SNSを活用した音楽マーケティングを行う時のポイントを解説します。

優れた音楽は人の心を打ち、多くの人に響かせる素晴らしいコンテンツとなります。ですが自分で作曲した音楽で人の心を打ちたいと思っていても、なかなか上手くいかないのが現状です。

しかし、それは一昔前までの話です。今ではSNSマーケティングという戦略的かつ効率的に個人で音楽プロモーションを発信できるようになりました。これまでは業界のプロによる音楽プロモーションでしか世に出る方法がありませんでしたが、個人で音楽プロモーションができる以上、SNSを活用しない手はありません。

ですが、それでも宣伝などの作業を自分で行わなければならないため、すぐに上手くいくとは限らないでしょう。適切な計画を立てて、成功させるにはどうすればいいのかを考える必要があります。

それでは、SNSを活用した音楽マーケティングのポイントについてご説明しましょう。

SNSで音楽マーケティングを行う際に勘違いしてはいけないこと

SNSで音楽マーケティングを行う際に気を付けたいのが、いろいろと勘違いすることが多いことです。音楽マーケティングをするんだから自分のことよりも音楽だけを発信していきたいと思う人もいるでしょう。

しかし、それこそが大きな勘違いに陥っていると言えます。それでは、SNSで音楽マーケティングを行う際に勘違いしてはいけないことについてご説明しましょう。

アーティストの人間性と顔が見えない

アーティストは自分の音楽を見てほしいと思っていても、視聴者は音楽を二の次にしている傾向にあります。視聴者が興味を持つのは、その音楽を作り、歌っているアーティストの人間性と顔です

既に成功しているアーティストで人間性と顔が見えない人は、ほぼいないと言っても過言ではありません。何故なら、その音楽を作り、歌っているのは一人の人間だからです。一人のアーティストがどんな気持ちでこの曲を作り、歌っているのか、普段は何をしている人なのか、音楽への想いはどのようなものなのかなど、アーティストの様々な情報が知りたくなってくるのです。

しかし、SNSで音楽を発信した時にアーティストの人間性と顔が見えない場合、誰かが歌っている単なる音楽でしかありません、それでは1回視聴しただけで興味を失くしてしまう可能性がありますし、ファンになってくれないでしょう。

本気で音楽で売れたいと思っているなら、自分を売り出しつつ音楽を発信していく必要があります。

音質と映像が低品質

音楽を視聴してもらう上で、音質と映像が低品質では話しになりません。低音質では素晴らしい音楽も台無しになりますし、音質の低さが気になって聴き入るどころの話しではありません。

映像が低品質だと出来栄えが良くても実際は質が低くて何をやっているか分からず、見られたものではないと判断されてしまいます。多少の質の差であれば許容してもらえるかもしれませんが、あからさまな低品質では誰にも見てもらえなくなるでしょう。

音楽マーケティングは音質や映像の品質を高くするための闘志も必要だということを忘れないようにしてください。

フォロワーとのコミュニケーションがない

アーティストは応援してくれるファンがいなければ明日がないと言っても過言ではありません。TwitterやLINEなどのSNSを活用して自分自身や曲を宣伝するのは立派な活動ですが、せっかくフォローしてくれたフォロワーとのコミュニケーションが全くないのはファンを蔑ろにしているのと同じです。

アーティストは自分自身の人間性や顔、曲の良さなどを認めてくれたファンの応援があってこそ輝ける存在です。特にフォロワーになってくれたからこそ、アーティストを応援したいという気持ちが込められています。

SNSはそんなアーティストとファンを繋ぎ、間近に感じられる存在となれる場所なので、コミュニケーションを一切行わないのでは、失敗する可能性が高くなるでしょう。たとえばフォロワーに向けてライブを行う日を告知したり、CDの販売を伝えたり、曲を配信したことを発信したりと、フォロワーが喜んでくれる発信をすることが重要です。

発信の内容がズレている

音楽や自分自身のことを発信するのは良いですが、明らかに音楽と関係がないようなことを発信するのはNGです。自分が徐々に人気になっていくにつれて、自分が発信したことなら何でも喜んでくれると勘違いするケースが多くあります。

発信の内容がズレ始めてくると、アーティストや音楽を目当てに視聴する人が離れてしまう可能性が高いため、自分が何を発信するのか方向性を確立させてから発信しましょう

SNSで音楽マーケティングを行う時のポイント

SNSで音楽マーケティングを行うポイントは多くあります。音楽と同時に自分を見せること、高品質を保つためにカメラやマイクなどの機材に投資を惜しまないことなど様々なポイントがあるので、これから音楽マーケティングを始める人は是非とも参考にしてみてはいかがでしょうか。

それでは、SNSで音楽マーケティングを行う時のポイントについてご説明しましょう。

自分を見せる

アーティストとして大切なのは、自分の顔を映した映像を発信することです。アーティストとして活動する上で大事なのは音楽を発信することだと思うかもしれませんが、人間性や顔が分からないままの状態で活動してもファンはなかなかつきません。

世間は音楽よりもアーティストの人間性や顔を通じて共感してくれる傾向にあるので、ファンと信頼関係を結ぶために必要不可欠なことです。特にメディアに露出しておらず、顔や性格が分かりづらいSNSを活用するからこそ、自分自身を発信し続けてファンやフォロワーとの信頼関係を築きましょう。

カメラやマイクなどの機材に投資を惜しまない

音楽などのコンテンツを発信するにあたって、カメラやマイクの性能が低いばかりに低品質のコンテンツを発信するのは止めましょう。

インスタグラムやYouTubeといったプラットフォームに発信する際に、他の動画よりも質が悪いのは言語道断です。同等以上かせめて同じレベルの品質のコンテンツを発信しないと、一瞬視聴されて即離脱されてしまうでしょう。

音楽自体の品質も大事ですが、カメラやマイクによる映像品質を高め、興味を惹くサムネイルの作成に注力することが大切です。音楽が評価されるのはもっと先の話なので、まずは機材への投資しましょう。

綺麗な映像や聞いていて不快にならない、心地良いと感じてくれる話し声を心がけるようにすれば、視聴者が増える可能性があります。

戦略的他人利用拡散

SNSを活用する際に知名度を高めるためには、エゴサーチをして自分が良いと思ったツイートをリツイートするのがおすすめです。

たとえばTwitterを活用する場合、自分たちの名前を出しているツイートを見つけるエゴサーチを行います。その中から好意的な発言をした投稿をリツイートすることが戦略的他人利用拡散となります

リツイートによって他のフォロワーに共有されるので、別のユーザーも同じことを思ってくれていると感じたり、リツイートされた人もアーティストに自分の発言を見てくれたことを嬉しく思ったりと副次効果も大きいでしょう。

発信内容を一貫させる

音楽マーケティングを行うにあたって、発信する内容にズレが発生するようなことがあってはなりません。発信内容にズレがあると何を言いたいのか分からなくなりますし、ファンを混乱させてしまいます。

発信する内容は基本的に堅苦しい内容ではなく、人間味が感じられるような個人的な発言から共感できる内容などがおすすめです。告知のみの発信だと業務的な印象を与えてしまいますし、ファンもただの告知だけかと思われてしまいます。

もちろん告知も大切かもしれませんが、プライベートや練習風景などの内容を発信するとより身近な存在に感じられる上にアーティストの人間性や顔が見られるようになります。

フォロワーとのコミュニケーション

アーティストとして成功するために大事なことは、ファンとの信頼関係を築くことです。言葉にしなければ分からない感謝の気持ちを発信するのはもちろん、ファンの一言に対して感謝したり、積極的にフォロワーとコミュニケーションを取ることで身近な存在に感じてくれます。

決してスパムや定型文のような、それでいて堅苦しいビジネスのような文章にならないように注意しましょう。

まとめ

SNSを活用した音楽マーケティングを行う際には様々なポイントを押さえる必要性があります。個人で音楽プロモーションを発信できるようになったとはいえ、誰でもすぐに成功するわけではありません。

成功に近づくためには音楽よりもフォロワーとのコミュニケーションを行って信頼感液を築くことが大切です。音楽も大切ですが、ファンに支えてもらっているからこそ続けられるということを忘れないようにしましょう。

Maroとは?

Maroは理想のインフルエンサーとのマッチングを実現するインフルエンサーマーケティングプラットフォームです。

Maroでは、以下のような機能・サービスをご提供しております。

・専任の担当による施策実行のサポート
・理想のインフルエンサー効率よく見つけ出す検索機能
・気になるインフルエンサーに声をかけるスカウト機能
・インフルエンサーと連絡が取れるメッセージ機能
・クリック数などの広告効果が把握できる分析機能  等

より詳細は以下のボタンから資料をダウンロードしていただき、ご確認いただければと思います。また、ご不明点等ございましたらお気軽に「info@maro.mu」までお問い合わせください。

コメントを残す