【解説】SNSマーケティングを始めるなら、なぜYouTubeがおすすめなのか?

SNSマーケティングの種類の一つに、世界に圧倒的な利用者数を誇るYouTubeを活用してSNSマーケティングを行う方法があります。YouTubeは子どもから大人まで非常に幅広い年齢層が利用している動画共有サイトであり、その活用方法は様々です。

SNSマーケティングとしてYouTubeを活用する際のポイントは、やはり視覚的に自社製品やサービスなどの魅力を伝えられることでしょう。文面だけではイメージしにくいことも、動画で自社製品やサービスの魅力を伝えることができれば、興味を持ったユーザーの購買意欲を高めることに繋がる可能性があります。

しかも世界中のユーザーに視聴される可能性がある以上、字幕などで言語対応を行うことによって各国のユーザーにアプローチができる点も見逃せません。そんなYouTubeでSNSマーケティングを行うことのメリットは多くあります。

それでは、SNSマーケティングを始める際にYouTubeがおすすめできる理由について解説しましょう。

SNSマーケティングでYouTubeを活用するメリット

SNSマーケティングでYouTubeを活用するメリットは多くあります。ユーザーが動画を視聴してくれなければなりませんが、思わず視聴したくなるサムネイルを作成したり、興味を惹く動画タイトルをつけたりなど、工夫次第でたくさんの再生数を稼ぐことができます。

それでは、SNSマーケティングでYouTubeを活用するメリットについてご説明しましょう。

幅広い年齢層にアプローチできる

今やYouTubeは世界で最も親しまれている動画共有サービスとなっており、2020年4月時点で全世界利用者数が20億人を超えています。これはインターネット総人口の3分の1と言われており、性別や年齢を問わず非常に幅広いユーザーが利用しているのがポイントです。

つまり、ひとたび動画を投稿すれば全世界のユーザーに視聴される可能性があるため、高い宣伝効果が見込めるでしょう。自社製品を幅広い年齢層にアプローチしていきたいなら、YouTubeを活用するのがおすすめです。

再生回数が多いということはそれだけ多くのユーザーが視聴していることになるので、再生回数で人気かどうか判断しているユーザーにもアプローチができるでしょう。

広告収入が得られる

SNSマーケティングの副産物として、YouTubeで一定の条件を満たせば広告収入が得られるのがポイントです。広告収入は再生回数が多くなるごとに高くなるため、より多くのユーザーを惹きつけるように工夫すれば多くの広告収入が得られる可能性もあります。

また、もう一つのメリットとして、YouTubeに広告を掲載できる点です。こちらは本編とは別に広告用の短い動画を作成し、動画の再生前や後、視聴途中に広告を表示することで認知度を高めることができます。

表示する広告は年齢や性別、地域や趣味嗜好、といった登録情報や追跡情報など、広告を表示するターゲットに合わせて掲載できるのが特徴です。広告掲載の費用も比較的安いため、広告コストが削減できるのも良いでしょう。

ただ、むやみやたらに広告を表示させてしまうとユーザーから嫌われてしまうので、過度な掲載は控えるのがおすすめです、

訴求力が高い

YouTubeでSNSマーケティングを行うことの最大のメリットは、何と言ってもユーザーへの訴求力が高い点でしょう。文章でも画像でもなく、動画と音声によって伝えられる情報量が多いのは大きなポイントです。

文字や画像では伝えきれない情報でも、動画や音声によって視覚的、聴覚的に効率良くユーザーの興味を惹くことができます。臨場感や躍動感、使用感をリアルに伝えられるのがYouTubeの強みであり、特にタイアップ動画は広告を嫌う人でも工夫次第で好意的な動画に見せることが可能です。

動画制作の質や企画構成次第では、多くのユーザーに親しまれる動画として人気が出る可能性があります。

半永久的にコンテンツが保存される

YouTubeに投稿した動画は、一度投稿すれば半永久的にコンテンツが保存されるのがメリットです。テレビやラジオなどで自社製品やサービスをアピールする場合、アピールできるのは一定期間だけなのでその後の集客に繋がりにくいのが欠点でした。

しかし、YouTubeの場合は削除しなければ半永久的に残り続けるため、何度でもユーザーに視聴される可能性があります。広告掲載期間も非常に長く、質が高いコンテンツであれば動画に興味を持つユーザーは長期的に増加するでしょう。

自社製品やサービスに関する魅力的な動画を投稿することにより、長く継続していけるコンテンツとなります。

SNSマーケティングでYouTubeを活用するデメリット

SNSマーケティングでYouTubeを活用するメリットは多くありますが、デメリットもあるので注意しなければなりません。そもそも動画が視聴されなければ販促活動に繋がらないので、いかに再生数を伸ばせるかどうかがポイントになります。

それでは、SNSマーケティングでYouTubeを活用するその他のデメリットについてご説明しましょう。

すぐに話題になるとは限らない

SNSマーケティングでYouTubeを活用するにあたって気を付けておきたいのが、すぐに話題になるとは限らないということです。既に知名度があるなら話題性があるので視聴回数を伸ばしやすいですが、そこまで知名度がない企業がYouTubeに動画を投稿してもすぐに話題になるわけではありません。

最初はどんなに工夫していても数回、数十回とあまり再生されない可能性があることを忘れないようにしましょう。多くのユーザーに視聴してもらえるような動画制作を行うことが重要です。

ユーザーの興味を惹く工夫が必要不可欠

SNSマーケティングのYouTubeにおいて、ユーザーの興味を惹く動画を制作する工夫が必要です。何の変哲もないサムネイル、動画内容ではすぐにユーザーに飽きられてしまい、1回も再生されないことになりかねません。

視聴回数を伸ばすためにはユーザーの興味を惹くサムネイルを作成したり動画タイトルを考案したり、アピールしたい自社製品やサービスを分かりやすく魅力的に説明できるかなども重要です。

うるさいと耳障りですし、テンションが低いとマイナスイメージに繋がる恐れもあります。いくら企業内で自信があったとしても、動画の質次第でいくらでも人気が変わるので注意が必要です。

動画を継続して配信するのが大変

すぐに話題性が生まれる可能性は低いので、動画を継続して配信して徐々にチャンネル登録者数を増やす必要性があります。どのターゲットを対象に自社製品やサービスを選ぶのか、ユーザーにとってどんな魅力的なコンテンツを企画できるかなど、多方面で忙しくなるでしょう。

また、効率良く動画を制作するための技術を身に付けなければなりません。動画の内容次第では炎上に繋がる恐れもあるため、視聴者を不快にさせないことも重要です。目標を達成するにはどこまでのレベルを目標にするのか、ある程度の知識や技術が必要になりますし、様々な試行錯誤が必要になるでしょう。

YouTubeを活用した事例

YouTubeを活用して結果を出した事例は多くあります。

それでは、SNSマーケティングでYouTubeを活用した一部の事例についてご紹介しましょう。

エイベックス株式会社

エイベックス株式会社のチャンネル登録者数は500万人を超えている超人気チャンネルであり、定期的に所属している歌手の動画を配信しているのが特徴です。特に人気歌手の動画が配信されることもあるので、主に登録しているのは歌手のファン達でしょう。

KDDI株式会社

KDDI株式会社のチャンネル登録者数は約30万人と人気が高く、テレビで大人気シリーズになっているCMを投稿しているのが特徴です。テレビで放映されなくなったCMもYouTubeで視聴できるため、過去のCMが見たい人に人気が高いです。

株式会社バンダイ

株式会社バンダイのチャンネル登録者数は70万人を超えており、人気のあるクリエイターが動画を発信しているのが特徴です。ニーズに合ったターゲットに向けて動画を投稿することによって登録者を増やしているのがポイントです。

まとめ

SNSマーケティングにおけるYouTubeは確かに多くのメリットがあるものの、気を付けておきたいデメリットもあります。YouTubeでは数多くのユーザーが動画を視聴していますが、その中でいかに興味を惹く動画を生み出せるかという、高い制作技術が求められるでしょう。

動画は一度投稿すれば半永久的に残せるので、人気が出てくれば他の動画も視聴される可能性が高まります。YouTubeでSNSマーケティングを始めるなら、動画制作技術や企画力などが必要になるので注意しましょう。

Maroとは?

Maroは理想のインフルエンサーとのマッチングを実現するインフルエンサーマーケティングプラットフォームです。

Maroでは、以下のような機能・サービスをご提供しております。

・専任の担当による施策実行のサポート
・理想のインフルエンサー効率よく見つけ出す検索機能
・気になるインフルエンサーに声をかけるスカウト機能
・インフルエンサーと連絡が取れるメッセージ機能
・クリック数などの広告効果が把握できる分析機能  等

より詳細は以下のボタンから資料をダウンロードしていただき、ご確認いただければと思います。また、ご不明点等ございましたらお気軽に「info@maro.mu」までお問い合わせください。

コメントを残す