【インテリア】家具や雑貨に詳しいインフルエンサーを起用するメリット

今日、おしゃれな家具や雑貨について詳しいインフルエンサーはSNS上で多く見られるようになってきました。

彼らが投稿するコンテンツは様々な人に影響を与え、沢山の人のお手本となっています。

今回の記事では、そんな彼らをインフルエンサーマーケティングで起用するメリットについて詳しく解説していきます!

インテリアに詳しいインフルエンサーについて

インテリアに特化したインフルエンサーはInstagram・YouTube上で多く活動しています。

彼らが発信するコンテンツの主な内容としては、おしゃれな家具や雑貨の紹介、それらの手入れ・掃除、物の収容方法など、多種多様です。

利用するプラットフォームによっても投稿内容は変わり、写真で投稿されることが多いInstagramでは家具・雑貨の紹介、動画コンテンツのみのYouTubeでは家具・雑貨の置き方などのアドバイスやルームツアーなどの部屋紹介が多く見られます。

【Instagram】

【YouTube】

また、インフルエンサーの特徴も発信するコンテンツと関連性があります。専業主婦、会社員、子持ち、一人暮らし、ミニマリストなど、背景にある環境が共有されるコンテンツに違いをもたらすのです。

この投稿主は3人の子供を持つ女性のインフルエンサーです。子供がいる何気ない日常の中に溶け込むおしゃれなインテリアが多くの人に共感や刺激を与え、関心を集めています。

このように、幅広いタイプのインテリア系のインフルエンサーが存在する中で、彼らをインフルエンサーマーケティングで起用する理由は何なのでしょうか?

インテリア系インフルエンサーを起用するメリット

①魅せる力

普段よりインテリアに関する様々な投稿を行っている彼らは、コンテンツの見映えを良くするノウハウを知っています

Instagram上などで見かけられる投稿は、家具や雑貨の写真を撮る角度、背景、明るさ、フィルターの種類など、細部にまでこだわったものが多いです。

実際にPRを委託すれば、質の高い、魅力的なコンテンツを作成してくれることは間違いないでしょう。

②明確なターゲット層

インフルエンサーマーケティングを行う上では、どの年齢層をターゲットにしてマーケティングを行うのかを分析し、明確にしてから起用するインフルエンサーを決定するのが定石です。

しかし、ターゲット層がある程度明確であるインテリア系のインフルエンサーは、ターゲット層の分析のために労力を割かなくて済みます

というのも、先述した通り、インテリアに特化したインフルエンサーは各々が持つバックグラウンドに準じた投稿内容になることが多いですが、これはそのフォロワーにも同じことがいえるのです。

子持ちのインフルエンサーには子持ちのフォロワーが集まり、フォロワーは似たような境遇にいるインフルエンサーの投稿を参考にして理想のインテリアを想像したり、自分も買ってみようと思ったりします。

つまり、ターゲット層が明確であるからこそ、高い訴求効果を期待することができるのです。

③タイアップの幅広さ

インテリア系のインフルエンサーであるからといって、必ずしもインテリア業界とのタイアップをするというわけではありません。

この投稿のように、普段はインテリアについてのコンテンツを発信しているインフルエンサーでも、美容液のPRを行ったりもします。

彼らにPRをお願いした結果、ただ商品の写真を撮るだけでなく、上の画像のように映えるように工夫が施されていることが分かります。

このようにどんな商品でもおしゃれに、魅力的に写し出すことのできる彼らをPRに起用することで、幅広い企業タイアップを行うことができます

インテリアのインフルエンサーを起用するメリットのまとめ

今回の記事では、インテリアに特化したインフルエンサーをインフルエンサーマーケティングで活用するメリットを3つご紹介しました。

ターゲット層が明確な上に、幅広い分野のキャンペーンを行うことができる彼らを活用することで、大きな訴求効果を得ることができるかもしれませんね。

Maroとは?

Maroは理想のインフルエンサーとのマッチングを実現するインフルエンサーマーケティングプラットフォームです。

Maroでは、以下のような機能・サービスをご提供しております。

・専任の担当による施策実行のサポート
・理想のインフルエンサー効率よく見つけ出す検索機能
・気になるインフルエンサーに声をかけるスカウト機能
・インフルエンサーと連絡が取れるメッセージ機能
・クリック数などの広告効果が把握できる分析機能  等

より詳細は以下のボタンから資料をダウンロードしていただき、ご確認いただければと思います。また、ご不明点等ございましたらお気軽に「info@maro.mu」までお問い合わせください。

コメントを残す