【高いパフォーマンス】データを活用して効果的なSNSマーケティングを行うには

SNSを活用して行うSNSマーケティングは、様々な業界やブランド、企業などで用いられている手法です。

SNSマーケティングは、従来のマーケティング手法に比べて、低コストで、さらに精度の高いマーケティングを行うことができると言われています。

その基本となるのがデータ。今回はSNSマーケティングの種類や効果、重視すべきデータ指標などについて解説します。

SNSマーケティングとは

SNSマーケティングを一言で説明すると、「SNSを活用したマーケティング」ということになります。

スマホの普及などによって多くの人が利用するようになったSNSは、ユーザー側・企業側の双方が情報を発信できるツール。

これまでになく自由なコミュニケーションを行えることから大きな注目を集めています。これまでのマーケティングでは、消費者が企業に関してどのようなイメージや印象を抱いているのかといった情報を収集するのは手間と時間のかかる作業でしたが、SNSを活用することで、多くの消費者から率直な意見を集めることが容易になりました。

さらにマーケティングの大きな柱とされてきた広告・宣伝などの分野でも従来よりも広告費・宣伝費がかかることもなく、はるかに大きなターゲットに商品やブランドに関する情報を届けることが可能に。

ユーザーもSNSでのよい口コミや評価などを購買のきっかけにすることが多くなり、ECサイトなどの発展も伴って、SNSマーケティングは従来のマーケティングという概念自体に変革をもたらしつつあります。

SNSマーケティングの種類について

様々な可能性を秘めているSNSマーケティング。では具体的にはSNSマーケティングにはどのような種類があるのでしょうか。

公式アカウントの運用

SNSマーケティングの中でも、もっとも手軽で、実施されることの多い施策が公式アカウントの運用です。

公式アカウントとは、SNS上に企業が設置したアカウントのこと。企業ごとだけでなく、商品ごとにアカウントが設けられることもあります。

この公式アカウントでは情報発信だけでなく、ユーザーとの接点を増やすという重要な目的があります。

ユーザーとの接点を作り、コミュニケーションを重ねることでファンを獲得、さらにコミュニティを築くことで、信頼関係を高めることができるのも公式アカウント運用の目的のひとつです。

また、公式アカウントでは情報だけでなく、企業からのメッセージやイメージを伝える画像などを発信することでブランディングに役立てることも可能です。

キャンペーンと広告配信

SNSマーケティングの重要な手法に、キャンペーンの展開と広告配信があります。

SNSキャンペーンは、SNS上でユーザーの参加を促しながら、新商品や店舗・イベント情報の告知、さらに集客までを行う手法。

また、新たな顧客の獲得自社ブランドへの認知を高める目的があります。

SNSキャンペーンを行うことは、ユーザーによる写真やテキスト、動画の投稿を促すことにもつながり、ファンのロイヤリティを高めるといった効果も期待できます。

一方のSNS広告配信は、それぞれのプラットフォームが持つ広告配信サービスを利用した手法。

SNSプラットフォームごとの特性を生かした広告を展開することができるため、通常の広告よりもユーザーの関心を高めることができるとも言われています。

また、SNSマーケティングではユーザーの属性を分析することで、従来型の広告に比べて正確なターゲティングが可能。届けたいユーザーに届けたい情報を送ることができるため、高いコストパフォーマンスが期待できます。

それ以外にも、期間や予算、規模といった点でも柔軟に広告配信ができるため、中小や個人といった場合でも利用しやすいという特徴があります。

インフルエンサーマーケティング

SNSマーケティングは様々な新しい手法を生み出しています。

その中でもSNSの特徴を生かした手法がインフルエンサーマーケティングです。インフルエンサーマーケティングは、SNSで影響力を持っているインフルエンサーを起用して行うマーケティング手法。

インフルエンサーにブランドや商品をPRしてもらうことで、インフルエンサーを信頼するフォロワーに対して情報発信を行います。

インフルエンサーは各分野の専門家として認知されているだけでなく、フォロワーにとっては信頼できる存在と考えられているため、高い訴求力が期待できます。

また、単なるPRにとどまらず、新商品の開発協力アンバサダーとしての活動といった形での展開にもつながります。

SNSマーケティングの効果について

効果が高い手法として注目されているSNSマーケティング。それでは、具体的にはどのような効果が期待できるのでしょうか。

広範囲への情報の伝達

SNSマーケティングのもっとも大きな効果は、広い範囲に情報を伝達できるということ。

例えばフェイスブックの場合、国内だけでも約2600万人、Instagramでは3300万人が利用しているといわれています。

さらに海外のユーザーも入れれば、10億人を超える規模に。

マスメディアをフル活用して宣伝を行った場合でも、これほど大規模のユーザーに情報を伝えることは不可能。

さらにマスメディアを使った場合には莫大な広告費が発生しますが、SNSではその費用も低く抑えることができます。

また、フォロワーの少ないアカウントでも、ちょっとしたきっかけで情報が拡散し、大規模な層に伝わるといった現象も決して珍しいことではありません。

このような効果はSNSマーケティングならではのものだということができるでしょう。

ファンの獲得

SNSマーケティングはユーザーとコミュニケーションを行うことができる手法。

その結果として生まれるファンは企業やブランドにとっては非常に重要な存在です。

ファンは一般の消費者とは異なり、企業や商品に対して、共感や愛着を持ってくれる存在。積極的に好意的な口コミを発信してくれることもあり、企業にとってはプラスの効果をもたらします。

また、ファンによって構築されたコミュニティは、さらに宣伝効果を高めてくれることにもつながります。

もちろん、企業にとっては耳が痛いような意見が寄せられることもありますが、それは今後の改善にとって非常に重要。

そもそも、企業の立場からは消費者の率直な意見を知るのはなかなか難しいものですが、SNSマーケティングはこのような貴重な意見を集める上でも役立ちます。

ユーザーの傾向分析

SNSマーケティングでは、ユーザーの傾向分析を行うことも可能です。

ユーザーの興味や関心、年齢、性別、居住地といったデータは企業にとっては非常に重要な要素。

また、ユーザーがブランドや商品、企業の投稿に対してどのように反応しているかを知ることは、潜在的なニーズを知るための重要なヒントとなります。

その他にも、ユーザーの傾向分析を行うことはトレンドの予想や把握、同業他社の分析、リスクマネージメントなど様々な分野で役立ちます。

SNSマーケティングで重要なデータ指標

SNSマーケティングには様々な効果がありますが、それをさらに正確なものにするための基本となるのがデータです。

ではSNSマーケティングでは、どのようなデータ指標を重視すべきなのでしょうか。

エンゲージメント率

エンゲージメント率とは、SNSの投稿に対してどれほどのユーザーがアクションを行ったのかを示す数値です。エンゲージメント率が高ければ高いほど、ユーザーからの反応があったということになります。

SNSを運用する場合では、このエンゲージメント率を高めることが目的のひとつともなります。

フォロワー数

フォロワー数は、アカウントをフォローしているユーザー数のことです。

SNSで公式アカウントを運用する場合、フォロワー数がひとつの目安となります。

フォロワー数が多いということは、多くの人が目にするということですが、同時に注目したいのがフォロワー数の増加のペース。

ペースが早ければ注目度が高くなっているということを意味しますが、遅いから悪いというわけではなく、遅くても着実に伸びているという点で、成長が続いているという判断を下すこともできます。

KPI

KPIは先ほどご紹介したエンゲージメント率やフォロワー数のほか、リーチ数インプレッション数などを包括した指標を指します。

KPIはSNSプラットフォームによって異なりますが、SNSマーケティングを行う場合には、まず最初にこのKPIの指標を設定し、どのように成長させるかという戦略が重要になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

SNSマーケティングは効果の高い手法ですが、なによりも重要なのは正確なデータを元にして運用を行うということ。

といっても初心者ではなかなかデータを上手に扱うことも難しいもの。

その場合には、ツールを使用したり、専門家に外注したりといった方法をおすすめします。

Maroとは?

Maroは理想のインフルエンサーとのマッチングを実現するインフルエンサーマーケティングプラットフォームです。

Maroでは、以下のような機能・サービスをご提供しております。

・専任の担当による施策実行のサポート
・理想のインフルエンサー効率よく見つけ出す検索機能
・気になるインフルエンサーに声をかけるスカウト機能
・インフルエンサーと連絡が取れるメッセージ機能
・クリック数などの広告効果が把握できる分析機能  等

より詳細は以下のボタンから資料をダウンロードしていただき、ご確認いただければと思います。また、ご不明点等ございましたらお気軽に「info@maro.mu」までお問い合わせください。

コメントを残す