YouTubeでの効果的なスキンケア広告とは?メリットと注意点も解説。

そもそものYouTube広告の仕組みとは?

YouTubeの利用者数は国内だけでも6500万人以上。海外まで含めると、そのユーザーは20億人以上と言われています。

また、利用率は全世代平均で75パーセント以上10代に限ると90パーセントを突破。

さらに、ユーザーの興味や関心に絞って広告を配信でき、ユーザーに効果的にリーチできる広告媒体としても注目される存在です。

そんなYouTube広告には、いくつかの種類があります。

動画広告

動画広告はYouTube広告の中でも代表的な存在ですが、さらに細かく分けると、5秒間再生した後にスキップできる広告スキップできない6秒の広告スキップできない15秒の広告に分類できます。

スキップできない6秒の広告は「バンパー広告」と呼ばれ、スキップ可能な広告とセットで配信が行われることもあります。

「バンパー広告」は最後まで見なければならないので、視聴者に対してインパクトを与えつつ、ブランドへの認知を高めることができます。

画像広告

YouTubeの広告といえば動画と考えがちですが、広告の中には画像を使用した広告もあります。たとえば、「おすすめ動画」のトップに表示されるものや、画像の再生中に画面下部に表示されるもの、動画に関連する商品などを画面右側に表示するものなどがYouTubeの画像広告です。

YouTubeでスキンケア広告を行う場合の注意点

あらゆる分野で注目されているYouTube広告ですが、実際に利用する場合には注意したい点もあります。

効果的な広告の種類を選ぶ

以上のように、YouTube広告には幾つかの種類と特徴があります。たとえば、スキップできない広告の場合は、最後まで視聴者が閲覧するため、より多くの情報を伝えることが可能です。一方、スキップできる広告の場合は、インパクトによって認知度を高める目的で使用されます。

また、パソコンやモバイル、ゲームなど、視聴者がどのような手段やデバイスで視聴しているかによっても、広告の効果が異なります。

ただ漫然と広告を行うのではなく、どのような広告が効果的か、ターゲット層に何をアピールしたいのかなど、目的を明確にする必要があります。

ブランドイメージを下げる可能性も

YouTubeを視聴していると、広告が邪魔だと感じることも少なくありません。特にスキップできない広告の場合、視聴者に多くの情報を伝える反面、「せっかく動画を楽しんでいたのに中断された」という印象を与えてしまい、マッチングによってはブランドイメージを低下させてしまうことも少なくありません。

さらに一度悪いイメージを与えてしまうと、どれだけ優れた商品であっても、そこから挽回するのは非常に難しいものです。また、狙ったターゲット層にピンポイントで広告を配信するのも難しく、間違った層に対しての広告はブランドイメージを毀損する可能性さえあります。

ある程度の予算確保が必要

YouTube広告というと、「低予算」「費用対効果が高い」と言われています。これは間違いではありませんが、実際にはある程度の予算は必要です。もちろん、低予算で広告を配信することも可能ですが、その場合には広告の効果を実感することは難しいかもしれません。

予算を掛ければよいというものではありませんが、広告を配信する場合には、ある程度の予算を確保しておくことをおすすめします。

第三の手法として注目されるインフルエンサーを起用した広告とは

マスクの着用やオンライン会議の一般化など、社会情勢の変化によって注目が高まっているのがスキンケアの分野です。

スキンケアのプロモーションにおいても、YouTubeが活用されることは少なくありませんが、中でもおすすめしたいのがこれまでご紹介した動画や画像による広告ではなく、インフルエンサーを起用したマーケティングです。インフルエンサーを起用したYouTubeでのマーケティングとは、「多数のチャンネル登録者を持つYouTuberに、動画の中で商品を紹介していただく」という手法です。

たとえば「メイク動画」や「スキンケア動画」として、動画の中でプロモーションしたい商品を利用していただくといった方法が、このインフルエンサーを起用したマーケティングに当たります。

インフルエンサーを起用したYouTubeのスキンケア広告のメリット

スキンケアのプロモーションとして注目されるインフルエンサーを起用したマーケティングですが、この手法には様々なメリットがあります。

「広告」を敬遠する層にも有効

インフルエンサーを起用したYouTube広告の最大のメリットは、「広告」だと感じさせず視聴してくれるということです。

先ほどご紹介したように、YouTubeでの広告といえば、動画の最初や途中に現れる広告や、画像による広告が一般的。これらの広告が有効なこともありますが、ターゲット層に届かないことや、動画視聴の邪魔をしていると感じさせ、結果としてブランドイメージが低下してしまうことも考えられます。

その点、インフルエンサーを起用したYouTube広告の場合、ユーザーは「広告」ではなく「動画のひとつ」だと認識して視聴する為、ブランドイメージの低下につながりにくくなります。

最後まで視聴していただける

YouTube広告の難点は、ユーザーが最後まで広告を視聴してくれる可能性が少ないということ。

よほどユニークな工夫が行われていたり、豪華な芸能人などを起用したといった特殊な場合を別にすれば、ほとんどのユーザーは広告の途中でスキップしてしまいます。しかし、スキップできない広告にしてしまうと、ユーザーの反感を買ってしまう可能性が生まれます。

しかし、インフルエンサーを起用したYouTube広告の場合、ユーザーはひとつの動画と見なしてくれるため、動画の最後まで視聴する可能性が高くなります。すでに多くのファンを獲得しているYouTuberは、視聴者にとっては憧れの存在です。そのかたの発言には説得力があり、動画内で使用する商品への安心感につながります。

商品のよさが伝わりやすい

商品のよさを分かりやすく伝えることができるというのも、インフルエンサーを起用したマーケティングのメリットです。コスメやスキンケアといった分野では、Instagramによるプロモーションが人気ですが、画像だけではどうしても商品のよさが伝わらないことがあります。特にスキンケア用品の場合、いわゆる「映え」の要素を表現しにくいため、プロモーションが難しいという面もあります。

しかし、YouTubeによる動画の場合、実際にYouTuberが商品を使用している場面を参考にできるため、商品のよさはもちろん、正しい手順などを伝えることが可能。その結果、消費者の購買意欲を高めることにもつながります。

スキンケアインフルエンサーを起用する場合の注意点

メリットの多いYouTubeでのインフルエンサーを起用したプロモーション。しかし、スキンケアインフルエンサーを起用する場合、いくつか注意すべき点もあります。

インフルエンサーは正しく選ぶ

インフルエンサーはその分野の専門家ですが、ここで注意しておきたいのはプロモーションの専門家ではないということ。

そのため、インフルエンサーによっては、商品の特性を表現しきれないという場合も考えられます。プロモーションの効果を最大限に高めたいという場合には、商品の特性とマッチしたインフルエンサーを選定することが必要です。

プロモーションであることを明確にする

YouTubeの場合、インフルエンサーとのタイアップ広告では「プロモーションです」といった表記や、「提供」として会社名の挿入などが行われることがあります。

これは通常の動画ではなく、宣伝であることを明確にするため。もしこれらの表記がない場合には、企業がプロモーションであることを明かさずに宣伝を行う「ステルスマーケティング」だとして、批判の対象になってしまうことがあるため、十分に注意しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

YouTube広告スキンケアの分野でも注目されている存在です。視聴者の多いYouTubeは多くのユーザーに情報を伝えて認知度を高めることが可能です。

そのために必要なのがYouTube広告の種類や特徴などを正しく理解すること。また、YouTube広告も使い方を間違えるとブランドのイメージを損なってしまう可能性があるため、十分注意が必要です。

YouTube広告を行いたいという場合、インフルエンサーを起用したマーケティングも効果があります。インフルエンサーを起用したマーケティングを行う際には、我々がご提供しておりますインフルエンサープラットフォーム「Maro」を是非ご検討いただけますと幸いでございます。

Maroとは?

Maroは理想のインフルエンサーとのマッチングを実現するインフルエンサーマーケティングプラットフォームです。

Maroでは、以下のような機能・サービスをご提供しております。

・専任の担当による施策実行のサポート
・理想のインフルエンサー効率よく見つけ出す検索機能
・気になるインフルエンサーに声をかけるスカウト機能
・インフルエンサーと連絡が取れるメッセージ機能
・クリック数などの広告効果が把握できる分析機能  等

より詳細は以下のボタンから資料をダウンロードしていただき、ご確認いただければと思います。また、ご不明点等ございましたらお気軽に「info@maro.mu」までお問い合わせください。

コメントを残す