ヘアケアグッズにおける効果的な広告媒体について解説します。

女性だけでなく男性にも関心の高いヘアケアの分野。日々、次々に多くの新商品が発売されるため、認知度を高めることができるかどうかが売り上げアップの鍵となります。

そのための施策として行われることが多いのが広告。インターネットが普及したことにより媒体の数も増加した現代では、ヘアケア広告を出稿する場合、どのような媒体、どのような手法で広告出稿を行うのか迷うことも多いものです。

この記事では効果的なヘアケア広告媒体、広告手法、注意点などについて解説します。

ヘアケア広告を出す際に効果的な媒体とは?

ヘアケア商材の広告を出す際に効果的な媒体とはどんなものがあるのでしょうか?

以下で一つずつ紹介していきます。

テレビ・雑誌

ヘアケアグッズの広告媒体の王道といえば、テレビや雑誌などのマス広告です。

マス広告は幅広い多くの層に届けられることはもちろん、「テレビや雑誌など信頼できるメディアに出稿できるブランドである」という安心感を消費者に与えることができます。

もちろん、非常に高い効果がありますが、費用が高いことが難点。さらには広告の製作費も高額になりがちなのがデメリットです。

ヘアケア専門誌

広告は一般の消費者だけでなく、ヘアケア用品を多く使用する専門家に対して訴求する目的で行われるものもあります。

たとえば、美容師や美容サロンなどが購読する専門誌に広告を出稿すれば、関連する美容師やサロン経営者、ヘアメイクアーティストはもちろん、周辺の専門家にも情報が伝わりやすくなります。

また、マス媒体に比べると広告出稿の費用が安いということも大きなメリットとなるでしょう。

へアケア専門サイト

雑誌の売り上げが減少する出版不況の現在、その代わりに成長しているのがウェブサイト。雑誌が休刊して、その代替としてウェブに移行するといった手法は珍しいことではありません。

同時に、紙媒体の後継ではなく、独自の専門サイトも数多く登場しています。

ヘアケアやヘアサロンの分野でもそれは同様です。

ウェブサイトといえば、一般ユーザーが閲覧するサイトが中心と考えられてきましたが、専門家が重視するサイトも多くなってきました。

これらの専門サイトに対する広告出稿も高い効果が期待できるでしょう。

コスメポータルサイト

ヘアケア用品の広告を出稿するサイトには、専門家でなく一般のユーザーが中心となるコスメポータルサイトも重要な存在です。

コスメポータルサイトの場合、口コミなども掲載されているため、広告を経由してすぐに購買に結びつく可能性も高くなります。

しかしながらヘアケア専門サイトに比べるとページビュー数も桁違いに多くなるので、広告出稿の費用は高くなる傾向があります。

ヘアケアの広告でアピールするべきポイントとは

ヘアケア分野の広告は出稿する媒体と同時に、「なにを」「どのように」アピールするのかという内容も重要です。

ヘアケア用品の広告ではどのような点をアピールすることに注意すべきなのでしょうか?

一つずつ解説していきます。

価格と品質のバランス

現在の消費者の考え方は以前とは大きく異なっています。

現代の消費者の多くが重視するのはコストパフォーマンス
言い換えれば価格と品質のバランスです。

コストパフォーマンスというと、「いかに安いか」と考えてしまう方もいらっしゃいますが、本当のコストパフォーマンスはよい品質と手ごろな価格が釣り合っているかどうかということ。

その点を勘違いすると「安い」「質がよい」のどちらかに偏った広告になってしまいます。

ダイバーシティとSDGs

「ダイバーシティ」「SDGs」は近年注目を集めている概念。

広告に関してはこのふたつの点にも注意することが必要です。

といっても、これらのふたつの点を重視する企業の製品だからといって、急に商品の売れ行きが伸びるわけではありません。

しかし、まったく意識していないブランドや、意識が感じられないブランドの場合、炎上などのリスクを含んでしまいます。

特にヘアケアという、「髪」を扱う商品の場合、「ダイバーシティ」にはきちんと配慮する必要があります。

薬事法に注意

ヘアケア用品の広告を行うとき、避けて通れないのが「薬事法」です。

ヘアケア製品には、シャンプーなどの髪の毛を洗うときに使用するもの、スタイリング剤やヘアカラー剤など髪の毛の形や色を整えるもの、男性であれば育毛剤など、多様な種類があります。

さらに薬事法による分類では、化粧品と薬用化粧品を含む医薬部外品があります。

これらの分類によって、広告表現として許されているもの、許されていないものが定められていて、たとえば「傷んだ髪を修復」という表現は使用することができません。

これは「修復」が「治療的回復を表現した言葉」だと考えられるからです。

このように薬事法は細かい点にまで規定しているため、広告表現を行うときは十分に注意しましょう

美容商材の広告を効果的に行うためのポイントと注意点を解説します。

ヘアケア分野でのSNS広告の高い効果

最近、ヘアケアはもちろんコスメや化粧品分野での存在感を増しているのがSNS広告です。SNS広告には、従来の広告にはなかった様々な長所があります。

従来の広告に比べてコストが低い

ヘアケアの広告を出稿する媒体には、テレビや女性誌、街頭広告、店頭での広告、ネット広告などなど様々な媒体や手法がありますが、どれにも共通するのが広告出稿のための費用が高いということです。

テレビCMの場合、多くの層に届けることができるため商品やブランドの認知度はアップしますが、短いCM枠ですら、数百万から数千万単位の費用が必要です。

それは女性誌も同じで、認知度が低いブランドや商品、立ち上げたばかりの中小・個人の場合には、認知度を高めるためには、ある程度の期間、継続して広告を出稿することが必要ですが、そうしますと広告のための費用は非常に高価になってしまいます。

それらと比べるとSNS広告の場合、その費用を抑えることが可能です。

また、アイデア次第で様々な使い方ができ、情報を拡散することにつながるので、マス広告を利用する予算が少ないというブランドでも利用しやすいというメリットがあります。

消費者に嫌われるリスクが少ない

現代は、消費者の購買行動が大きく変化しつつあると言われる時代です。

たとえば、購入に当たってリアル店舗ではなくECサイトの利用が増加、コストパフォーマンスの重視などがそれに当たります。

また、もう一つ考えなければならないのが広告に対する意識の変化です。

これまで広告手法の中心は製品名やブランド名を印象付けることや、イメージを向上することを目的としたものでした。しかし、その手法を現在用いた場合、「広告臭が強い」として、消費者に嫌われる可能性も増加します。

結果として「広告を打てば打つほど消費者の好感が下がる」という結果につながってしまうことにもなりかねません。

しかしSNSを利用したプロモーションは、従来の広告とは異なる方法で行われることが多く、消費者に「広告である」と感じさせにくいため、「広告で嫌われる」というデメリットを軽減する効果も期待できます。

様々な手法を用いることができる

SNS広告というと「PR」「プロモーション」などと表示されたり、「おすすめ」の一番上に表示されるといった手法ばかりではありません。

たとえばインフルエンサーを起用したマーケティング。多くのフォロワーを抱えるインフルエンサーが商品を紹介するだけで、多くのユーザーの興味を喚起、売り上げにつなげるといった手法も注目を集めています。

SNS広告では、これらの多種多彩な手法を用いることで、商品やブランドの認知度を高めるだけでなく、商品・ブランドのファンやコミュニティを構築、今後の展開にも大きなメリットを与えてくれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ヘアケア用品の認知度を高めるためには広告は必要不可欠ですが、「どのような媒体に」「どのような内容の広告を掲載するか」が重要です。また、その際には、消費者の考え方や社会の変化を理解し、実践することも必要です。

さらに現在はSNS広告も無視できない存在になっています。

SNS広告は消費者に届きやすく、かつ低コストで行えることから、今後はますます発展が予想されています。特にアイデアを活用すれば高い広告効果に繋がる可能性もあります。

たとえばインフルエンサーによるマーケティングは、若年層はもちろん様々な世代に広がっているため、ブランディングやその後の展開など、様々な活用方法が期待できます。

もしインフルエンサーを起用したマーケティングを行いたい場合、人材の選定や効果的な運用をサポートするツールもあるので、実施の場合は一度参考にしてみるのもよいでしょう。

Maroとは?

Maroは理想のインフルエンサーとのマッチングを実現するインフルエンサーマーケティングプラットフォームです。

Maroでは、以下のような機能・サービスをご提供しております。

・専任の担当による施策実行のサポート
・理想のインフルエンサー効率よく見つけ出す検索機能
・気になるインフルエンサーに声をかけるスカウト機能
・インフルエンサーと連絡が取れるメッセージ機能
・クリック数などの広告効果が把握できる分析機能  等

より詳細は以下のボタンから資料をダウンロードしていただき、ご確認いただければと思います。また、ご不明点等ございましたらお気軽に「info@maro.mu」までお問い合わせください。

コメントを残す