【文学系】読書好きなインフルエンサーをマーケティングで活用するメリットは?

数は少ないものの、インフルエンサー業界において確かな存在感を示している文学系YouTuber。

その活動内容は「本」というジャンルから飛び出し、様々な文学にまつわるコンテンツを配信し、多くの視聴者を魅了しています。

本記事では、読書好きな文学系YouTuberを読書系YouTuberと名付け、彼らの実態について詳しく解説していきます!

読書系インフルエンサーについて

読書が好きな文学系インフルエンサーは、文学にまつわるコンテンツを発信するインフルエンサーであり、YouTube、TikTok、Twitter、Instagramといった様々なプラットフォームで活躍しています。

彼らのコンテンツの主な内容は、本の紹介・レビュー、ブックスタンドなどの本の関連商品の紹介、読書ルーティン、読書する様子の生配信、電子書籍の紹介などなど、多岐に渡ります。

この中でも特に多いのは、本の紹介・レビューであり、TwitterとInstagram上では従来のようなキャプション(文字)を使った説明であり、YouTubeやTikTokでは動画でインフルエンサーが話して説明しています。

こうした動画プラットフォーム上ではインフルエンサーが声に出してくれるので、文字を読む手間が減ることから、たくさんの人気コンテンツが生まれています。

【YouTube】

【TikTok】

このような本の紹介・レビューを行うインフルエンサーにもそれぞれが得意とする分野があり、自己啓発やSF小説といった、本のジャンルごとにインフルエンサーが存在している場合があります。

また、イケメンボイス、毎日更新、アニメーションの駆使なども各文学系インフルエンサーが持つ特徴であり、数多くある本の紹介・レビュー動画から自身のコンテンツを差別化することが図られています。

海外のインフルエンサーには、本を読むのではなく、様々な用途で使用している者もいます。

James Trevinoはドミノ倒しで利用したり、本を積み立ててイルミネーションをつけることでクリスマスツリーに見立てたりなど、奇抜な方法で多くの人からの関心を集めています。

以上のように、読書系インフルエンサーにも多種多様なコンテンツを配信する人がおり、インフルエンサーマーケティングにおいても幅広いプロモーションを行うことができるといえます。

今回の記事では、読書好きなインフルエンサーを活用するメリットについて、詳しく解説していきます!

読書好きなインフルエンサーをマーケティングで活用するメリット

プロモーションの幅広さ

先に述べた通り、読書系インフルエンサーを活用することで幅広いプロモーションを行うことができることは大きなメリットといえます。

本の紹介に留まらず、本の関連商品、おしゃれな文芸グッズ、読書の時用の目が疲れない眼鏡など、様々なジャンルに派生させることのできる「文学」という分野は、融通の利くマーケティングのジャンルです。

例として、文学YouTuberベルは幅広い企業タイアップを行っており、以下の動画のように「新潮社オンラインショップ」とコラボした文芸グッズ20種の紹介動画をアップロードしています。

この例からも分かるように、読書系インフルエンサーの汎用性が高さはインフルエンサーマーケティングにおいて強みとなります。

高い訴求力

本に関する知識が豊富なインフルエンサーの起用は、高い訴求効果を生みます

ターゲットとなるオーディエンス(視聴者・フォロワー)によっては、インフルエンサーの読書にまつわる知識を参考にしたいという理由から、彼らのコンテンツを見ています。

本の内容だけでなく、読書ルーティン動画といったコンテンツはオーディエンスにとって一種の刺激となり、自分もこうしてみたい!といった考えが生じるということはよくあることです。

この参考にしたいという意欲に乗じ、インフルエンサーが文芸品などの文学に関連したグッズなどのプロモーションを行えば、高い訴求効果を得られるでしょう。

認知度のUP

読書好きなインフルエンサーを活用することで、PRした商品・サービスは多くの人から認知されるようになります。

どれくらいの人からの知名度を獲得できるかは、多くの場合起用したインフルエンサーの規模によって異なりますが、キャンペーンのコンテンツの質を良くしたり、小さい規模のインフルエンサーを一度に複数人起用したりなどの工夫を施すことで、結果は大きく変わってきます。

また、読書系インフルエンサーを活用したPRは、商品・サービスだけでなく、企業に対する理解度をアップさせることも期待されます。

先の例の新潮社に関しても、一般的なイメージとしては「出版社である」と考えている人が多いでしょう。その上でオンラインショップで文芸商品を発売しているということを認識している人はそう多くはないように思われます。

ただ、このように比較的認知度の低い副次的なサービスを読書系インフルエンサーに取り上げてもらうことで、企業全体の理解が深められるかもしれません

読書好きなインフルエンサーをマーケティングで活用するメリットのまとめ

今回の記事では、読書系インフルエンサーをインフルエンサーマーケティングで活用するメリットについて、まとめました。

特に、彼らはマーケティング施策に幅を持たせてくれるという点で、インフルエンサーマーケティングでも注目すべき存在です。日用品や雑貨のような本に直接関係のない分野であっても、彼らを活用してみることには十分の価値があります。

読書系インフルエンサーを活用し、インフルエンサーマーケティングを成功させましょう!

インフルエンサーと仕事するなら、maro!

maroは理想のインフルエンサーとのお仕事を可能にするインフルエンサーマーケティングツールです

一度のご契約で何度もインフルエンサーとお仕事をすることができるmaroには、

✓数多くのインフルエンサーの中から絞り込めるフィルター機能

✓気になるインフルエンサーを直接スカウトできるスカウト機能

インフルエンサーと細やかな連絡が取れるメッセージ機能

クリック数などの広告効果が分かる分析機能などなど…

インフルエンサーマーケティングを行う上であったら嬉しい機能がたくさん備わっています!

是非、maroを活用してキャンペーンをお得に成功させましょう!!

↓↓詳しい情報は以下のボタンをタップ↓↓

無料で資料ダウンロード!

コメントを残す

ABOUT US

futatanno
futatanno
慶応義塾大学経済学部第3学年在学中。大学2年時よりインフルエンサーマーケティング事業を行う会社で経験を積んだ後、2020年9月より株式会社Seekleに学生インターンとして参加。「maro」を日本一のインフルエンサーマーケティングツールにすべく、主にメディア運用を担当。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。