【解説】SNSマーケティングの種類と事例について紹介します。

現在、マーケティングの主流になっているのがSNSマーケティングです。実際に取り入れたいと思っていても、種類が多い、具体的な手順が分からないと悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。

今回はSNSマーケティングの種類や、成功事例、具体的な手順などについてご紹介します。

SNSマーケティングとは

SNSマーケティングとは、SNSのプラットフォームを活用したマーケティング手法のことです。

インスタグラム、Twitter、フェイスブックなどのSNSを利用して、ユーザーの分析や効果的な集客、宣伝・広報、広告などを行うのがSNSマーケティングです。

SNSマーケティングの種類

SNSマーケティングは、従来型のマーケティングに比べて低コストで実施できることや、これまで商品やブランドに興味がなかった層にもリーチできる、高いファンを獲得してコミュニティを築くことができるなどといったメリットがあります。

そのため、すぐにでも導入したいと考えている方も多いはず。では、SNSマーケティングにはどのような種類があるのでしょうか。

公式アカウントの設置・運用

SNSマーケティングの中でも、用いられることが多いのが公式アカウントを設置、運用を行うという手法です。

公式アカウントとは、各SNSに企業が設置するアカウントのこと。企業単位やブランド単位だけでなく、商品専用のアカウントが設置されることもあります。

公式アカウントの重要な役割が、自社ブランドや商品に関する情報を発信すること。

また、公式アカウントからユーザーとコミュニケーションを取り、信頼関係を獲得するというのも重要な役割です。

その他にも、メッセージや画像、動画などを発信してブランディングを行ったり、公式ホームページや商品を購入できるサイトへの移動を促す窓口になるなどの使い方もあり、SNSマーケティングの中心的な存在ということができます。

SNS広告の展開

SNSマーケティングの中で、公式アカウントと同じぐらいに重要なのがSNS広告の展開です。

SNSプラットフォームは、それぞれ独自の広告配信サービスがあり、それを利用することでSNSユーザーに向けて広告を発信することができます。

SNS広告の特徴は、従来のテレビや新聞、雑誌などを利用する場合よりもはるかにコストが低いこと。

マスメディアを利用した広告の場合は、非常に多くのユーザーに届けることができますが、コストの高さがネック。さらに連続して出稿し続けなければ効果が生まれません。

しかしSNS広告はマスメディア広告に比べてはるかに低コストで、しかも出稿する期間を自由に選ぶことができます。

さらにSNS広告では、ユーザーの関心や属性に合わせたターゲティングが可能。従来の広告に比べて、効率よく広告や情報などを配信することができます。

インフルエンサーマーケティング

インフルエンサーマーケティングとは、SNSで強い影響力を持ったインフルエンサーを起用して行うマーケティングの方法です。

インフルエンサーに商品やブランドなどに触れた投稿を行ってもらうことで、その情報が多くのフォロワーに拡散、効果的な情報拡散につながります。

さらに、SNSのユーザーは宣伝を避けるという特徴がありますが、インフルエンサーマーケティングは単純な宣伝ではなく、有益な情報発信と受け取られるため、ユーザーの反応も好意的になります。

そこから派生して、インフルエンサーによる商品開発コラボレーションといった手法も有効です。

各SNSの特徴

SNSマーケティングを行うときには、それぞれのSNSの特徴を理解し、それに合った手法を行うことも重要になります。

たとえばインスタグラムは、画像が中心となるSNS。女性ユーザーも多く、比較的若い年齢層が中心となっています。

またインフルエンサーも多く、インフルエンサーマーケティングを行うときには、まずインスタグラムが中心となります。

それに対してTwitterは文字が中心となります。そのため、ユーザーとのコミュニケーションも活発。

さらにリアルタイム性にも優れているため、ユニークな投稿の場合、あっという間に情報が拡散、これまでブランドや商品に興味がなかった層にもアプローチすることが可能です。

そのほか、フェイスブックは実名登録性で属性の把握が可能で年齢層が高め、YouTubeは動画が中心で長尺の広告が可能といった特徴があり、SNSマーケティングではこういったSNSそれぞれの特性を把握、活用することが求められます。

SNSマーケティングの事例

それでは、ここからは実際に成功したSNSマーケティングの事例をご覧いただきましょう。

日本コカ・コーラ

日本コカ・コーラは、商品ごとにSNSで公式アカウントを運用、そこから情報発信を行っています。

特に活発に行われているのがキャンペーン。新商品が登場するタイミングで、情報発信を行うだけでなく、リツイートを行った人には商品が当たるといった形でのキャンペーンを実施、商品の知名度アップに貢献しています。

また、それぞれのSNSの特徴に合わせて異なるキャンペーンを展開することで、相乗的な効果を生み出している点も参考になるでしょう。

ライオン

SNSの公式アカウントで投稿を行う場合、ついつい自社の宣伝に終始してしまい、結果としてユーザーが離れてしまうことがあります。

しかし、ライオンの場合には、ユーザーにとって有益な情報発信を行うことでユーザー離れを防いでいます。

Twitterの公式アカウントでは、洗濯や洗剤選びなどについての悩みに役立つ有益な情報を発信。

さらにアンケート機能などを利用してユーザーの声を集め、商品展開に役立てています。

このように、ユーザーに対して有益な情報を発信するとともに、ユーザー分析にも役立つというのもSNSマーケティングの大きなメリットのひとつです。

SNSマーケティングの導入

企業や商品にとって、非常に大きなメリットがあるSNSマーケティング。では実際にはSNSマーケティングはどのような手順で行えばよいのでしょうか。

まず最初に必要なのが、「誰に届けたいのか」「何を届けたいのか」という基本的な部分を決定すること。
SNSはどのプラットフォームも非常に多くのユーザーにアプローチすることが可能。そのため、ついつい「可能な限り多くの人に届けたい」と考えがちですが、実はこれはNG

できるだけ多くの人に届けたいと考えるのは自然な感情ですが、しかし届けたいターゲットが不明瞭な場合、誰にも届かないという結果になってしまいます。
 
また、届けたい人に関しては出来る限りユーザー像を明確にすることが必要です。
年齢や性別はもちろん、普段の行動や趣味・関心、どのような悩みを持っているのかといった細かな点まで考えておくことが重要になります。

さらに、「何を届けたいのか」という点も同様に重要な要素。

ここまで紹介したようにSNSマーケティングは様々な手法や種類があり、「なんでもできる」といったようにとらえがちですが、「何を届けたいのか」「どういった結果を出したいのか」といった点を漫然と考えていると、散漫な発信になってしまったり、逆に商品やブランドのイメージを毀損してしまったりといった結果につながってしまいます。

また、このように「誰に届けたいのか」「何を届けたいのか」という点がはっきりすれば、どのSNSプラットフォームを選べばよいのか、どんな内容を発信すればよいのかといった点にもおのずと答えが導き出されます。

なお、SNSマーケティングというと、低コストで実施することが可能ですが、継続的に運用することで効果が生まれることもあり、社員一人に負担がかかるといった事態は避けたほうがよいでしょう。

まとめ

ますます重要性を増しているSNSマーケティング。多彩な手法やプラットフォームを活用できるため、今後も新しい方法が生み出されていくと予想されます。

また、国内だけでなく海外へのアプローチを行うこともできるため、ビジネスチャンスの拡大にも最適です。

ただし、SNSマーケティングは素人での運用には限界があるもの。また、実際にやってみたけれど効果が出ないということも少なくありません。

その場合には、専門家の助力を仰いだり、外部に依頼するといった方法を考えてみるとよいかもしれません。

Maroとは?

Maroは理想のインフルエンサーとのマッチングを実現するインフルエンサーマーケティングプラットフォームです。

Maroでは、以下のような機能・サービスをご提供しております。

・専任の担当による施策実行のサポート
・理想のインフルエンサー効率よく見つけ出す検索機能
・気になるインフルエンサーに声をかけるスカウト機能
・インフルエンサーと連絡が取れるメッセージ機能
・クリック数などの広告効果が把握できる分析機能  等

より詳細は以下のボタンから資料をダウンロードしていただき、ご確認いただければと思います。また、ご不明点等ございましたらお気軽に「info@maro.mu」までお問い合わせください。

コメントを残す