【勝負を決める!】SNSマーケティングで意識すべきターゲット選定方法と注意点

SNSマーケティングといえば、公式アカウントの運営やキャンペーンといった施策を思い浮かべる方も多いことでしょう。

しかし、SNSマーケティングではその前に意識すべきことがあります。それがターゲット選定ターゲット選定を誤った場合せっかくの時間や予算が無駄になってしまうこともあります

今回はSNSマーケティングにおけるターゲティングの重要性や手法、注意すべきポイントなどについて解説させていただきます。

そもそもSNSマーケティングとは?

SNSマーケティングとは、SNSを活用して行うマーケティング活動のこと。SNSマーケティングは、低コストで行えることや、実験的な施策ができること、幅広い層に拡散できることなど、多くのメリットがあります。

また、ユーザーや消費者とコミュニケーションが取れるため、ファンを獲得できる有益なフィードバックを得られるといった長所も。

そのため、現在では多くのブランドがSNSマーケティングに乗り出しています。

SNSマーケティングの具体的な手法には、公式アカウントの運用やキャンペーンなどがあります。また、インフルエンサーを起用したマーケティングなども効果的な手法として人気が高まっています。

さらに、SNSマーケティングは、Instagram、Twitterなど、利用するSNSによっても手法が異なります。

SNSマーケティングとターゲット選定

SNSマーケティングを行うとき、重要になるのがターゲット選定です。ターゲット選定とは、どのようなユーザーを対象にするかということ

ユーザーの年齢性別居住地職業興味の対象などの要素を分析し明確にすることで、より効果の高い広告戦略を行います。

従来のマーケティングでは、このターゲット選定を行う場合、大規模な調査と予算が必要でした。

しかしSNSでマーケティングを行う場合、ターゲットの属性となる情報を知ることが非常に簡単。SNSでは属性情報を登録していることもあり、そのユーザーの傾向を分析することで、ターゲットとなり得るかどうかを判断することができます。

このようにSNSマーケティングはターゲット選定と直結していることから、より効果の高いマーケティングが可能になります。

SNS広告とターゲット選定

SNSマーケティングの重要な手法として、SNS広告があります。SNS広告とは、SNSを広告媒体として活用する手法のこと。

SNS広告は非常に優れたターゲット選定を行うことができるツールです。では、SNS広告はどのようなターゲット選定を行っているのでしょうか。

登録情報から行うターゲット選定

SNSの中でも、Facebookでは名前や年齢、居住地、学歴、職業など、細かい個人情報の登録を行っています

そのような個人的な情報からもターゲット選定が可能。これらの情報を広告に活用することで、よりターゲットに届きやすいマーケティング戦略が行えます。

また、Facebookの場合、FacebookだけでなくInstagramなどの他のプラットフォームにも広告配信を行うことができます。その情報と、既存のクライアント情報を活用すると、さらに詳細なターゲット選定が可能になります。

興味・関心から行うターゲット選定

ほとんどのSNSでは、自分が面白いと思った投稿に対して「いいね」を行う機能が設けられています。

実はこの情報もターゲット選定には非常に有効。閲覧した投稿や、「いいね」を行った投稿のキーワードを分析、ユーザーの興味と関心を惹きつけた内容を知ることで、効果的なターゲット選定が可能となります。

さらに、これらの情報を元にして、ユーザーの行動を先回りして予想、新しい製品に関する情報や、商品広告などを配信することで、購入の見込みがあるユーザーに対してアプローチすることができます

SNS上の行動から行うターゲット選定

SNSを活用したマーケティングでは、特定のユーザーだけでなく、似た行動を行っているユーザーに対してターゲット選定を行うことも可能となります。

個人情報や興味・関心に基づいてターゲット選定を行った場合でも、そのデータを活用し、似た属性や興味・関心を持ったユーザーに働きかけることで、これまで届かなかったユーザーにも情報を届けることができるため、さらに広い層に情報を伝達することができます。

SNS広告を行う場合の注意点

SNSマーケティングにおいて、ターゲット選定で高い効果を発揮するSNS広告。しかし、SNS広告を出せばすぐに効果が上がるというわけではありません。

では、SNS広告を行うときにはどのような点に注意すればよいのでしょうか。

広告出稿だけで終わらせない

SNS広告は様々なターゲット選定を行うことができるツールです。また、専門的な知識がなくても、比較的簡単に出稿を行うことが可能。

しかし、だからといって広告を出すだけで放置していては、せっかくの効果も半減してしまいます。実はSNS広告は出稿してからのケアが重要。

まず重要なのは、SNS広告に対してユーザーがどのように反応したのかということ。SNSではユーザーにとって魅力があればすぐに反響があり、それを確認することができます。

もし反響がないという場合、それは広告の内容に問題がある可能性があります。また、広告には売り上げアップ、認知度の確保、ファンの増大などそれぞれの目標があるもの。そのため、話題になったとしても、目標を達成できなければやはり内容が不十分だったと考えられます。

その場合、マーケティング戦略全体を見直す必要が生じる可能性もあるため、広告出稿後の動向に注意することが必要になります。

SNSプラットフォームの特性を理解する

SNSではプラットフォームによってそれぞれの特性が異なり、その利用者にも属性上の違いがあるもの。

そのため、SNS広告を行うときには、ブランドや商品、期待する効果によって、最適のプラットフォームを選択することが重要です。

例えばTwitterの場合、利用者は比較的若年層が中心。リアルタイム発信が可能で、情報が幅広く拡散する可能性があることから、短期的に情報を広めたいという場合には最適。しかし逆に言えば一度の広告で長期的な効果を望むのは難しい面があります。

また、Twitter広告の「ターゲティング」は下記の記事をご参照ください。

ツイッター広告を有効活用するのに重要な「ターゲティング」

そのため、Twitterで広告を行う場合には、拡散しやすい個性的な内容や話題のものを選び、かつ繰り返し広告を行うことが求められます。

一方、アパレルやコスメといった視覚的要素が重要な広告の場合、Instagramが最適。ユーザーは若年層の女性が中心になっているため、この層をターゲットにしている場合、Instagramの活用が必須となります。

さらに InstagramECショッピングとの連携にも便利なため、すぐに売り上げアップを狙いたいという場合にも効果を発揮してくれます。

もし幅広い年齢層がターゲットの場合は、LINE広告が役立ちます。LINE広告にはインフィードやディスプレイといった広告の種類があり、それぞれ効果が異なります。

ただ、LINEでは伝えられる情報に限りがあるため、クーポンの配布や新商品の告知など、広告の内容にも注意することが必要です。

炎上の可能性を考えておく

SNSをマーケティングに活用する上で、常に考えておきたいのが炎上です。

SNSはユーザーと直接つながりを作ることができることが大きなメリットですが、それが原因で炎上につながってしまうことがあります。

一度炎上が起きると、広範囲に拡散し、ブランドや商品のイメージが傷ついてしまうだけでなく、対応によっては長期間にわたって影響が続くことがあります。

そのため、SNSでは常に炎上に対して注意する必要があります。投稿や広告を行う場合、不用意な表現はないか、一方的な表現になってはいないかといった点などに対して、複数の視点から確認を行いましょう

また、炎上が起きた場合、どのように対処するのかが非常に重要。一度炎上が起きてしまうと、あわててその場しのぎの対応を行ってしまうこともありますが、それが逆効果になってしまうことも。

それを防ぐためにも、炎上が起きることを前提として普段からマニュアルを作り対応を検討するなど、事前の準備をしておきましょう。

まとめ

SNSマーケティングは、幅広いユーザーに情報を伝えられるだけでなく、ターゲット選定にも大きな力を発揮します。

また、SNSプラットフォームには、それぞれ特性があり、広告を出稿する場合のターゲット選定についての手法が異なるため、最適なものを選ぶことが必要。

また、単に広告を出稿するだけでなく、ターゲット層によってはインフルエンサーを起用したマーケティングなども有効な手段となります。その場合、我々がご提供しておりますインフルエンサープラットフォーム「Maro」もご検討いただけますと幸いでございます。

Maroとは?

Maroは理想のインフルエンサーとのマッチングを実現するインフルエンサーマーケティングプラットフォームです。

Maroでは、以下のような機能・サービスをご提供しております。

・専任の担当による施策実行のサポート
・理想のインフルエンサー効率よく見つけ出す検索機能
・気になるインフルエンサーに声をかけるスカウト機能
・インフルエンサーと連絡が取れるメッセージ機能
・クリック数などの広告効果が把握できる分析機能  等

より詳細は以下のボタンから資料をダウンロードしていただき、ご確認いただければと思います。また、ご不明点等ございましたらお気軽に「info@maro.mu」までお問い合わせください。

コメントを残す