Z世代のインフルエンサーマーケティング

これまでとは一風変わった考えを持つとされるZ世代。みなさんも最近、耳にする機会が多くなったのではないでしょうか?

ただ、なぜ彼らは注目されているのでしょうか?そもそもZ世代とは何なのでしょうか?

今回の記事では、その実体とZ世代のインフルエンサーマーケティングについて詳しくお話しします!

Z世代とは?

Z世代とは、1990年代中盤以降に生まれた世代のことであり、具体的な年齢でいえば2020年現在において、8~23歳の人々を指します。

Z世代はミレニアル世代の直後に生まれた人たちではありますが、彼らと違うのは高度なテクノロジーとソーシャルメディアに囲まれて成長した最初の世代であるということです。Z世代の90%以上がスマートフォンを所有しており、彼らはインターネットに常にアクセスしているだけでなく、他の世代と比較して最も依存している傾向にあります。

また、このインターネットへの依存だけでなく、短いアテンションスパンも彼らの特徴です。アテンションスパンとは、注意の持続時間のことであり、集中力とも言い換えることができます。Z世代のアテンションスパンは約8秒と言われており、これはミレニアル世代よりも25%短く、他の世代に比べてもはるかに短い時間です。これは、広告動画などで注意を引くづらくなることの原因であり、Z世代向けのマーケティングがより困難になることを意味します。

一方で、小さい頃からインターネットを使用して育ったこの世代は、膨大な量の情報をすばやく分類する固有の能力があります。たくさんのコンテンツの中から自分が興味のある、もしくは自分にとって価値のあるものを取捨選択することに長けているのです。

このように、テクノロジーの進歩と共に成長してきたZ世代は「デジタルネイティブ」とも呼ばれており、これまでの世代とは異なる考え方や能力を持っている彼らはインフルエンサーマーケティングにおいても大注目されています。

Z世代が注目されている理由

インフルエンサーマーケティングにおいてZ世代が注目されている理由は、主に3つあります。

消費傾向

まず1つ目は、彼らの消費行動に関する傾向です。

世界最大級のコンピュータ関連企業であるIBMは、13〜21歳のZ世代である15,600人を対象にアンケートを取り、彼らに「どのジャンルで自分のお金を使う(左側)、もしくは親に支払ってもらったりして家族のお金を使う(右側)」といった質問を投げかけました。

この結果から分かる通り、服や靴、本や音楽、アプリ、おもちゃやゲームといった自分が興味があるものや関心を寄せていることについては積極的に自費で支払うと答える人が多いです。

つまり、Z世代の消費は活発的であり、趣味趣向への金銭の消費を厭わない傾向にあるといえます。

購買力

この活発的な消費の傾向から、Z世代の購買力は極めて強大です。

経済雑誌Forbesによると、Z世代の購買力は約440億ドル(約4兆8500億円)とされており、その規模はますます拡大しています。

この消費に対する前向きな姿勢と圧倒的な購買力を持つZ世代は、様々な企業にとっても注目の的であり、彼らをターゲットにしたマーケティングを考えることが必要なのです。

人数の多さ

Z世代が注目されている他の理由としては、その世代の人の数が多いことが挙げられます。 

Business Insiderによると、2026年までにアメリカの消費世代の中でZ世代が最も多くなると予想されており、その数は8200万人にも及ぶといわれている。

これは日本も例外ではなく、まさにZ世代に注力したインフルエンサーマーケティングが重要となってきています。

Z世代へマーケティングを行う際の注意

インフルエンサーマーケティングのキャンペーンを成功させる秘訣は、適切なプラットフォームを使用することです。

下のグラフで3つのメジャーなSNSの使用率を見たとき、Z世代はミレニアル世代と比較して3つすべての使用率を上回っていることが分かります。

当然、今日もスマートフォンなどのインターネットを使用できる電子機器が支配的な世代に進化し続けており、このZ世代のSNS使用率の高さは、インフルエンサーマーケティングや企業のブランディングといった観点から目を離すことができない存在となっています。

TikTokの場合

上の例には含まれていませんが、TikTokはZ世代に向けたプラットフォームとしてかなりの適性があります。先述したようにZ世代のアテンションスパンは約8秒間であり、短い動画が多くつくられているTikTokはZ世代にも大いに人気を博しています。

Z世代へ効果的にリーチするためにも、TikTokを活用したインフルエンサーマーケティングを検討してみてはいかがでしょうか。このことについては他の記事に詳しくまとめてあります。是非、ご参照ください。
参考:TikTokを活用したインフルエンサーマーケティング

Z世代のインフルエンサーの起用例

Z世代が起用された企業のキャンペーンは他の記事でもいくつかご紹介してきましたが、その中でも一風変わった多くのZ世代のインフルエンサーが起用された例を見てみましょう。

YouTubeドラマ「JKコンプライアンス」

YouTubeドラマとしてが昨年公開された「JKコンプライアンス」には、Z世代のYouTuberであるシイナナルミが脚本・監督を務め一躍話題となりました。

日本コロムビア株式会社が発表した内容によると、ドラマは、今のJKってこうだよね?と世間から思われているような社会概念や、普通JKはこうだよね?と決めつけられたようなJKに向けられるコンプライアンスや視線に対して、ぶつかり、悩み、葛藤し、成長していく少女たちの姿が描かれています。

出演者にもたくさんのZ世代のインフルエンサーが起用され、人気TikTokerの景井ひなや西山乃利子、「オオカミちゃんには騙されない」で人気を博した黒田昊夢などが作品に参加し、このドラマを盛り上げました。

公開された本編の動画は全部で4話で、計162万回の再生を記録し、若者を中心に大きな話題を呼びました。

まとめ

今回はZ世代に着眼し、彼らの特徴やその特徴から見えてくるマーケティングの手法についてお話ししました。

Z世代のインフルエンサーは今とこれからのインフルエンサーマーケティング業界で不可欠な存在であり、彼らを起用したマーケティングは若い層にターゲットを絞って訴求を行う上で、大きな効果を得ることができるでしょう。

是非、本記事を参考にしてZ世代を巻き込んだインフルエンサーマーケティングを考えてみてください!

インフルエンサーと仕事をするなら、maro!

実用的で利便性の高いサービスを提供しているmaroは、年額48万円で何人も起用できるため、プロモーションを行う都度、コストを考える必要がないんです!

また、依頼したはずの仕事が滞っていても、メッセージ機能を利用して直接メッセージを送ることができ、良好な関係性の構築が望めます。

さらに、フィルター機能を使えば、maroに数多く登録されているインフルエンサーの中からジャンルごとに検索することができます。あなたが求めている人物像に最も近いインフルエンサーを手軽に探してみましょう!

より詳しい情報は下の画像をクリックしてご参照ください!是非、maroを活用して理想のインフルエンサーと出会いませんか?


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。