気分に浸りながら勉強したりなど、勉強方法は人それぞれです。

最近では、勉強系インフルエンサーもSNS上で多く見られるようになってきました。

勉強方法が色々あるように、彼らの投稿内容もバラバラであり、オーディエンス(視聴者・フォロワーなど)の勉強を知識で手助けする人やルーティンを紹介することでモチベーションアップのために貢献する人もいます。

今回の記事では、そんな勉強系インフルエンサーをインフルエンサーマーケティングで起用する際の仕事の依頼方法について、見ていきましょう!

勉強系インフルエンサーとは?

勉強系インフルエンサーとは、勉強にまつわる様々なことをSNS上で発信している人々のことを指します。

コンテンツの内容はインフルエンサーによって違いますが、勉強のコツ、勉強に関する体験談、自身の勉強する様子の配信、おすすめの文房具、クイズ対決など、多種多様です。

勉強系インフルエンサーが活動する主なプラットフォームは、YouTube、TikTok、Instagram、Twitterであり、使用するSNSによって見られるコンテンツの内容は異なってきます。

YouTubeは、勉強に関するほぼ全てのジャンルを網羅しています。大中小様々な勉強系YouTuberが動画投稿を行っているほか、普段は勉強系の動画を投稿しないYouTuberでも、時折自身の体験談を話したりなどして、大きな反響を得ることもあります。

TikTokは、YouTubeと同様に動画投稿プラットフォームであるため、YouTubeに似たコンテンツがありますが、全ての動画は1分以内という制限があるため、要点だけをまとめた動画が多いです。YouTube上に投稿した動画のハイライト動画をアップロードするといった手段でTikTokを活用するインフルエンサーもいます。

@miorincafe

東大自宅浪人中にやっていた勉強の息抜きのコツ!YouTubeで話したよ☕️ #みおりんカフェ #勉強垢さんに使ってほしい

♬ What is Love? – TWICE

InstagramとTwitter上では、画像やキャプションを活用した勉強のコツの発信や勉強用アカウントが多く存在します。特に、勉強用アカウントは両SNS上にたくさんあり、Instagram上での「#勉強垢」の投稿件数は193万件を超えています。

勉強は誰しもが通る道であり、それに伴って勉強に関するコンテンツには多くの需要があります。若者へ訴求する手段として、勉強系インフルエンサーを活用したインフルエンサーマーケティングは非常に有用であるといえます。

勉強系インフルエンサーへの依頼方法

①事務所を通じて依頼する

インフルエンサーマーケティングを実施するにあたり、勉強系インフルエンサーへ仕事を依頼する方法としてまず挙げられるのは、事務所へ掛け合うことです。

インフルエンサー事務所の主な役割としては、案件獲得のための営業活動や受諾した仕事の管理などであり、企業の案件が入った際はインフルエンサーの選定や商品の発送、事務所によっては効果分析など、キャンペーンがスムーズに進むように手助けしてくれます。

また、事務所側に勉強系インフルエンサーの企業案件を行った経験があるのなら、PR商品と親和性の高い勉強系インフルエンサーの情報や成功事例など、様々な情報が得られるというメリットもあります。

無論、事務所へは仲介手数料がかかるため、キャンペーンの予算を十分に準備できている場合に限り、事務所を活用するのをおすすめします。

②直接問い合わせる

①の方法の他に、直接問い合わせることで仕事を依頼する手段があります。

勉強系インフルエンサーの場合、フリーで活動する人が多いため、事務所などを介さずに、直接的に仕事依頼を行うことが必然的に多くなるでしょう。

【YouTubeの場合】
プロフィール欄の概要に連絡先が書いてある場合があります(画像の赤丸)。

概要欄の説明に連絡先がない場合、そのさらに下にある「詳細」の「ビジネス関係の問い合わせ」からメールアドレスの表示を行うこともできます。

【Instagramの場合】
DM機能を活用することも直接問い合わせる手段の1つです。これはInstagramに限らず、Twitter、TikTokにも同じことがいえますが、怪しいメッセージだと思われないよう、企業名や業務内容、何のプロモーションでどんなことをして欲しいかなどを具体的に提示することが重要です。

直接問い合わせる際は事務所の介入がないため、仕事の段取りなどは全て自身で決めなければなりません。この点はデメリットいえるでしょう。

③インフルエンサーマーケティングツールを使用する

インフルエンサーマーケティングツールの使用も勉強系インフルエンサーに仕事を依頼する1つの方法です。

勉強系インフルエンサーの募集、業務委託、仕事のやり取り、仕事がどれほど良く行われたかの評価など、キャンペーンに必要なほとんどの手順はツール内で完結させることができます

②の直接的な連絡をするということは、その前にインフルエンサーを探して見つけるという手順を踏んでいるということになります。しかし、ツールを活用すれば多くのインフルエンサーの中からフィルター機能やジャンルごとの検索機能を使用して探すことができるため、時間や労力の節約になります。

無論、この方法も事務所を介すのと同様に費用がかかります。例としてインフルエンサーマーケティングツール「maro」は、年額48万円のサブスクリプション方式です。

ただし、上記の機能が搭載されているほか、プロモーションの都度に追加の料金を支払う必要がなく、サブスクリプションの期間内は何度もプロモーションを行うことができるというmaro固有の特徴があります。

このように、ツールごとにも費用やその仕組みが異なるため、自身のプロモーションに見合ったツールを選択することが大切です。

↓↓maroについての詳しい説明は以下のサイトにあります。↓↓

無料で資料ダウンロード!

勉強系インフルエンサーへの依頼方法のまとめ

今回の記事では、勉強系インフルエンサーをインフルエンサーマーケティングで活用するために仕事を依頼する方法をご説明しました。

事務所へ依頼する方法、直接連絡する方法、そしてツールを活用する方法の3つの依頼方法を取り上げましたが、この内どれを活用するかはマーケティング戦略の内容によっても異なります。

考えている予算や起用するインフルエンサーの規模などを参考に、適切な手段でインフルエンサーにアプローチしましょう。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。