【コスメ業界向け】SNSマーケティング成功の秘訣。

友達との連絡や情報収集など、もはや生活に欠かせない存在となったSNS。そんなSNSにはコスメ業界も注目しています。

特に近年、SNSで話題になった商品が急激に大ヒットするといったケースも少なくありません。

今回はSNSで話題となる商品の特徴や、コスメ商品を大ヒットさせる秘訣について解説します。

コスメ商品におけるSNSの重要性

コスメ商品に関するマーケティングには、テレビや雑誌といったメディア、口コミ、ポータルサイトなど、様々な手法があります。

そんな中、ここ数年で徐々に存在感を増しているのがSNS。では、コスメ商品のマーケティングにおいてSNSはどのような役割を果たしているのでしょうか。

情報収集にはSNSが使われている

これまでのコスメ業界での消費者の購買行動は、テレビや雑誌といった大手のメディアで商品を認知し、そこで興味を感じたら、実際にコスメショップやドラッグストアに行き、テスターなどで実際の使用感や肌との相性などを試して購入する、というのが一般的なルートでした。

また、インターネットが普及し、ECサイトを使用する人が増加した近年でも、まず興味を持った商品名をGoogleやYahooなどを通じて検索、ホームページやポータルサイトで情報を収集し、リアルな店舗で購入するというのが多数派の購買行動でした。

しかし、SNSの普及によってこういった消費行動が一変しました。若者の場合、メディアや検索エンジンを利用するのではなく、SNSで商品を認知したら、SNS上で検索、口コミなどを見て購入するかどうかを判断するようになったのです。

つまり、SNSでの評判次第で売り上げが上がりも下がりもするというのがコスメを巡る現状だと考えることができます。

広告もSNSが中心

コスメのプロモーションに用いられる広告媒体は、テレビ、雑誌、街頭の看板など多岐に渡っています。また、ネットでの広告もポータルサイトやメルマガなどが中心。商品の認知度をアップするためには多額の費用を投じても、こういった大きなメディアに出稿する必要がありました。

しかし、現在ではコスメ広告の中心もSNSに移行しつつあります。多くの人の目に触れるだけでなく、一日に何度も閲覧することの多いSNSは広告として非常に有効な手法です

その結果として、SNSの広告からECサイトに移動し、リアル店舗を介さずコスメを購入するという消費行動も増加しています。

マーケティング手法の飽和

コスメ販売にとってSNSが重要な存在になった背景には、マーケティング手法の飽和も大きな理由となっています。

現代の消費者はいかにも広告らしい広告を避けるという特徴があります。というのも現代は情報過多の時代で、どのような場面でも、消費者は多くの情報を処理する必要に迫られています。特にスマホが普及してからその傾向は顕著になりました。加えてコスメ業界では、日々新しい商品が発売され、それぞれが長所や特徴などを主張する業界です。消費者にとってはそれぞれを追いきれず、情報の飽和が起きています。

そこで起きるのが広告離れです。一方的に商品について説明したり、長所を主張したりといった手法に対しては、嫌悪感を感じてしまい、広告によっては顧客離れが起きるという現象も生まれています。

しかし、SNSによるマーケティングは、従来のいかにも広告という印象ではなく、とても自然で消費者に届きやすいという特徴があります。中でも、消費者に受けがよいのが、情報発信力を持ったインフルエンサーを起用したインフルエンサーマーケティング。インフルエンサーは消費者にとっては憧れとともに、信頼できる情報を発信してくれる存在です。インフルエンサーを起用することで、消費者に広く情報を拡散するとともに、「いかにも広告」といった印象を抱かせず、商品に好意的なイメージを与えることができます。

コスメと親和性の高いSNSは?

SNSといっても、実際には様々な種類や用途があり、特徴やユーザー層にも違いがあります。

それでは、コスメに関するマーケティングを行いたいという場合、どのSNSを選べばよいのでしょうか。

Instagram

コスメ分野のプロモーションで最も力を発揮するのがInstagramです。Instagramは画像と動画中心のSNS。そのため、テキストが中心となるSNSに比べると、ユーザーは負担なく視覚情報を得ることができます。

また、Instagramで重視されているのが商品に対する評価。コスメに関して消費者が直接検索を行う時、Instagramが使われることも多く、口コミの発信・受信ともに高い機能を持っています。

その他にも、画像が中心となっているので、消費者が商品の色や風合いを確認し、購入するヒントを得たいときにも利用されています。

YouTube

動画が配信できるYouTubeも、コスメのプロモーションには非常に有用です。ただしInstagramと比べると、商品単体の認知を高めることには不向きです。

というのも、YouTubeでのコスメ情報はメイク動画などが中心で、ユーザーは、コスメグッズそのものの情報よりも、コスメグッズを使用してどのようなメイクができるかといった点に関心を持っています。

とはいえ、動画を通して総合的なコスメ情報を発信ができるのは大きな強み。そこからInstagramなど他のSNSで情報を収集する窓口としても役立ちます。

Twitter

テキストだけのTwitterは、Instagramなどに比べてコスメ分野のプロモーションにあまり向いていないと考えている方も多いかもしれません。

しかし、リツイート機能のあるTwitterは、非常に強い情報拡散力を持っているSNSです。実際に、これまでにも多くのコスメアイテムがTwitterによって話題となり、大ヒットしています。

また、10代から20代の女性の利用率も高いため、特定のターゲット層にリーチしやすいという特徴があります。

SNSで話題になりやすいコスメアイテムの特徴

SNSで話題となり大ヒットするコスメアイテム。SNSで情報が拡散し話題となるコスメアイテムには共通する特徴があります。

ユーザー主導での拡散

SNSで情報が拡散するほとんどのケースが、ブランドやメーカーによるプロモーションではなく、ユーザーによる自主的な情報拡散です。

企業によるプロモーションの場合、PRなどと表示されていると、それだけでユーザーは読み飛ばしてしまうことがあります。逆にユーザー自身が熱心に進めているというケースでは、その熱心さに多くのユーザーが反応し、連鎖的に拡散が広がっていくのです。

手ごろな価格

SNSで話題になるコスメアイテムは、リーズナブルで、誰にでも試しやすい価格設定になっています。

高級品や、少し頑張らなければ手が届かないという商品では、ネットの情報だけでは不安を感じ、実際に試してからでないと購入したくないという心理が働くものです。

しかし、手ごろな価格の商品の場合には、もし肌に合わなくても仕方ない」「失敗しても後悔しないといった気持ちになるため、積極的な購買行動につながります。

もしSNSで話題になり売り上げを伸ばしたいという場合には、価格帯にも配慮することが必要です。

目新しさがある

コスメアイテムは次々と新作が発表される業界。そのため、「新製品」というだけでは消費者の心をつかむことができません。

消費者が反応するのは「これまでにないアイデア」「斬新な目新しさ」。製品の中はもちろん、パッケージや使いかたなどで新しさを感じさせることが、情報の拡散に繋がります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

コスメ業界のマーケティングには欠かせない存在になったSNS。消費者の行動と意識の変化は今後もますます進むものと考えられていることから、SNSを活用したマーケティングの重要性もより高まっています。

SNSを利用する際のポイントは、それぞれのSNSの特徴を知り、消費者にとって望ましい施策を行うこと。多彩な手法が求められる現代ではアイデア次第で高い成果を得ることも不可能ではありません。

たとえばインフルエンサーを使用したマーケティング。インフルエンサーによるマーケティングは様々な世代に対応しているだけでなく、ブランドとの親近感を高める、コミュニティを構築するなどの効果も期待できます。

もしインフルエンサーを起用する際には、正しい人材の選定などに役立つツールもあるため、ぜひ参考にしてはいかがでしょうか。我々がご提供しておりますインフルエンサーマーケティングプラットフォームMaro」もご検討いただけますと幸いでございます。

Maroとは?

Maroは理想のインフルエンサーとのマッチングを実現するインフルエンサーマーケティングプラットフォームです。

Maroでは、以下のような機能・サービスをご提供しております。

・専任の担当による施策実行のサポート
・理想のインフルエンサー効率よく見つけ出す検索機能
・気になるインフルエンサーに声をかけるスカウト機能
・インフルエンサーと連絡が取れるメッセージ機能
・クリック数などの広告効果が把握できる分析機能  等

より詳細は以下のボタンから資料をダウンロードしていただき、ご確認いただければと思います。また、ご不明点等ございましたらお気軽に「info@maro.mu」までお問い合わせください。

コメントを残す